English
スポーツ健康科学部  /
スポーツ健康科学科

 イサカ   タダオ   (男)
 伊坂    忠夫   教授
 Tadao   ISAKA

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
スポーツ健康科学研究センター
総合科学技術研究機構   /
先端ロボティクス研究センター
理工学研究科
OIC総合研究機構   /
イノベーション・マネジメント研究センター
総合科学技術研究機構   /
バイオメディカルデバイス研究センター
スポーツ健康科学研究科
OIC総合研究機構   /
医療経営研究センター
■出身大学院・出身大学他
1985  立命館大学  産業社会学部  産業社会
1987  日本体育大学大学院  体育学研究科  体育学  博士課程前期課程
■取得学位
体育学修士 (1987/03 日本体育大学大学院)   博士(工学) (1999/07 立命館大学)  
■職歴
1987/04/01-1990/03/31  日本体育大学体育研究所・助手
1990/04/01-1991/03/31  日本体育大学体育専攻科・非常勤助手
1991/04/01-1992/03/31  日本体育大学・非常勤講師
1992/04/01-2003/03/31  立命館大学理工学部・助教授
1995/04/01-1996/03/31  ジョージア工科大学・客員研究員 [国外]
2003/04/01-2010/03/31  立命館大学理工学部・教授
2004/09/01-2005/09/30  テキサス大学・客員研究員 [国外]
2006/04/01-2009/03/31  立命館大学総合理工学研究機構・副機構長
2008/06/01-2010/03/31  立命館大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学研究科設置委員会・事務局長
2010/04/01-2016/03/31  立命館大学スポーツ健康科学部・副学部長
2010/04/01-  立命館大学スポーツ健康科学部・教授
2016/04/01-  立命館大学スポーツ健康科学部長・大学院スポーツ健康科学研究科長
■委員歴
1993/04-  (社)日本ウエイトリフティング協会 スポーツ医科学委員会委員
2002/04-2012/03  滋賀県体育協会理事
2002/04-  財)日本オリンピック委員会強化スタッフ
2004/06-  特定非営利活動法人びわ湖健康・福祉コンソーシアム 理事
2006/04-  滋賀県立草津東高等学校 学校評議員
2007/02-  YMFSスポーツチャレンジ助成審査委員
2007/04-  特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会 参与
2007/11-  日本トレーニング科学会 理事
2009/04-  財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団理事
2009/09-  日本体力医学会評議員
2010/06-  京都府競技力向上対策本部 ジュニア選手育成専門部会 委員
2001/04-2005/03  滋賀県障害者スポーツ協会 競技力向上委員
2000/04-2002/03  京都体育学会監事
2002/04-2009/03  京都体育学会理事
2002/06-2011/05  滋賀県体育協会スポーツ科学委員会委員
2003/06-2004/08  2009年第7回ワールドマスターズゲームズ招致委員会委員
2005/10-2007/02  第19回日本トレーニング科学会 大会事務局長
2006/06-2010/05  草津市教育委員会 草津市社会教育委員
2006/10-2007/12  滋賀県地域結集型共同研究事業研究交流促進会議委員
2007/06-2009/03  健康もりやま21推進協議会委員
2007/11-2010/03  トレーニング科学 編集委員長
2007/02-2009/03  財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団評議員
2007/12-2009/11  日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
■所属学会
日本ロボット学会  
日本機械学会  
日本体育学会  
アメリカスポーツ医学会  
日本体力医学会  
国際バイオメカニクス学会  
日本バイオメカニクス学会  
日本トレーニング科学会  
■免許・資格
障害者スポーツ指導者協議会・中級スポーツ指導員  (1999)    日本トレーニング指導者協会認定 上級トレーニング指導者  (2007)    健康運動指導士  (2009)   
■研究テーマ
筋力発揮ならびに動作パワーに関する研究
日常動作・作業中に発揮される関節トルクの評価
スポーツ動作の運動学的・運動力学的解析
■研究概要
スポーツバイオメカニクス、動作解析

 スポーツ活動中ならびに日常生活でみられるヒトの動きを力学的および生理学的観点から解析し、競技力向上と日常活動支援へ応用する。
■研究キーワード
身体動作学, スポーツバイオメカニクス,スポーツトレーニング 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Achilles Tendon and Ankle Injuries: Chapter 2 Evaluation of achilles tendon length changes in human  共著(Arthur Adams ら11名と共著)
Chapter2 Atsuki Fukutani, Akinori Nagano, and Tadao Isaka  Nova Science Publishers, Inc.  2015  978-1-63483484-1
スポーツアナトミー 人体解剖生理学  塩田清二,竹ノ谷文子 編、岡尻貞三,伊坂忠夫他  丸善  2014
スポーツ運動科学-バイオメカニクスと生理学- (第39章パワーリフティング,ウェイトリフティング運動のバイオメカニクス)  総監訳:宮永豊,監訳:阿江通良,河野一郎,髙松薫,徳山薫平  西村書店  501-529  2010
一覧表示...

