English
顔写真
OIC総合研究機構  /
サステイナビリティ学研究センター

 ナカガミ   ケンイチ   (男)
 仲上    健一   上席研究員
 Ken'ichi   NAKAGAMI

■兼務所属(本学内)
政策科学研究科
OIC総合研究機構   /
サステイナビリティ学研究センター
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
■出身大学院・出身大学他
1972/03  山口大学  工学部  土木工学
1974/03  名古屋大学大学院  工学研究科  土木工学  博士課程前期課程  修了
1976/03  京都大学大学院  工学研究科  衛生工学専攻  博士課程後期課程  中退
■取得学位
工学士 (1972/03 山口大学)   工学修士 (1974/03 名古屋大学)   工学博士 (1981/02 大阪大学)  
■職歴
1976-1979  京都大学経済研究所・助手
1979-1984  (財)都市調査会・調査部長
1984-1989  大阪産業大学経営学部・助教授
1989-1994  立命館大学経営学部・助教授・教授
1994-2000  立命館大学政策科学部・教授
2000-2007/02  立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部・教授
2007/03/01-2008/03/31  立命館サステイナビリティ学研究センター・副センター長
2007/03-2014/03/31  立命館大学政策科学部・教授
2008/04/01-  立命館サステイナビリティ学研究センター・顧問
2012/04/01-2019/03/31  総合地球環境研究所客員教授
2014/02/01-2017/03/31  東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構客員教授
2014/04/01-2018/03/31  立命館大学特任教授
2014/04/01-  立命館大学名誉教授
2014/04/01-  立命館アジア太平洋大学名誉教授
■委員歴
1991/04-1994/03  立命館大学政策科学部設置委員会事務局長
1994/04-1995/03  立命館大学政策科学部主事
1994/04-1996/03  立命館大学政策科学部調査委員長
1996/04-2000/03  立命館アジア太平洋大学設置委員会事務局長
2000/04-2004/03  立命館アジア太平洋大学教学部長
2002/04-2004/03  立命館アジア太平洋大学学長室室長
2004/04-2007/02  立命館アジア太平洋大学副学長
2007/03-2008/03  立命館国際機構長
2008/03-2012/03  立命館常務理事(財務担当)
2010/02-2012/03  立命館地球環境委員会副委員長
1985/04-  水資源・環境学会 理事
2006/11-2012/11  政策情報学会会長/現在顧問
2008/04-  温泉学会 理事
2012/07-  環境技術学会 副会長
2015/12-  国際公共経済学会理事・名誉会長
 近畿水問題合同研究会理事長
 広域循環型経済社会形成研究会会長
 別府ONSENツーリズム大使
2012/04-2014/03  川西市生涯学習短期大学水資源・環境学科講師
 公益財団法人大林財団理事
 (NPO法人)APUグローバルビジネスネットワーク監事
■所属学会
日本経済政策学会  
日本計画行政学会  
水資源・環境学会  
政策情報学会  
国際公共経済学会  
環境経済・政策学会  
温泉学会  
環境技術学会  
政治社会学会  
■研究テーマ
統合的水管理と水の安全保障
気候変動による水資源環境影響への適応・緩和策の戦略的研究
メコン河流域の持続可能な発展と環境保全政策
サステイナビリティと水資源環境政策
沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示
■研究キーワード
水資源・環境政策、 統合的水管理、水の安全保障、気候変動による水資源影響への緩和策・適応策、上下水道事業の民営化・市場化、統合的沿岸海域管理、沿岸海域のサステイナビリティ評価 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
INTEGRATED COASTAL MANAGEMENT
IN THE JAPANESE SATOUMI-Restoring Estuaries and Bays-  Edited by YAMAGI Tetsuo,Chapter 5,5. Environmental Economics, Culture,and Negotiation in the Coastal Sea,TAKAHIRO OTA, KATSUKI TAKAO, TAKURO UEHARA, KEITO MINEO,N. OBATA, KENICHI NAKAGAMI, T. YOSHIOKA, RYO SAKURAI,TAKESHI HIDAKA, AND SATOQUO SEINO,8. Conclusions
TETSUO YANAGI AND KENICHI NAKAGAMI  Elsevier  132-194,221-234  2019/08  978-0-12-813060-5
『里海管理論-きれいで豊かで賑わいのある持続的な海』  柳哲雄編  農林統計協会  71-92  2019/03  978-4-541-04281-1
水をめぐる政策科学  法律文化社  109  2018/03  978-4-589-03996-5
一覧表示...

