English
経済学部  /
経済学科

 グレーヴェ   グドウルン   (女)
 GRAEWE    GUDRUN   教授
 GUDRUN   GRAEWE

■出身大学院・出身大学他
1990  チュービンゲン大学大学院  日本文化中国文化  博士課程前期課程
■取得学位
修士  
■所属学会
日本独文学会  
■研究テーマ
近代現代日本文化における「キッチュ」-可愛らしさの美学-
徳川儒学思想と外国-日本文化の多元化-
■研究概要
現代日本の若者文化とドイツ語教育について

 現在の具体的な研究対象として日本独自の伝統の一つである「応援団」やドイツ語教育における理論と現状に関する問題などを扱っている。
■研究キーワード
比較文化論, 日本近世思想史、外国語教授法 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
新世紀における言語の役割  経済学部同窓会ホームページ「あすへの話題」  2001
Bob Tadashi Wakabayashi : Japanese Loyalism Reconstrued, Yamagata Daini's Ryushi Shinron of 1759  Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung (iudicium)  Band 22  1998
Deutsches Institut für Japanstudien (Hrsg.): Japanstudien, Jahrbuch des Deutschen Instituts fur Japanstudien der Philipp-Franz-von Siebold-Stiftung, Band 8  Asiatische Studien Etudes Asiatiques, Zeitschrift der Schweizerischen Asiengesellschaft (Peter Lang)  LI・1・1997,pp.461-467  1997
一覧表示...

論文
外国語教育における異文化学習  立命館経営学  52/ 4・5  2014/01
"Tofu in heisser Bruehe (Yudofu)" von Izumi Kyoka  En(縁) - Nexus, Japanische Episoden uebersetzt fuer die Oekumene, Klaus Kracht zu Ehren aus Anlass seiner Emeritierung,
Veroeffentlichungen des Ostasien-Instituts der Ruhr-Universitaet Bochum  64, 185-190  2013
英語の優勢について  立命館法学 別冊 ことばとそのひろがり(5)- 竹治進教授退職記念論集 -  87-118  2013/03
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     日本文化における「声」   -   国内   2016/04-2016/09   2016     日本 
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  (副)ドイツ語コミュニケーションⅠ  講義
2017  (副)ドイツ語コミュニケーションⅡ  講義
2017  ドイツ語・基礎2  講義
一覧表示...

教育活動
科目「ドイツ語・基礎2」において、コミュニケーションペーパーを配布し、学生からの授業の感想・要望を聴取し、授業改善を行った。  1998/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
外国語教授法と比較文化論
  ドイツ語担当のグレーヴェ先生は、'90年にチュービンゲン大学日本文化・中国文化の修士課程を修了。続いて進んだ日本文化学博士課程在学中の'91年、「博士論文を書く前にもっといろんな勉強がしたくなって」本学の講師募集に応募、採用が決まってそのまま日本へ。幼い頃から漢字に興味をもち、それが東洋、やがては日本の文化文学に向けられることに。専門は近世思想史。「中国から入ってきたいろんな思想を鎖国の江戸時代の人がいかに採り入れたかが面白い」と語ります。修士論文のテーマは山県大弐の『柳子新論』で、日本に来てから、「山県大弐の社会観について」という論文を書いた。大弐は江戸中期の儒学者で尊皇論者。日本でも知る人の少ない彼を選んだのは「あまり知られていない人を紹介したかったから」。最近では現代日本の文化についても興味を持ち研究を進めています。また、ドイツ語教育に関する論文、「外国語の授業における相互作用」も書きました。阿部昭『司令の休暇』を翻訳、教科書も共著で作成。趣味はハイキングや書道のほか多彩。(談)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
思想史