日本語
College of Letters  /
Human Studies Program

 (Male)
 Toshihiko   ISE  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Letters
The Kinugasa Research Organization   /
The institute of Humanities Human and Social Sciences
The Kinugasa Research Organization   /
Research Center for Intercultural Phenomenology
■Graduate school/University/other
03/1982  Kyoto University  Faculty of Literature  Graduated
03/1984  Kyoto University  Graduate School, Division of Letters  Philosophy  Master's course  Completed
03/1987  Kyoto University  Graduate School, Division of Letters  Philosophy  Doctoral course second term (Doctoral)
■Academic degrees
Master of Arts (Kyoto University)  
■Academic society memberships
Hume Society  
Japanese Society for British Philosophy  
Philosophy of Science Society, Japan  
The Kansai Philosophical Association  
The Philosophical Association of Japan  
■Subject of research
Linguistic meaning and human cognition
■Research summary
Human thinking, language, and action in social context

 Human beings depend on society for its existence and are defined by the society, but at the same time, it is a subject of free activity. The relationship between the two is studied, with the concept of “consent” and “justice” as the axes.
■Research keywords
Philosophy 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
人間本性論 第3巻 道徳について  デイヴィッド・ヒューム(著)、伊勢俊彦、石川徹、中釜浩一(訳)  法政大学出版局  207-310(解説・単独執筆)  10/2012  9784588120831
人間本性論 第2巻 情念について  デイヴィッド・ヒューム(著)、石川徹、中釜浩一、伊勢俊彦(訳)  法政大学出版局  12/2011  9784588120824
View details...

Papers
経験世界のヒューム的再構成(三)  伊勢俊彦  立命館文学  657, 1-10  03/2018
経験世界のヒューム的再構成(二)  伊勢俊彦  立命館文学  651, 1-12  03/2017
経験世界のヒューム的再構成(一)  伊勢俊彦  立命館文学  647, 1-13  03/2016
View details...

Research presentations
謝罪と赦し、それで終わるものと残されるもの
あるいは償いと継続的コミットメント  唯物論研究協会第42回研究大会  10/27/2019
Apology, Repair, and Lasting Commitment  第6回日中哲学フォーラム  09/22/2019
謝罪と赦し、それで終わるものと残されるもの
あるいは償いと継続的コミットメント  京都生命倫理研究会  06/22/2019
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Basic Readings 2  Seminar
2017  Major Subjects in Modern Philosophy 2  Seminar
2017  Graduate Research 1(Doctoral Course)  Seminar
View details...

Teaching achievements
教養科目「論理と思考」において、manabaR+の出席カードのアンケート機能を利用し、受講者の質問や意見を集め、双方向授業を試みた。  04/2018-01/2019
2015年度-2018年度 教養科目基本担当「論理と思考」  04/2015-03/2019
論理学概論Iにおいて、コミュニケーションペーパーやmanabaR+の出席カードのアンケート機能用いるとともに、学期中に中間評価テストを行ない、結果を参照して授業計画を見直すことにより、双方向型授業を試みた。  04/2015-07/2018
View details...
■Message from researcher
社会的文脈における人間の思考・言語・行為
  十八世紀スコットランドの哲学者ディヴィッド・ヒュームの研究から出発して認識と行為の問題を考察。英米の近世から現代の思想を中心に、論理学を含む哲学の科目群を担当しています。1982年京都大学文学部を卒業し大学院へ。辻村公一、木曽好能両教授のもとで研究。'89年本学へ。ここ数年は、現代の言語哲学の成果をもとにヒュームの社会哲学を見直し、「自然と規範」(『科学哲学』30号、'97年)等を発表。「言語論の視点から、社会的世界の成立を支える根源的な合意や一致の性格が明らかになってきた一方で、ヒュームの人間観を理解する上では、経済社会や労働についての見方が予想以上に重要であることもわかってきた」と言います。休日は、美術展めぐりや、徒歩や自転車での散策を楽しみます。「ヒュームが活躍していたのと同じ頃に京都にいた与謝蕪村や伊藤若冲の不思議にモダーンな感じがどこから来るかなど考えると楽しい」とも。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Philosophy