論文
公開件数:181件
No. 発表論文の標題 著者名等 掲載誌名 巻/号,頁 出版年月 ISSN DOI URL
1 ACL再建術後および半月板部分切除術後の心理・栄養学的変化について
和智道生,亀井誠生,福原祐介,今川新悟,高村裕介,伊坂忠夫
京都滋賀体育学研究
33, 1-7
2017



2 An acute bout of localized resistance exercise can rapidly improve inhibitory control
Hayato Tsukamoto, Tadashi Suga, Saki Takenaka, Tatsuya Takeuchi, Daichi Tanaka, Takafumi Hamaoka, Takeshi Hashimoto, Tadao Isaka
PLOS ONE
12/ 9, e0184075
2017/09

org/10.1371/journal.pone.0184075

3 Quantitative assessment of trunk deformation during running
Kudo, S., Fujimoto, M., Isaka, T., Nagano, A.
Journal of Biomechanics
5/ 59, 116-121
2017/07

10.1016/j.jbiomech.2017.04.019

4 Timing of gun fire influences sprinters’ multiple joint reaction times of whole body in block start
Mitsuo Otsuka, Toshiyuki Kurihara, Tadao ISAKA
Frontiers in Psychology
8/ 810, 1-9
2017/05

10.3389/fpsyg.2017.00810

5 Effect of Exercise Intensity and Duration on Postexercise Executive Function
HAYATO TSUKAMOTO,SAKI TAKENAKA,TADASHI SUGA,DAICHI TANAKA,TATSUYA TAKEUCHI,TAKAFUMI HAMAOKA,TADAO ISAKA,and TAKESHI HASHIMOTO
Med Sci Sports Exerc
49/ 4, 774-784
2017/04

10.1249/MSS.0000000000001155

6 The knee extensor moment arm is associated with performance in male sprinters
Miyake, Y., Suga, T., Otsuka, M., Tanaka, T., Misaki, J., Kudo, S., Nagano, A., Isaka, T.
European Journal of Applied Physiology
117/ 3, 533-539
2017/03

10.1007/s00421-017-3557-5

7 Force Depression in Plantar Flexors Exists Equally in Plantar Flexed and Dorsiflexed Regions
Atsuki Fukutani, Jun Misaki & Tadao Isaka
Frontiers in Physiology
8/ 183, 1-7
2017/03

10.3389/fphys.2017.00183

8 Relationship between joint torque and muscle fascicle shortening at various joint angles and intensities in the plantar flexors
Atsuki Fukutani, Jun Misaki & Tadao Isaka
Scientifc Reports
7/ 290, 1-6
2017/03

10.1038/s41598-017-00485-1

9 Relationship between the length of the forefoot bones and performance in male sprinters
Tanaka, T., Suga, T., Ohtsuka, M., Misaki, J., Miyake, Y., Kudo, S., Nagano, A., Isaka, T.
Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports

2017/02

10.1111/sms.12857

10 Applicability of ultrasonography for evaluating trunk muscle size: a pilot study
Michio Wachi, Tadashi Suga, Takatoshi Higuchi, Jun Misaki, Ryo Tsuchikane, Daichi Tanaka, Yuto Miyake, Tadao Isaka
The Journal of Physical Therapy Science
29, 245-249
2017/02

10.1589/jpts.29.245

11 Both the elongation of attached crossbridges and residual force enhancement contribute to joint torque enhancement by the stretch-shortening cycle.
Atsuki Fukutani, Jun Misaki and Tadao Isaka
Royal Society Open Science
4, 161036
2017/02

10.1098/rsos.161036

12 学校体育におけるハードル走
大塚光雄,阿久津千尋,大友智,伊坂忠夫,栗原俊之,伊藤章
バイオメカニクス研究
20/ 1, 25-30
2016



13 Relationship between lateral differences in the cross-sectional area of the psoas muscle and curve running time
Nobuaki Tottori,Toshiyuki Kurihara,Mitsuo Otsuka and TadaoIsaka
Journal of Physiological Anthropology
35/ 3
2016