論文
Effect of Exercise Intensity and Duration on Postexercise Executive Function  HAYATO TSUKAMOTO,SAKI TAKENAKA,TADASHI SUGA,DAICHI TANAKA,TATSUYA TAKEUCHI,TAKAFUMI HAMAOKA,TADAO ISAKA,and TAKESHI HASHIMOTO  Med Sci Sports Exerc  49/ 4, 774-784  2017/04  10.1249/MSS.0000000000001155
Force Depression in Plantar Flexors Exists Equally in Plantar Flexed and Dorsiflexed Regions  Atsuki Fukutani, Jun Misaki & Tadao Isaka  Frontiers in Physiology  8/ 183, 1-7  2017/03  10.3389/fphys.2017.00183
Relationship between joint torque and muscle fascicle shortening at various joint angles and intensities in the plantar flexors  Atsuki Fukutani, Jun Misaki & Tadao Isaka  Scientifc Reports  7/ 290, 1-6  2017/03  10.1038/s41598-017-00485-1
一覧表示...

研究発表等
Quantitative analysis and visualization of trunk deformation during running  The British Association of Sport and Exercise Sciences Conference 2016  2016/11/29
Morphological characteristics of the psoas major muscle of 110-m hurdlers  The British Association of Sport and Exercise Sciences Conference 2016  2016/11/28
Hitting Kinematics for Precise Ball-Bat Contact in Collegiate Baseball Hitters  icSPORTS 2016  2016/11/08
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
身体のミクロからマクロの世界へ~最先端研究に触れ自らの身体を深く理解しよう~  独立行政法人日本学術振興会 平成22年度 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~  2011  2011  代表
立命館大学 スポーツ健康科学の最先端研究に触れてみよう!  独立行政法人日本学術振興会 平成22年度 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~  2010  2010  代表
滋賀県提案公募型産学官新技術開発事業「IT活用型健康サポートサービスシステムの開発」  滋賀県産業支援プラザ  2008  2008  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
「ヒト歩行メカニズムに関する研究」  2013/06-2014/12  受託研究  代表
「機能性ソックスの開発」  2011/04-2012/03  技術指導  代表
「下肢・間接障害のメカニズム解明のための技術指導」  2011/04-2012/03  技術指導  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     多角的・次世代型スポーツ科学解析から捉えたランニングパフォーマンスの決定因子   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,000,000   
研究推進プログラム   基盤研究     スプリント走加速区間において腕振り動作は直接的に疾走速度の増加をさせるか   代表   -   2014/04-2015/03   2014   500,000   
R-GIRO研究プログラム   特定領域型R-GIRO研究プログラム     統合型スポーツ健康イノベーション研究   代表   国内   2013/04-2014/03   2013   5,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 第27回日本トレーニング科学会大会 「トレーニング科学研究賞奨励賞」  2014/11
日本学術振興会  平成26年度ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞  2014/05
日本トレーニング指導者協会  第6回日本トレーニング指導者協会指導者研修・交流会 第1回研究・実践発表 優秀研究賞  2011/12
一覧表示...

知的財産権
下肢トレーニング装置  特願2015-088321  2016-202612   日本国
身体動作の練習支援システム  特願2014-174021  特開2016-47219  日本国
トレーニング装置  特願2009-112343  特開2010-259607  日本国
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  スポーツ科学特殊講義  講義
2016  スポーツ健康科学キャリアプロジェクト  講義
2016  スポーツ健康科学セミナーⅠ  講義
一覧表示...

教育活動
専門科目「スポーツバイオメカニクス論」にて、毎回、コミュニケーションペーパーを利用し、授業評価、感想、コメントを聴取して、授業改善に活用。  2012/04-2015/09
基礎専門科目・基盤科目「基礎機能解剖論」にて、配布ならびに映像資料にて講義・演習を行い、独自の小テストを複数回実施。  2011/04-2015/03
スポーツ健康科学特殊講義Ⅱ(2回生)にて、ゲスト講師のキャリアを参照にして、自らのキャリアを考える授業を展開。3回生からの専門演習での学び、卒業後のキャリアを見据える授業を実施。  2011/04-2013/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
スポーツバイオメカニクスとその応用
  「ウェイトリフティングでバーベルを持ち上げるとき、足元から一直線上に持ち上げることはしません。」と話す伊坂先生は、一流選手の動作を力学的ならびに生理学的観点から分析するスポーツバイオメカニクス分野で研究活動をされています。「これらのデータはウェイトリフターに還元されるだけでなく、日常生活での安全な持ち上げ方を提案するための基礎データとしても役立てられています。」と一般生活分野への応用も説明します。立命館中・高校から1985年産業社会学部卒業の立命館育ち。運動歴は中学で陸上ホッケー、高校、大学は陸上部(投擲専門)。大学卒業後、日体大大学院でスポーツ科学を学び、同大学助手から'92年母校へ。身体動作学の石井喜八教授に師事し、動作の数量化やその応用を研究しました。同教授に同行し、中国・韓国両国でスポーツタレント発掘法の調査をしたのも貴重な体験です。「愛する立命のため魅力ある学生づくりに貢献したい」と情熱を燃やす。男子陸上競技部部長。(談)
■関連URL
 伊坂 忠夫研究室
 立命館大学スポーツ健康科学部
 統合型スポーツ健康イノベーション研究
 あいコアの星
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
スポーツ科学