English
経営学部  /
経営学科

 タナカ   ツトム   (男)
 田中    力   教授
 TSUTOMU   TANAKA

■兼務所属(本学内)
OIC総合研究機構   /
イノベーション・マネジメント研究センター
■出身大学院・出身大学他
1990  京都大学大学院  農学研究科  博士課程
■所属学会
地域農林経済学会  
経済統計学会  
■研究テーマ
統計調査および統計利用に関する社会統計学的研究
■研究概要
統計調査および統計利用に関する社会統計学的研究

 社会科学研究における統計利用の基本問題を、社会統計学の視角から検討する。特に、土地・住宅・人口に関わる統計を対象に分析をすすめている。
■研究キーワード
統計学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
格差社会の統計分析  岩井浩、福島利夫、菊地進、藤江昌嗣  北海道大学出版会  187-213  2009/06  978-4-8329-6704-5
生活空間の統計指標分析  吉田忠  産業統計研究社  278-302  2002/03
国際統計協会第52回ヘルシンキ大会  経済統計学会誌「統計学」  pp. 83-85  2000/09
一覧表示...

論文
草津市環境総合調査報告書  二場邦彦, 土居靖範  立命館大学社会システム研究所  pp. 5-11  2003/03
Educational Crisis or Young People in Japanese Cities  Statistik und Planung in Grossstadt, 2000  pp. 156-165  1999/12
現代日本の住宅所有構造  『統計学』経済統計学会  62  1992
一覧表示...

研究発表等
The Situation of Families in Japan  Statistik und Planung in der Grossstadt  2003/01
The Situation of Youth and Aged people in Japan  Statistik und Planung in der Grossstadt  2001/01
Juvenile Delinquency in Japanese Cities  Conference on Regional and Urban Statistics  2000/11
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     センサスデータによる地域統計分析   -   国内   2012/09-2013/03   2012     日本 
学外研究制度   -     所得・資産格差の統計分析の方法論的基礎としてのイタリア統計学に関する研究   C   国外   2006/09-2007/03   2006     イタリア 
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  外国留学科目  講義
2016  外国留学特修科目(国際経営)  講義
2016  基礎演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
2015年度・2016年度 教養科目基本担当「統計学」  2015/04-2017/03
専門演習II、静岡大学統計学ゼミとの研究合宿。「統計データでみる衣食住」というテーマに関して、衣料、食料、都市再開発、不動産証券化をテーマに調査と統計分析に基づき班ごとに報告レポートを作成発表させた。  2010/10-
基礎専門科目「基礎統計」における演習とその添削。講義内容の理解を深めるため、10回程度、演習問題を課した。そのうち数回分については添削して返却することにより、学生の理解を深めた。  2010/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
社会統計学の視点で日本の土地問題分析
  統計学担当の田中先生は、社会統計学の見地から、統計学の方法論および統計利用の基本問題の研究を進めている。現在はとくに土地・住宅統計の分析をしています。和歌山大学経済学部(大泉英次教授ゼミ)から京都大学大学院農学研究科(吉田忠教授の下で社会統計学を学ぶ)をへて、'90年本学へ。和歌山大学の大泉教授や山田良治教授らとの共同研究で『戦後日本の土地問題』(共著・ミネルヴァ書房)に「戦後土地統計の発達」、経済統計学会の若手グループによる『統計ガイドブック』(共著・大月書店)では「土地・住宅」分野を執筆。住宅統計の分析により、優良な借家供給の困難を実証した「現代日本の住宅所有構造」(『統計学』)などを書きました。日本の土地統計を統計制度と土地問題の関連において分析した、『日本の土地統計』をまとめることが目標。'94年度は、所得分布や土地所有分布の分析手法として注目されているジニ係数の考案者、C.ジニの出身地であるイタリアに留学し、大陸派数理統計学の方法論を学びました。中世からバロックにかけての教会音楽と聖書研究が趣味。(談)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経済統計学