日本語
顔写真
College of Letters  /
Japanese History Program

 (Male)
 Nobuhiro   KATSURAJIMA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Letters
The Kinugasa Research Organization   /
Shirakawa Shizuka Memorial Institute of Oriental Letters and Culture
■Graduate school/University/other
1979  Ritsumeikan University  Faculty of Literature  Japanese History Major, Department of History  Graduated
1984  Ritsumeikan University  Graduate School, Division of Letters  Japanese History Major, History  Doctoral course
■Academic degrees
Doctor of Arts (03/1994 Ritsumeikan University)  
■Career history
04/01/2019-  立命館大学特任教授・名誉教授
09/01/2014-08/31/2015  韓国高麗大学校客員教授[国外]
04/01/2010-03/31/2014  文学部長
09/04/2009-09/19/2009  韓国国立全北大学校交換教授 [国外]
09/01/2006-08/31/2007  韓国東西大学校客員教授 [国外]
02/26/2000-07/31/2000  北京日本学研究センター派遣教授 [国外]
04/01/1997-  立命館大学文学部教授
04/01/1995-03/31/1997  立命館大学文学部助教授
■Committee history
10/2000-  日本思想史学会  (現)評議員・(前)総務委員・(元)大会委員長・(元)事務局長
08/2008-08/2011  東アジア宗教文化学会  (元)副会長(本部 韓国)
04/1994-  日韓宗教研究フォーラム  (元)運営委員
 日本史研究会  (元)編集委員
 東アジア思想文化研究会  (現)代表
 日本思想史研究会  (現)顧問
 「宗教と社会」学会  (元)常任委員
■Academic society memberships
Association of Japanese Intellectual History  
The Japanese Society for Historical Studies  
Society for Cultural Interaction in East Asia  
The Historical Science Society of Japan  
The Japanese Association for the Study of Religion and Society  
East Asia Thought and Culture Research Society  
Japanese Association for Religious Studies  
■Subject of research
Study on History of Thoughts Concerning Formation of Network of Translated Words and Modern Academic Intelligence in East Asia
(1) Study on Transformation of Self-Other Recognition and Translated Word Network of East Asia in 18th-19th Centuries
Research of the East Asia thought in the 18~19th century, and mutual oneself-and-others recognition
The Nationalism in the 17th-19th century in Japan
■Research summary

History of Tokugawa thought

 With thought history study, such as early modern Confucianism, Japanese classical literature and people's religion, as core, I analyze dynamical transformation of social awareness.

【Subject of research (1) Summary】
This research aims to clarify: development of Chinese (Ching) thought and issues of network between the development and Korea/Japan; Issues of import and translation of the western thought; and issues of the spread of Japanese-born Chinese language since the modern era. These subjects constitute group of issues important to study of self-other recognition of East Asia in the 18th and 19th centuries.

【Subject of research (2) Summary】
This research aims to acquire the methods and perspectives to describe the thought history of Korea and Japan in the 18th and 19th centuries within the same thought space.

【Subject of research (3) Summary】
I have conducted three-year studies three times of self-other recognition in Tokugawa-ruled Japan.
■Research keywords
Tokugawa Intellectual History, History of Japan, Japanese Religious History 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
(編著)『東アジア 遭遇する知と日本』  文理閣  全374頁  05/2019  978-4-89259-843-2
『思想史で読む史学概論』  桂島宣弘  文理閣  全286頁  01/2019  978-4-89259-841-8
『歴史を通して「他者」と向き合う』  桂島宣弘  大陽出版(私家版)  全342頁  01/2019
View details...

Papers
天皇制の過去と現在(巻頭言)  桂島宣弘  『日本思想史研究会会報』  34, 1-8  03/2018  0287-3338
東亜文明圏中的日本思想、日本儒学  桂島宣弘  『日本儒学与思想史研究』  43-61  09/2016  978-7-201-10839-1
東亜文明圏中的日本思想、日本儒学  桂島宣弘  『深圳大学学報』人民社会科学版  33/ 2, 6-16  03/2016
View details...

Research presentations
天皇制の過去と現在  東西大学校特別講演会  03/13/2019
画期としての光格天皇  京都ラボール学園歴史講座  02/25/2019
「近世帝国」周辺部徳川日本の儒学・朱子学の動向(基調講演)  日本朱子学的伝承与創新学術研討会  06/26/2018
View details...

Other research achievements
【書評】尹海東『植民地がつくった近代』  『新しい歴史学のために』292号  05/31/2018-05/31/2018
【提言】絶望の淵から時代に切り込む思想史  『日本思想史学』48号  09/2016-09/2016
【事典項目】『日本思想史事典』(東京堂出版)  09/2013-09/2013
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Research exchange preferred theme
日中韓連携・交流に関わるテーマ  日中韓の文化交流に関わる情報交換等。  Joint research
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2019  歴史観の形成(衣笠・茨木)  Lecture
2019  院演習  Seminar
2019  新しい日本史像(衣笠・茨木)  Lecture
View details...

Teaching achievements
卒論・修論・博論指導のため、学部・院において春季・夏季にゼミ合宿・集中研究会を開催している。  04/2005-
大学院生の授業報告内容を審査・討論の上、定期学術雑誌として刊行した(『東アジアの思想と文化』10号まで刊行)。  04/2005-
日本史研究の視点について、高校教員研究会で講演し、議論した。  08/2010-08/2010
View details...
■Message from researcher
新しい日本思想史の構築をめざす
 徳川思想史を自分の専門にするに至った契機は、'95年3月で立命館大学文学部をご退職された故衣笠安喜先生のゼミに所属したことにありますが、個人的には思想的に混迷を深めるかに見えた'70年代の状況に向き合うために、徳川時代以来の日本思想史の勉強を始めてみたいと思ったことが関係しています。

当時、安丸良夫『日本の近代化と民衆思想』や子安宣邦『宣長と篤胤の世界』が世に問われ、方法論的にも丸山真男以来の視点が問い直され始めていたことも大きな刺激になっていたと思います。
以来、金光教などの民衆宗教研究、平田篤胤以降の幕末国学の研究を続けて今に至っていますが、80年代の自分の研究については『幕末民衆思想の研究』として何とかまとめることができました。
また、90年代の研究については『思想史の19世紀』として'99年3月に刊行しました。その過程で徳川日本に「他者」としてアプローチする必要性を痛感しました。方法論的にも、M・フーコーやアナール学派などの問題構成を射程に入れた新しい日本思想史の構築をめざしたいと思っています。

こうした点を盛り込んで、2005年『増補改訂版 幕末民衆思想の研究』を刊行しました。

2000年に北京日本学研究センターに派遣されて以後は、「方法としての東アジア」の構築を痛感するようになり、2006年と2013年にそれぞれ韓国東西大学校・高麗大学校に一年間滞在する中で、トランスナショナル・ヒストリーという新しい視点と出会いました。こうした方法・視点を盛り込んで2008年『自他認識の思想史』を刊行しましたが、幸いなことに、本書は韓国語・中国語にも翻訳されました。

2019年、これまでの研究成果・教育成果をまとめて,『思想史で読む史学概論』を刊行しました。
■URL
 http://www.ritsumei.ac.jp/~katsura/
■Research keywords(on a multiple-choice system)
History of Thought
Japanese history
Religious studies