English
国際関係学部  /
国際関係学科

 イタキ   マサヒコ   (男)
 板木    雅彦   教授
 Masahiko   ITAKI

■兼務所属(本学内)
国際関係研究科
衣笠総合研究機構   /
国際地域研究所
■出身大学院・出身大学他
1980  京都大学  経済学部  経済政策  卒業
1984/03  京都大学大学院  経済学研究科  国際経済  博士課程後期課程  中退
■取得学位
京都大学博士(経済学) (2006/11 京都大学)  
■職歴
2000/04/01-  立命館大学国際関係学部教授
■所属学会
経済理論学会  
国際経済学会  
■研究テーマ
国際過剰資本に関する研究
弁証法と社会科学方法論の研究
対外直接投資・間接投資に関する理論研究
軌道分析と主成分分析
国際貿易理論
■研究概要
社会科学方法論と国際過剰資本の研究

 国際貿易・投資・金融3分野を包括する理論研究。現在は社会科学と方法論に関する研究を遂行中。とりわけ近年は、軌道分析と主成分分析、および国際貿易理論の研究に従事。
■研究キーワード
国際経済論、経済理論、経済政策(含経済事情)、直接投資、証券投資、多国籍企業、過剰資本、弁証法、社会科学方法論 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
プレリュード国際関係学  板木雅彦、本名純、山下範久  東信堂  2016/03  978-4-7989-1355-1
「国際過剰資本とグローバリゼーション」  田中祐二、中本悟編著  『地域共同体とグローバリゼーション』晃洋書房  267-287  2010/11
『現代世界経済をとらえるVer.5』  石田修、板木雅彦、櫻井公人、中本悟編  東洋経済新報社  2010/04
一覧表示...

論文
リカード・マルクス型貿易理論を目指して(1)
:国内経済の構造  板木雅彦  Working Paper Series, 立命館大学国際関係学部  IR2017-1  2017/09
リカード・マルクス型貿易理論を目指して(3):外国為替相場、部分特化、完全特化  板木雅彦  Working Paper Series、立命館大学国際関係学部  IR2017-3  2017/08
リカード・マルクス型貿易理論を目指して(2):比較優位・劣位と分配  板木雅彦  Working Paper Series、立命館大学国際関係学部  IR2017-2  2017/08
一覧表示...

研究発表等
リカード・マルクス型貿易理論を目指して  日本国際経済学会2017年度全国大会  2017/10/21
軌道分析と主成分分析からみた20世紀世界貿易の変遷とその今日的意味  日本国際経済学会第73回全国大会  2014/10/25
軌道分析の応用による世界金利体系の析出  日本国際経済学会2014年春季大会  2014/06/07
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     国際過剰資本の観点からする世界経済危機の研究   -   国内   2013/04-2014/03   2013     日本 
一覧表示...

受賞学術賞
日本国際経済学会  小島清研究奨励賞  2008/10
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  Advanced Seminar  演習
2017  IR-GR301 専門演習  演習
2017  IR-GR401 卒業論文  演習
一覧表示...

教育活動
国際貿易を通して国際関係をみてみよう  2014/08-2014/08
就職活動に関して合宿を行い、卒業生にも協力してもらいながら、職業意識の涵養に努めている。  2000/03-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
社会科学方法論と国際過剰資本の研究
  「高校時代、歴史を動かしている根本は経済だから、経済史をやれと先生に言われたのが経済学への動機となった」と語る板木先生の専攻分野は国際経済論。現在、国際貿易・投資・金融の理論研究を続けています。「一つの国の中での相対的な生産力の格差で競争力が決まる国際貿易の原理を比較優位原理といいます。この原理が国際投資や金融の超過利潤を生み出す源にもなっているのではないでしょうか」と説明。アダム・スミス、リカードの古典経済学に始まり、近代経済学のヘクシャーやオーリンまで理論を再検討した論文などを書きました。'80年、京大経済学部を卒業、大学院へ。小野一一郎教授につき世界経済論を専攻、韓国繊維産業の戦後の発展を研究しました。京大経研助手を経て、'90年本学へ。河内長野市から片道3 時間の電車の中が勉強室。「特技は研究、趣味は教育」と笑います。(談)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経済理論
経済政策(含経済事情)