English
文学部  /
国際文化学域

 カワグチ   ヨシヒサ   (男)
 川口    能久   教授
 Yoshihisa   KAWAGUCHI

■兼務所属(本学内)
文学研究科
■出身大学院・出身大学他
1975  大阪大学  文学部  文学科・英文学  卒業
1977  大阪大学大学院  文学研究科  英文学  博士課程前期課程  修了
■取得学位
博士(文学) (大阪大学)  
■委員歴
 日本オースティン協会 理事
 日本英文学会 大学支部代表
 日本英文学会関西支部 評議員
■所属学会
日本英文学会関西支部  
日本オースティン協会  
日本英文学会  
■研究テーマ
ジェイン・オースティンの小説
■研究概要
英文学

 E. M. Forster, Jane Austen, William Golding等を中心とするイギリス小説の研究。テクストの正確な読みに重点をおく。
■研究キーワード
英文学、ジェイン・オースティン 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
文藝禮讃 ―― イデアとロゴス  内田能嗣教授傘寿記念論文集刊行委員会  大阪教育図書  55-64  2016/03  978-4-271-21044-3
イギリス文化事典  丸善出版  158-159  2014/11  978-4-621-08864-7
フォースター文学の諸相 ―― 小説と小説論 ――  筒井均・玉井暲  英宝社  99-123  2012/08  978-4-269-72122-7
一覧表示...

論文
女たちのたくらみ ―― ジェイン・オースティンの『レディ・スーザン』  立命館英米文学  27, 18-35  2018/01
『サンディトン』の可能性  立命館文学  634, 72-80  2014/01  0287-7015
「ノーサンガー・アベイ」論-ヒロインの成長とジェイン・オースティの小説観(1)  立命館英米文学  18, 7-20  2009/01
一覧表示...

研究発表等
「ジェイン・オースティンとE. M. フォースター ―『マンスフィールド・パーク』と『ハワーズ・エンド』をめぐって  日本英文学会関西支部第2回大会  2007/12/22
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     ジェイン・オースティンとE.M.フォースターの小説研究   C   国内   2007/04-2007/09   2007     
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎講読Ⅱ  演習
2017  前期課程 特別研究Ⅰ  演習
2017  前期課程 特別研究Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
英米文学専攻開講の専門科目の教育方法向上について  2016/07-2016/07
結婚とは何か:ジェイン・オースティンの小説における結婚  2014/03-2014/03
2010年度高大連携協定校プログラム
アカデミック・プログラム  2010/05-2010/05
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
イギリス小説の研究
 E.M.フォースターやジェイン・オースティンを中心としたイギリス小説の研究をおこなっています。これまではフォースターの小説の基本的主題である人間関係を中心に研究してきましたが、これからは同性愛者であることが彼の小説にどのような影響をあたえたかという問題を考えてみたいと思ってます。『いつか晴れた日に』『エマ』あるいは 『高慢と偏見』をご覧になった方もおられるのではないかと思います。原作はいずれもオースティンの小説です。女性の権利が制限された階級社会のなかで、彼女は女性の主体的意志をどのように実現させようとしたのか、このことをどのように表現しているのか、といった問題について研究する予定です。英文学研究の基礎は英語の学力です。学生諸君の英語の学力を養成するよう努力したいと考えています。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
英米・英語圏文学