日本語
College of Sport and Health Science  /
Department of Sport and Health Science

 (Male)
 Tadao   ISAKA  Professor

■Concurrent affiliation
Research Organization of Science and Technology   /
Research Center for Sport and Health Science
Research Organization of Science and Technology   /
Advanced Robotics Research Center
Graduate School of Science and Engineering
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Research Center for Innovation Management
Research Organization of Science and Technology   /
The Bio Medical Devices Center
Graduate School of Sport and Health Science
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Research Center for Medical and Healthcare Management
■Graduate school/University/other
1985  Ritsumeikan University  Faculty of Social Science  Social Sciences
1987  Nippon Sport Science University  "Graduate School, Division of Physical Recreation"  Physical Education  Doctoral course first term (Master's)
■Academic degrees
Master of Physical Education (03/1987 Nippon Sport Science University)   Doctor of Engineering (07/1999 Ritsumeikan University)  
■Career history
04/01/1987-03/31/1990  日本体育大学体育研究所・助手
04/01/1990-03/31/1991  日本体育大学体育専攻科・非常勤助手
04/01/1991-03/31/1992  日本体育大学・非常勤講師
04/01/1992-03/31/2003  立命館大学理工学部・助教授
04/01/1995-03/31/1996  ジョージア工科大学・客員研究員 [国外]
04/01/2003-03/31/2010  立命館大学理工学部・教授
09/01/2004-09/30/2005  テキサス大学・客員研究員 [国外]
04/01/2006-03/31/2009  立命館大学総合理工学研究機構・副機構長
06/01/2008-03/31/2010  立命館大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学研究科設置委員会・事務局長
04/01/2010-03/31/2016  立命館大学スポーツ健康科学部・副学部長
04/01/2010-  立命館大学スポーツ健康科学部・教授
04/01/2016-12/31/2018  立命館大学スポーツ健康科学部長・大学院スポーツ健康科学研究科長
01/01/2019-  立命館学園副総長 立命館大学副学長 
■Committee history
04/1993-  (社)日本ウエイトリフティング協会 スポーツ医科学委員会委員
04/2002-03/2012  滋賀県体育協会理事
04/2002-  財)日本オリンピック委員会強化スタッフ
06/2004-  特定非営利活動法人びわ湖健康・福祉コンソーシアム 理事
04/2006-  滋賀県立草津東高等学校 学校評議員
02/2007-  YMFSスポーツチャレンジ助成審査委員
04/2007-  特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会 参与
11/2007-  日本トレーニング科学会 理事
04/2009-  財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団理事
09/2009-  日本体力医学会評議員
06/2010-  京都府競技力向上対策本部 ジュニア選手育成専門部会 委員
04/2001-03/2005  滋賀県障害者スポーツ協会 競技力向上委員
04/2000-03/2002  京都体育学会監事
04/2002-03/2009  京都体育学会理事
06/2002-05/2011  滋賀県体育協会スポーツ科学委員会委員
06/2003-08/2004  2009年第7回ワールドマスターズゲームズ招致委員会委員
10/2005-02/2007  第19回日本トレーニング科学会 大会事務局長
06/2006-05/2010  草津市教育委員会 草津市社会教育委員
10/2006-12/2007  滋賀県地域結集型共同研究事業研究交流促進会議委員
06/2007-03/2009  健康もりやま21推進協議会委員
11/2007-03/2010  トレーニング科学 編集委員長
02/2007-03/2009  財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団評議員
12/2007-11/2009  日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
■Academic society memberships
The Robotics Society of Japan  
The Japan Society of Mechanical Engineers  
"Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences"  
American College of Sports Medicine  
Japan Society of Physical Fitness and Sports Medicine  
International Society of Biomechanics  
Japanese Sciety of Biomechanics  
Japan Society of Training Science for Exercise and Sport  
■Licenses and qualifications
障害者スポーツ指導者協議会・中級スポーツ指導員  (1999)    日本トレーニング指導者協会認定 上級トレーニング指導者  (2007)    健康運動指導士  (2009)   
■Subject of research
Study on Muscle Strength and power of Human performance
Evaluation of Joint Torque Shown in Daily Motion/Work
Kinetic/Kinematic ‎Analysis of Sports Motion
■Research summary
Sports bio-mechanics, motion analysis

 The motion of humans seen during sports activities and daily life is analyzed from mechanics and physiological point of view, for application in improving competitiveness and for daily activity support.
■Research keywords
Sports Biomechanics, Sports Training 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
身体運動とロボティクス (ロボティクスシリーズ18)  川村貞夫(編著)、小澤隆太ら6名との共著  コロナ社  76-87  05/2019  978-4-339-04529-1
Achilles Tendon and Ankle Injuries: Chapter 2 Evaluation of achilles tendon length changes in human  共著(Arthur Adams ら11名と共著)
Chapter2 Atsuki Fukutani, Akinori Nagano, and Tadao Isaka  Nova Science Publishers, Inc.  2015  978-1-63483484-1
スポーツアナトミー 人体解剖生理学  塩田清二,竹ノ谷文子 編、岡尻貞三,伊坂忠夫他  丸善  2014
View details...