10.1186/s40101-016-0086-6

14 Greater impact of acute high-intensity interval exercise on post-exercise executive function compared to moderate-intensity continuous exercise
Tsukamoto H, Suga T, Takenaka S, Tanaka D, Takeuchi T, Hamaoka T, Isaka T, Hashimoto T
Physiology & Behavior
155, 224-230
2016

10.1016/j.physbeh.2015.12.021

15 バスケットボールにおけるシューティング角度がボール到達位置に及ぼす影響
栗原俊之,功刀銀馬,伊坂忠夫
バスケットボール研究
2, 23-31
2016/11



16 Ischemic preconditioning enhances muscle endurance during sustained isometric exercise
D. Tanaka, T. Suga1, T. Tanaka, K. Kido, T. Honjo, S. Fujita, T. Hamaoka, T. Isaka
International Journal of Sports Medicine
37/ (8), 614-618
2016/08

10.1055/s-0035-1565141

17 Effect of Preactivation on Torque Enhancement by the Stretch-Shortening Cycle in Knee Extensors
Atsuki Fukutani, Jun Misaki and Tadao Isaka
PLOS ONE
11/ 7, e0159058
2016/07

10.1371/journal.pone.0159058

18 Influence of preactivation on fascicle behavior during eccentric contraction
Atsuki Fukutani, Jun Misaki and Tadao Isaka
Springer Plus
5, 760
2016/06

10.1186/s40064-016-2550-5

19 Repeated high-intensity interval exercise shortens the positive effect on executive function during post-exercise recovery in healthy young males
Tsukamoto H, Suga T, Takenaka S, Tanaka D, Takeuchi T, Hamaoka T, Isaka T, Ogoh S, Hashimoto T
Physiology & Behavior
160, 06
2016/06

10.1016/j.physbeh.2016.03.029

20 Scapula behavior associates with fast sprinting in first accelerated running
Mitsuo Otsuka, Taisuke Ito, Toyoyuki Honjo and Tadao Isaka
Springer Plus
5/ 682
2016/05

10.1186/s40064-016-2291-5

21 Acute Response of Well-Trained Sprinters to a 100-m Race: Higher Sprinting Velocity Achieved with Increased Step Rate Compared to Speed Training
Otsuka M., Kawahara T., Isaka T.
Journal of Strength and Conditioning Research
30/ 3, 635-642
2016/03

10.1055/s-0035-1565141

22 Contribution of Visual Information about Ball Trajectory to Baseball Hitting Accuracy
Takatoshi Higuchi, Tomoyuki Nagami, Hiroki Nakata, Masakazu Watanabe,Tadao Isaka, Kazuyuki Kanosue
PLOS ONE
11/ 2, e0148498
2016/02

10.1371/journal.pone.0148498

23 高校生野球選手における回旋腱板筋トレーニングの実施状況
小嶋高広,栗原俊之,山浦一保,和智道生、金沢伸彦,伊坂忠夫
トレーニング科学
27/ (1), 11-24
2016/01



24 Influence of joint angular velocity on electrically evoked concentric force potentiation induced by stretch-shortening cycle in young adults
Atsuki Fukutani,Toshiyuki Kurihara and Tadao Isaka
Springer Plus
4, 82
2015
2193-1801
10.1186/s40064-015-0875-0

25 Effect of a Wide Stance on Block Start Performance in Sprint Running
Otsuka M., Kawahara T., Isaka T.
PLoS ONE
10/ 11, e0142230
2015/11

10.1371/journal.pone.0142230

26 Mutual and asynchronous anticipation and action in sports as globally competitive and locally coordinative dynamics
KEISUKE FUJII, TADAO ISAKA, MOTOKI KOUZAKI, YUJI YAMAMOTO
Scientific Reports
5/ 82, 16140
2015/11

10.1038/srep16140

27 Teaching material based on biomechanical evidence: the ‘high-jump hurdles’ for improving fundamental motor skills
Otsuka M., Otomo S., Isaka T., Kurihara T., Akutsu C.
Biomedical Human Kinetics
7, 147-155
2015/11

10.1515/bhk-2015-0022

28 Toe flexor strength and lower-limb physical performance in adolescent
Otsuka Mitsuo, Yamauchi Junichiro, Kurihara Toshiyuki, Morita Nobuteru, Isaka Tadao
Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche
174/ 7-8, 307-313
2015/09
2193-1801


