English
情報理工学部  /
情報理工学科

 オガワ   ヒトシ   (男)
 小川    均   教授
 Hitoshi   OGAWA

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
防災フロンティア研究センター
情報理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1973  大阪大学  基礎工学部  電気工
1978  大阪大学大学院  基礎工学研究科  (物理系)情報工学  博士課程
■取得学位
工学博士  
■所属学会
電気電子工学会(IEEE)  
アメリカ人工知能学会(AAAI)  
電子情報通信学会  
情報処理学会  
人工知能学会  
■研究テーマ
協調問題解決に関する研究
メディア融合ヒューマンインタフェース
■研究概要
推論機構とヒューマンインタフェースに関する研究

 人間が行う高度な推論を実現するためのエージェントシステムや推論効率化知識の学習の研究に加え、人間との自然なコミュニケーションの要素として非言語情報を扱った音声合成、物語生成、メディア融合型機器説明などの研究を行っている。
■研究キーワード
知能情報学、メディア融合、問題解決、分散人工知能、制約充足 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
知識工学  小川 均  共立出版  2004
インテリジェントビル  電気書院  1991
人工知能ハンドブック  人工知能学会  1990
一覧表示...

論文
Personal Robot Using Android Smartphone  Koya Ono, Hitoshi Ogawa  Procedia Technology  18, 37-41  2014/11  2212-0173
Human Activity Recognition System Including Smartphone Position  Shinki Miyamoto, Hitoshi Ogawa  Procedia Technology  18, 42-46  2014/11  2212-0173
Clustering Scientific Publication Trends in Cultural Context Using Epidemiological Model Parameters  Daniel Moritz Marutschke, Hitoshi Ogawa  Procedia Technology  18, 90-95  2014/11  2212-0173
一覧表示...

研究発表等
教示生成におけるユーザの要求に関する考察  電子情報通信学会技術研究報告  1998/10
大阪方言合成のための基本周波数生成手法  電子情報通信学会技術研究報告  1998/10
個人性を考慮した顔動画像と音声合成  情報処理学会研究報告  1998/09
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
知識ベース推論および事例ベース推論を用いた機器の効率的な維持管理  国土交通省 近畿地方整備局新技術開発研究会設立申請  2008  2010  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     情報通信科学技術に関する若手育成国際ワークショップ   代表   -   2012/04-2012/09   2012   1,200,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 人工知能学会 研究奨励賞  1998
一覧表示...

知的財産権
統合無線認証システム  2003-322622  2005-094184
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  情報コミュニケーション学実験Ⅰ  実験・実習・実技
2017  プログラミング演習1  演習
2017  オブジェクト指向  講義
一覧表示...

教育活動
専門科目「プログラミング演習1」において,自動採点システムを開発し,学生の進捗状況など把握できるようにした.加えて,教員およびTAが教育に専念できることから,最終日に,プログラミングコンテストを行い,学  2004/04-2007/07
共通専門科目「計算機科学入門2」にて,教科書の内容を補足したPPTを作成し,毎回配布している.  2008/09-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
知識表現と推論機構のシステム化
 人工知能担当の小川先生は知識表現と高次推論機能、その応用システム開発法に関する研究を長年、手がけてきました。'73年大阪大基礎工学部電気工学科の卒業、大学院へ。プログラミングがおもしろくなり情報工学畑に。田中幸吉教授の指導を受け、阪大産業科学研講師を経て、 '88年本学へ。大学院では定理証明を計算機にさせるシステムを開発、そのために必要な知識を計算機に表現する知識表現をテーマに学位論文を書きました。人工知能の応用でコンピュータから専門家の知識を引き出すエキスパートシステムでも、企業と共同研究で成果を得ました。「人間の考え方に限りなく近い推論機構」を目標とし、推論時間を考慮した問題解決手法や学習機能、また、分散型人工知能システムについて研究しています。応用として、感情表現ができる音声の合成、画像を用いた診断エキスパートシステム、登場者の意思を反映させた物語生成などに取り組んでいます。本学合気道部部長(合気道二段)。スキー、テニスも。工博。(談)
■関連URL
 小川研究室
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
知能情報学