English
産業社会学部  /
現代社会学科

 モンデン   コウタロウ   (男)
 門田    幸太郎   教授
 Kotaro   MONDEN

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
■出身大学院・出身大学他
 京都大学大学院  教育学研究科  博士課程
■取得学位
教育学修士  
■所属学会
日本社会心理学会  
日本心理学会  
国際ファジィ学会  
日本行動計量学会  
日本教育心理学会  
■研究テーマ
データ解析法の教授法
社会システムのシミュレーション
対社会意識
■研究概要
社会的態度およびデータ解析法

 社会的態度(特に社会意識、社会的動機)のモデル化、シミュレーションによる社会システムの分析、およびデータ解析法。
■研究キーワード
社会心理学、データ解析、社会システムのシュレーション、社会的動機、社会的態度、価値観、シミュレーション、援助、集団葛藤、統計学、CAI 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
児童期の人間関係(小石寛文編)  第7章(児童をとりまく人間関係の問題―現代の社会病理現象―)担当 培風館  1995/09
「教育心理学の展開」(教師・生徒関係)担当  梅本尭夫  新曜社  1985/04
資料で語る青年心理学第7巻(社会化)担当  昭和堂  1983
一覧表示...

論文
t分布理解のためのExcelによるシミュレーション―t分布の確率分布曲線の導出について―  門田幸太郎  立命館産業社会論集  51/ 1, 215-238  2015/06
χ2分布理解のためのExcelによるシミュレーション―χ2値の定義と分布図との関連性について―  門田幸太郎  立命館産業社会論集  49/ 4, 1-14  2014/03
Excelによるシミュレーションを用いた正規分布表の詳細化とVsual Basicによる累積確率の検索方法  門田 幸太郎  立命館産業社会論集  48/ 4  2013/03
一覧表示...

研究発表等
小学校5年生時の遊び経験と青年期の社会性との関連(4)  日本心理学会(名古屋大学)  2015/09/22
小学校5年生時の遊び経験と青年期の社会性との関連(3)  日本心理学会(名古屋大学)  2015/09/22
小学校5年生時の遊び経験と青年期の社会性との関連(2)  日本教育心理学会(神戸大学)  2014/10
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プロジェクトスタディⅡA  演習
2017  専門演習  演習
2017  (教)教育心理学  講義
一覧表示...

教育活動
「プロジェクト スタディ」において、コミュニケーションペーパーを利用し、受講生相互間の議論を活性化するようにした。  2009/04-2010/08
「社会心理学」でコミュニケーションペーパーを利用し、受講生からの質問・感想をもとに応答した。  2007/04-2009/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
社会的態度のモデル化とデータ解析法
  教育心理学担当の門田先生は社会的態度とデータ解析法を中心に研究を続けています。高校時代から心理学に興味を持ち、'74年神戸大教育学部を卒業、京大大学院へ。梅本堯夫、木下冨雄教授らの指導を受け、社会心理学を専攻。「Self Perception 理論からみた態度変化」をテーマに態度と行動の関係を研究しました。'81年本学へ。現在、「個人が社会をどうとらえているか」の調査を学生対象に行っており「社会をどうみるかで行動がちがってきます」と説明、動機のメカニズム解明を目標としています。またシュミレーションゲームのSIMSOCで模擬社会をつくり、共同研究中。「富のアンバランスのある四つの地域を想定し、ある地域に機能を集中すると、貧しい地域は援助されて当然と受け止めるなど興味深い結果が出る」と話し、法則性の抽出が目標です。研究会でデータ解析法も研究中で、新しい処理法完成をねらっています。趣味はテニスと登山。(談)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
統計科学
社会心理学
教育心理学