English
経営学部  /
経営学科

 コウサカ   キョウコ   (女)
 高坂    京子   教授
 KYOKO   KOSAKA

■職歴
2001/04/01-  立命館大学教授
■委員歴
2003/06-2008/06  日本比較文化学会 理事
2006/06-  表現学会 理事
■所属学会
表現学会  
大学英語教育学会  
日本比較文化学会  
International Pragmatics Association  
日本語用論学会  
■免許・資格
文部省認定実用英語技能検定試験1級  (1977)    運輸省通訳案内業(英語)免許取得  (1978)    文部省認定実用英語技能検定試験面接担当試験委員  (1983)   
■研究テーマ
英語の冠詞についての意味論的・語用論的研究
照応表現と文の情報構造についての認知言語学的研究
日英語の指示詞についての対照言語学的研究
海外の外国語教育の現状と教育政策
モチベーションを維持し高める言語教育カリキュラム
英国の文化とパブサイン
■研究概要
言語における情報伝達と認知のメカニズムについての研究

 従来の形式主義的な文法の枠組みでは捉えきれない諸現象(例えば照応)を、語用論や談話文法、認知言語学などの新しい視点を取り入れ、実証的に分析する。
■研究キーワード
英語学, 言語学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『ことばとの対話―理論・記述・言語教育―』(II 特別寄稿「動機づけを高め維持する英語教育のしくみ」を担当)  藤岡克則・北林利治・長谷部陽一郎編  英宝社  91-103  2019/02  978-4-269-61033-0
英語学パースペクティブ  龍城正明(編)、中井悟、高坂京子、菊田千春、菅原真理子  南雲堂  39-93  2015/11  978-4-523-30075-5
Target on Business and the TOEICⓇ Test Vocabulary  塩見佳代子、吉田秀生、高坂京子、林 正人、上條 武、リチャード・シルバー、オリバー・ローズ、ジェレミー・ホワイト、アロン・キャンベル  成美堂  2015/01  978-4-7919-3386-0
一覧表示...

論文
グローバル人材を育てる英語教育の取り組み―立命館大学経営学部の新英語カリキュラムをめぐって―  高坂京子  立命館高等教育研究  第15号  2015/03
冠詞が映し出す英語の世界―定冠詞・不定冠詞・無冠詞が表すもの―  高坂京子  表現研究  第98号  2013/10  0285-8347
表現学関連分野の研究動向―言語学―  高坂京子  表現研究  第97号  2013/03
一覧表示...

研究発表等
オランダの外国語教育からの示唆(シンポジウム「国際的にみた日本の外国語教育への提言―EUの教育政策から考える―」)  大学英語教育学会(JACET)関西支部 2018 年度第 2 回支部講演会  2018/10/13
A semantic and pragmatic analysis of English articles from the perspective of second language acquisition  20th International Congress of Linguists (ICL20)  2018/07/02
これからの大学英語教育―立命館大学経営学部の取り組みを一例として―  同志社ことばの会 2017年度年次大会  2018/02/11
一覧表示...

その他研究活動
石黒昭博先生の思い出  『L.L.L.』No.144(同志社大学英文学会機関誌)  2014/03/15-2014/03/15
グローバル人材と英語教育―経営学部における英語教育の取り組み―  立命館大学言語教育企画課研修会  2013/09/13-2013/09/13
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  Business EnglishA1  講義
2017  Business EnglishA2  講義
2017  Comparative Culture  講義
一覧表示...

教育活動
Colombia Workshop:クラスにコロンビアからの留学生を招き、プレゼンテーションやディスカッションなどを通して異文化理解を深める。  2016/06-2017/12
共同執筆したビジネス語彙集「Target on Business and the TOEICⓇ Test Vocabulary」(成美堂、2015)をBusiness English A に導入し、定期的に小テストを課して学生の語彙力増強をはかる。  2015/04-
経営学関係の英語語彙を集めた「Core English Vocabulary for Business」(成美堂、2009)を共同で編纂し、英語R2~R4の授業のリーディング指導に導入、ビジネス関係の語彙力増強をはかる。  2009/04-2015/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
認知言語学など新しい視点で言語現象分析
  英語学が専門分野の高坂先生は、形式主義的な文法で捉えきれない指示や照応にかかわる諸現象を、認知言語学、談話文法、語用論などの新しい視点を取り入れて研究中です。「冠詞ならa houseの屋根がthe roofと定冠詞で示されるような問題です」と説明、照応の理解には推論・連想などを含む人間の認知プロセスが反映されている点に注目しています。言語学を学び、'92年本学へ。『現代言語学序説』(共著・山口書店)、『現代英語学要説』(共著・南雲堂)などを執筆。'97~'98年と'03~'04年には客員研究員として英国のオックスフォード大学に、'15年には客員教授としてカナダのブリティッシュ・コロンビア大学に滞在しました。冠詞の定・不定の特性や、連想照応の定冠詞theの用法、指示詞の日英語比較などの研究を続けています。「照応の問題は文文法と談話文法のかけはしになる重要なテーマと思う」と指摘、「言語の情報伝達の仕組みを英、日両語について考え、それを英語教育にも応用したい」と語ります。また、イギリスの文化にも興味をもち、とくにパブサインに現れるイギリス文化を研究しています。さらに、海外の外国語教育についても関心が深く、学会の研究会に所属し、調査を進めています。趣味は旅行、観劇、美術鑑賞、ヨガ、山歩き。(談)
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
言語学・音声学
英語・英米文学