Papers
Bilateral differences in the trunk muscle volume of skilled golfers  Yoka Izumoto, Toshiyuki Kurihara ,Tadashi Suga, Tadao Isaka  PLoS ONE  14/ 4, e0214752  04/2019  10.1371/journal.pone.0214752
短距離走のスタ ー トにおける反応時間  大塚光雄, 栗原俊之, 伊坂忠夫  バイオメカニクス研究  22/ 4, 184-190  03/2019
Intra-athlete and inter-group comparisons: Running pace and step characteristics of elite athletes in the 400-m hurdles  Mitsuo Otsuka, Tadao Isaka  PLoS ONE  14/ 3, e0204185  03/2019  10.1371/journal.pone.0204185
View details...

Research presentations
EXTERNAL MOMENT AROUND THE CENTRE OF MASS DURING GOLF SWING IN DIFFERENT WEIGHT TRANSFER STRATEGIES  ISBS2018  09/13/2018
THE EFFECT OF HIP JOINT MUSCLE STRENGTH AND SIZE ON HIP JOINT ANGULAR VELOCITY DURING 110 M HURDLING MOTION  ISBS2018  09/12/2018
Relationship between bilateral asymmetry of the trunk muscle volume and club head speed in collegiate golfers  8th World Congress of Biomechanics  07/11/2018
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
身体のミクロからマクロの世界へ~最先端研究に触れ自らの身体を深く理解しよう~  独立行政法人日本学術振興会 平成22年度 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~  2011  2011  Main representative
立命館大学 スポーツ健康科学の最先端研究に触れてみよう!  独立行政法人日本学術振興会 平成22年度 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~  2010  2010  Main representative
滋賀県提案公募型産学官新技術開発事業「IT活用型健康サポートサービスシステムの開発」  滋賀県産業支援プラザ  2008  2008  Main representative
View details...

Achievements of joint / funded research
「ヒト歩行メカニズムに関する研究」  06/2013-12/2014  Commisioned research  Main representative
「機能性ソックスの開発」  04/2011-03/2012  Technical advice  Main representative
「下肢・間接障害のメカニズム解明のための技術指導」  04/2011-03/2012  Technical advice  Main representative
View details...

Academic awards
 第27回日本トレーニング科学会大会 「トレーニング科学研究賞奨励賞」  11/2014
日本学術振興会  平成26年度ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞  05/2014
日本トレーニング指導者協会  第6回日本トレーニング指導者協会指導者研修・交流会 第1回研究・実践発表 優秀研究賞  12/2011
View details...

Intellectual property rights
下肢トレーニング装置  特願2015-088321  2016-202612   日本国
身体動作の練習支援システム  特願2014-174021  特開2016-47219  日本国
トレーニング装置  特願2009-112343  特開2010-259607  日本国
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Research in Sport and Health Science I  Seminar
2017  Research in Sport and Health Science II  Seminar
2017  Seminar in Sport and Exercise ScienceⅠ  Seminar
View details...

Teaching achievements
専門科目「スポーツバイオメカニクス論」にて、毎回、コミュニケーションペーパーを利用し、授業評価、感想、コメントを聴取して、授業改善に活用。  04/2012-09/2015
基礎専門科目・基盤科目「基礎機能解剖論」にて、配布ならびに映像資料にて講義・演習を行い、独自の小テストを複数回実施。  04/2011-03/2015
スポーツ健康科学特殊講義Ⅱ(2回生)にて、ゲスト講師のキャリアを参照にして、自らのキャリアを考える授業を展開。3回生からの専門演習での学び、卒業後のキャリアを見据える授業を実施。  04/2011-09/2013
View details...
■Message from researcher
スポーツバイオメカニクスとその応用
  「ウェイトリフティングでバーベルを持ち上げるとき、足元から一直線上に持ち上げることはしません。」と話す伊坂先生は、一流選手の動作を力学的ならびに生理学的観点から分析するスポーツバイオメカニクス分野で研究活動をされています。「これらのデータはウェイトリフターに還元されるだけでなく、日常生活での安全な持ち上げ方を提案するための基礎データとしても役立てられています。」と一般生活分野への応用も説明します。立命館中・高校から1985年産業社会学部卒業の立命館育ち。運動歴は中学で陸上ホッケー、高校、大学は陸上部(投擲専門)。大学卒業後、日体大大学院でスポーツ科学を学び、同大学助手から'92年母校へ。身体動作学の石井喜八教授に師事し、動作の数量化やその応用を研究しました。同教授に同行し、中国・韓国両国でスポーツタレント発掘法の調査をしたのも貴重な体験です。「愛する立命のため魅力ある学生づくりに貢献したい」と情熱を燃やす。男子陸上競技部部長。(談)
■URL
 Tadao Isaka Lab
 Faculty of Sport and Health Science
 Integrated Research of Sports and Health Innovations
 Blog of sport and health science
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Sports Science