論文
水インフラの今日的課題と水ビジネスの国際的潮流  仲上健一  日本の科学者  54/ 8, 05-10  2019/08
言葉の玉手箱 キーワード解説  仲上健一  日本の科学者  54/ 8, 4  2019/08
特集まえがき 持続可能な水インフラをつくる  仲上健一  日本の科学者  54/ 8, 03  2019/08
一覧表示...

研究発表等
サステイナビリティ評価の意味と課題  第1回RCSサステイナビリティ評価研究会  2019/09/30
RCSサステイナビリティ研究会の趣旨と目標  第1回RCSサステイナビリティ評価研究会  2019/09/30
中国における炭素排出権取引制度パイロット事業から全国統一市場へーEU-ETSとの比較を通じてー  環境経済・政策学会2019年大会  2019/09/29
一覧表示...

その他研究活動
SSC・立命館大学公開シンポ報告 「水研究最前線 水の重要性、持続可能性を考える」  Water & Life No.641  2019/08/01-2019/08/01
上下水道事業の民間化・広域化~持続可能な住民本位の水道及び下水道  第23回衛都連職場職種別交流集会上下水道分科会、シティプラザおおさか  2019/06/23-2019/06/23
「水道法改正」を考える-水と地域の絆を求めて-  枚岡の自然と文化を大事にする懇話会、第15回定期総会、第1部講演  2019/06/08-2019/06/08
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
「沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示」  環境省 平成28年度環境研究総合推進費  2016/04  2017/03
バイオマス利活用に関する地域環境の診断手法及び環境効率評価手法の研究  環境省  廃棄物処理等科学研究費補助金  2007  2008  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
十津川地域振興計画策定調査報告書  1989/04-1990/03  技術指導  分担
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   基盤研究     転換期のミャンマーの経済開発と環境保全-国際比較研究-   代表   -   2013/04-2014/03   2013   1,000,000   
学術図書出版推進プログラム   -     Strategic Adaptation towards Water Crisis and IWRM   代表   -   2012/04-2013/03   2012   751,000   
研究の国際化推進プログラム   -     メコン川地域開発(GMS)と日本の役割-ASEAN域内経済格差の是正を目指して-   代表   -   2011/10-2012/03   2011   1,310,000   
一覧表示...

受賞学術賞
一般社団法人 海外環境協力センター  一般社団法人海外環境協力センター功労賞  2013/06
国際公共経済学会  国際公共経済学会2009年度尾上賞  2009/12
日本計画行政学会  日本計画行政学会第21回学術賞・論説賞  2009/09/11
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  RP特別演習Ⅰ  演習
2017  リサーチ・プロジェクトⅠ  演習
2017  Japanese Reading for Policy Science Ⅲ  講義
一覧表示...

教育活動
2015年度 教養科目基本担当「災害と安全」  2015/04-2016/03
初芝橋本高等学校・模擬講義
「地球温暖化対策と政策科学」  2010/07-2010/07
「京都環境フェスティバル2008」に参加  2008/04-2008/12
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
政策科学の地平を目指して
 政策科学は総合的・学際的・超領域の科学であるとともに、問題発見、問題解決という思考が求められる学問です。社会変革を展望した実践的な理念や政策技法が求められます。それは、これからも続き、自分で悩み、考えなければならないと思います。これが、「Policy Mind」だと思います。新しい地平を切り開くために、研究し、行動していきたいと思います。
■関連URL
 立命館大学 政策科学部 教員紹介 仲上健一
 仲上健一Webサイト
■電話番号
072-665-2480
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
環境技術・環境材料
社会システム工学・安全システム
地域研究
経済政策
応用経済学
交通工学・国土計画
土木環境システム
都市計画・建築計画
環境影響評価・環境政策