English
産業社会学部  /
現代社会学科

 ナカムラ   タダシ   (男)
 中村    正   教授
 Tadashi   NAKAMURA

■兼務所属(本学内)
人間科学研究科
衣笠総合研究機構   /
生存学研究所
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
衣笠総合研究機構   /
地域健康社会学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1986  立命館大学大学院  社会学研究科  博士課程
■取得学位
社会学修士  
■所属学会
日本心理臨床学会  
American Men's Study Association  
日本犯罪社会学会  
社会病理学会  
日本社会学会  
■研究テーマ
臨床社会学・社会臨床学の研究
家庭内暴力の研究
■研究概要
臨床社会学・社会臨床学の研究

 家庭内暴力に関して、臨床社会学・社会臨床学的なアプローチで研究
■研究キーワード
社会学、社会病理学、臨床社会学、社会臨床学、男性学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
"教育から学習への転換”のその先へ−Unlearningを焦点に大学教育を構想する−  中村正、景井充、杉野幹人  文理閣  84-151  2019/03  978-4-89259-847-0
治療的司法の実践-更生を見据えた刑事弁護のために  指宿信監修・治療的司法研究会編著  第一法規  1-41,349-366,444-463  2018/10  978-4-474-05874-3
アルフレッド・シュッツ−他者と日常生活世界の意味を問い続けた「知の巨人」  佐藤嘉一監訳/森重拓三・中村正訳  明石書店  第二部全体(549)  2018/03
一覧表示...

論文
臨床社会学の方法(25) 情状を問うことの意味−ナラティブと動機の語彙−  中村正  対人援助学マガジン  10/ 1, 21−29  2019/06
臨床社会学の方法(24)暴力を乗り越える  中村正  対人援助学マガジン  9/ 4, 20−29  2019/03
暴力の遍在と偏在−その男の暴力なのか、それとも男たちの暴力性なのか−  中村正  現代思想  47/ 2, 64−76  2019/02
一覧表示...

研究発表等
企画ワークショップIII「被災と復興の証人(witness)になる」とはどういうことだったか?
~「東日本・家族応援プロジェクト」の活動を通して/「記憶の多様なかたち~震災・災害の表象論から」  対人援助学会第10回大会  2018/11/18
男性性の傷つきに敏感なジェンダー臨床論のために(その7)— 脱男性性をめぐるラビリンス(迷宮)—  対人援助学会第10回大会  2018/11/18
性暴力加害者をなくすための「教育」からみた支援−「ジャスティスクライエント」とともに  第38回日本性科学会学術集会  2018/09/23
一覧表示...

その他研究活動
ドメスティック・バイオレンス加害者対応  家族療法テキストブック  2013/06-
書評、イー・リー、ジョン・シーボルト、エイドリアナ・ウーケン著/玉真慎子・住谷祐子訳『DV加害者が変わる−解決志向グループセラピー実践マニュアル』  精神療法(第39巻第2号)  2013/04-
座談会/中村正、信田さよ子、村尾泰弘、廣井亮一「加害者臨床―憎しみの環を断つために」  現代のエスプリ 至文堂(No.491,pp.10-38)  2008/05-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
家族安全安心にむけた児童虐待防止のための「ヒューマンサービス社会技術」の実装  社会技術研究開発事業研究開発成果 実装支援プログラム  2009  2012
恋人間の暴力防止のための調査研究  内閣府女性に対する暴力の防止についての地域モデル事業  2006  2006
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     北摂地域における社会文化資源の再発見と発信に関する学際的研究(北摂プロジェクト)(地域情報研究所)   代表   -   2016/04-2017/03   2016   1,500,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     生きづらさを抱えて生きる当事者への支援-「質的研究法TEMの応用的展開」「不妊心理臨床」「法と心理学の協働」の3つの研究を有機的につないで   代表   -   2013/04-2014/03   2013     
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     生きづらさを抱えて生きる当事者への支援-「質的研究法TEMの応用的展開」「不妊心理臨床」「法と心理学の協働」の3つの研究を有機的につないで   代表   -   2012/04-2013/03   2012     
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  応用社会学特殊研究Ⅲ  演習
2017  応用社会学特殊研究Ⅳ  演習
2017  応用社会学特殊研究Ⅴ  演習
一覧表示...

教育活動
演習におけるWeb-CTを活用した双方向コミュニケーションの展開  2010/04-2011/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
臨床社会学の研究
 対人援助における臨床事例を社会という文脈で再構成する作業(advocacy oriented study)としての「臨床社会学」を以下のように構想している。1)問題を発見するプロセス(木をみて森をみる方法の諸相として、質的分析法、エスノメソドロジー、ケーススタディ、会話分析、インタビュー調査など)。2)問題を定義するプロセス(ある特定の行動が問題として認識される過程をあとづけながら概念=ラベルが生成する過程。ラベリング理論、グラウンディッド・セオリー、構築主義など)。3)問題を解決するプロセス(恢復と再生の場面をいかに表現しうるか。物語、当事者主義、グループダイナミクス、など)。4)解決を共有するプロセス(anti-social behaviorとしての逸脱行動と対を成しているpro-social behaviorとしての社会行動、たとえば、ボランティア行動、NPO・NGOなど。また、pro-active approach、たとえば、修復的司法実践など)。こうした臨床社会学的関心からの応用領域は、ジェンダー、家庭内暴力、自己決定論、グループワーク論、ボランティア行動論など多様である。
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会学(含社会福祉関係)