English
顔写真
情報理工学部  /
情報理工学科

 カメイ   カツアリ   (男)
 亀井    且有   教授
 Katsuari   KAMEI

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
スポーツ健康科学研究センター
情報理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1978  立命館大学  理工学部  電気工学
1983  立命館大学大学院  理工学研究科  電気工学専攻  博士課程  修了
■取得学位
工学博士 (1983/03 立命館大学)  
■職歴
1983/04/01-1987/03/31  立命館大学理工学部電気工学科 助手
1987/04/01-1993/03/31  立命館大学理工学部情報工学科 助手
1990/09/01-1991/03/31  アメリカ・カリフォルニア大学バークレイ校 客員研究員
1993/04/01-1998/03/31  立命館大学理工学部情報学科 助教授
1996/09/01-1997/03/31  カナダ・ブリティッシュコロンビア大学 客員研究員
1998/04/01-2004/03/31  立命館大学理工学部情報学科 教授
2000/09/01-2003/08/31  中国湘潭工学院 客員教授
2000/09/01-2005/08/31  中国湖南大学 客員教授
2004/04/01-  立命館大学情報理工学部知能情報学科 教授
2008/04/01-2011/03/31  大学コンソーシアム京都学生交流事業部長
2011/04/01-2016/03/31  早稲田大学商学学術院総合研究所(WBS研究センター) 特別研究員
2013/04/01-  立命館守山中学校・高等学校 校長
■委員歴
1986-1990  日本自動制御協会(現,システム制御情報学会) 編集委員(最終校正担当)
1987-1994  計測自動制御学会 ヒューマンインタフェース部会関西地区委員
1991-2001  日本ファジィ学会(現、日本知能情報ファジィ学会) 編集委員
1992-1993  システム制御情報学会 論文委員
1992-1994  システム制御情報学会 編集委員
1994-1995  計測自動制御学会 ヒューマンインタフェース部会幹事
1994-1996  計測自動制御学会 関西支部幹事
1994-1999  システム制御情報学会 事業委員
1995-1998  計測自動制御学会 ヒューマンインタフェース部会運営委員
2000-2001  ヒューマンインタフェース学会論文誌編集委員
2000-2003  システム制御情報学会常任理事(事業・編集担当)
2001-  システム制御情報学会事業委員会委員長
2003-  システム制御情報学会編集委員会委員長
2003-  感性工学論文誌編集委員
2004-2008  システム制御情報学会理事
2008-2011  大学コンソーシアム京都学生交流事業部長
2009-2010  システム制御情報学会常任理事(庶務担当)
■所属学会
システム制御情報学会  
日本感性工学会  
日本知能情報ファジィ学会  
ヒューマンインタフェース学会  
計測自動制御学会  
電子通信情報学会  
IEEE  
■研究テーマ
感性・情動評価とそのモデリング
ソフトコンピューティング
知能システム
ヒューマンインターフェース
Emotional Fitness Project
■研究概要
知能システム

 ファジィ理論を基礎に、ニューラルネットワークやヒューリスティックスと結びつけ、人間の行動や感性、熟練者の制御について研究する。
■研究キーワード
知能システム、知能システム、計算機知能、ベビーフェエイス・インターフェイス、ユーザビリティ、ユニバーサル・デザイン、ファジィ理論、学習、自律エージェント、ニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズム、感性、情動、ソフトコンピューティング 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「第4章ニューラルネットワークと感性評価モデル」,『数理的感性工学の基礎 感性商品開発へのアプローチ』(長沢伸也・神田太樹共編)  木下雄一朗  海文堂出版(株)  59-73  2010/09  978-4-303-72394-1
学生のための基礎電子回路  共立出版  2010/03  978-4-320-08638-8
「第4章自己組織化マップによる商品企画支援システム」、『感性商品開発の実践ー商品要素へ感性の転換ー』(長沢伸也編)  日本出版サービス  55-71  2003
一覧表示...

論文
Near-Infrared Spectroscopy (NIRS) Analysis of Emotion when Reading e-Books with Sound Effects  Akira Nagai and Katsuari Kamei  Industrial Applications of Affective Engineering (Ed. by J. Watada et al.) , Springer  123-132  2014
Applications Using Hybrid Intelligent Decision Support Systems For Selection Of Alternatives Under Uncertainty And Risk  Hai Van Pham, Khang Dinh Tran and Katsuari Kamei  International Journal of Innovative Computing, Information and Control  10/ 1, 39-56  2014
Hybrid Kansei-SOM Model using Risk Management and Company Assessment for Stock Trading  Hai V. Pham, Cao Thang, Eric W. Cooper, and Katsuari Kamei  Information Sciences  256, 8-24  2014
一覧表示...

研究発表等
Modeling Student Affect in English Learning Achievement Using Association Rules  Proceedings of ACSET (The Asian Conference on Society, Education & Technology) 2014  2014
Modeling Emotional State Through Interaction with Applications on an Android Smartphone  Proceedings of IEEE/WCCI 2014 (The IEEE World Congress on Computational Intelligence)  2014
Design of a Facial Expression Warning System for Online Video Service Representatives  Proceedings of IJCCN 2014 (The 2014 International Joint Conference on Neural Networks)  2014
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     ソフトコンピューティングによる人間の知的活動のモデル化とその応用   C   国内   2006/09-2007/03   2006     
一覧表示...

受賞学術賞
 IEEE SMC Hiroshima Chapter Best Presentation Award of 5th International Workshop on Computational Intelligence & Applications 2009 (IWCIA2009)  2009
 "Excellent Paper Award" of International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007  2007
 2007年日本感性工学会技術賞  2007
一覧表示...

知的財産権
プログラム、スケジューリング方法およびスケジューリング装置  2003-385876
プログラム、スケジュ-リング方法及びスケジュ-リング装置  2003-385876  2005-149148
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  情報理工学特殊研究4  演習
2016  情報理工学特別研究4  演習
2016  情報理工学特別研究5  演習
一覧表示...

教育活動
「理系の諸君!君は『あいまい』を許せるか?」京都の大学「学び」フォーラム2010(福知山会場)  2010/10-
「理系の諸君!君は「あいまい」を許せるか?」(滋賀県立東大津高等学校)  2010/09-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
感性豊かで人間的な知能システムの研究
 ファジィ理論,ニューラルネットワーク,進化的計算手法等のソフトコンピューティング技術を用いて意思決定支援,知能・技能獲得,感性・情動の評価とモデリング,ヒューマンインタフェースの研究を行っています.研究のキーワードは「感性豊かで人間的」です.厳密でなくても,最適なくても構わない,満足できればいい,楽しければいい,何かの役に立てばいいなど工学的規範というよりは日常規範に基づいて知能システム構築しています.
【研究例:Emotional Fitness Project】
体力増強や原料など身体の健康維持のための運動であるPhysical Fitnessあるいはエクササイズは一般的に運動の気持ちよさ・喜びといった人の感性(気持ち)を無視し,運動の強さや消費カロリーに焦点を当てて行われているため,運動が楽しくなく,従って継続されないという問題があります.本研究では,運動後の気持ちよさやストレスの緩和といった心や精神の健康維持のために行う運動であるEmotional Fitnessを提唱し,実践を通してその有効性を科学的に検証しています.
■関連URL
 亀井 且有
 立命館大学 情報理工学部 ソフトインテリジェンス研究室
■電話番号
077-561-2699
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
知能情報学