29 Subject-specific hip geometry affects the relationship between three dimensional muscle-tendon lengths of hip flexor muscles and hip joint angles
Kurihara Toshiyuki, Jiroumaru Takumi, Isaka Tadao
eProceedings of Life Engineering Symposium 2015
1, 318-320
2015/09
2193-1801
10.7752/jpes.2015.02030

30 Recommendations for instructional content: relationship of hurdle clearance motion with body height and hurdle running time in 12-14 year old boys
MITSUO OTSUKA, SATOSHI OTOMO, TADAO ISAKA, TOSHIYUKI KURIHARA, AKIRA ITO
Journal of Physical Education and Sport
15/ 2, 194-201
2015/07

10.7752/jpes.2015.02030

31 Factors of Force Potentiation Induced by Stretch-Shortening Cycle in Plantarflexors
Atsuki Fukutani, Toshiyuki Kurihara, Tadao Isaka
PLoS ONE
10/ 6, e0120579
2015/06
1932-6203
10.1371/journal.pone.0120579

32 Preparatory Body State before Reacting to an Opponent: Short-Term Joint Torque Fluctuation in Real-Time Competitive Sports
Keisuke Fujii, Daichi Yamashita, Tetsuya Kimura, Tadao Isaka, Motoki Kouzaki
PLoS ONE
10/ 5, e0128571
2015/05

10.1371/journal.pone.0128571

33 Ischemic preconditioning accelerates muscle deoxygenation dynamics and enhances exercise endurance during the work-to-work test
Kohei Kido, Tadashi Suga, Daichi Tanaka, Toyoyuki Honjo, Toshiyuki Homma, Satoshi Fujita, Takafumi Hamaoka, Tadao Isaka
Physiological Reports
3/ 5, e12395
2015/05

10.14814/phy2.12395

34 The preparatory state of ground reaction forces in defending against a dribbler in a basketball 1-on-1 dribble subphase
KEISUKE FUJII, SHINSUKE YOSHIOKA, TADAO ISAKA, & MOTOKI KOUZAKI
Sports Biomechanics
14/ 1, 28-44
2015/03

10.1080/14763141.2015.1026931

35 サッカーの守備局面における後方への方向転換動作の動作分析:動作開始初期のステップに着目して
福原祐介,大塚光雄,伊坂忠夫
バイオメカニクス研究
18/ 4, 248-253
2015/03



36 高校生野球選手における投球障害肩の有病率および回旋腱板筋トレーニングの実施状況と理解度
小嶋高広, 栗原俊之, 伊坂忠夫, 山浦一保, 治郎丸卓三, 辻貴之, 和智道生, 岡恭正, 野口真一, 永野琴美, 金沢伸彦
理学療法 湖都
34, 51-56
2015/03



37 陸上短距離走選手のバウンディング運動におけるキネマティクス的研究
井口雅仁,大塚光雄,吉岡伸輔,本城豊之,伊坂忠夫
トレーニング科学
26/ 1, 33-44
2015/02



38 Strategies for defending a dribbler: categorisation of three defensive patterns in 1-on-1 basketball
KEISUKE FUJII, DAICHI YAMASHIT, SHINSUKE YOSHIOKA, TADAO ISAKA, & MOTOKI KOUZAKI
Sports Biomechanics
13/ 3, 204-214
2014

10.1080/14763141.2015.1026931

39 Deveiopment of Concentric‐only Exercise Machine with Estimation of Who:e Body Dynamics
Toyoyuki Honio,Naruhiro Shiozawa,Seiichi Yokoi and Tadao lsaka
icSPORTS

2014



40 Measurement of muscle length-related electromyography activity of the hip flexor muscles to determine individual muscle contributions to the hip flexion torque
Takumi Jiroumaru, Toshiyuki Kurihara and Tadao Isaka
Springer Plus
3, 624
2014/08



41 男子サッカー守備選手を対象としたカウンターステップの有効性の検討:後方への方向転換とその後の疾走動作に着目して
福原祐介,大塚光雄,伊坂忠夫
トレーニング科学
25/ 3, 201-213
2014/07



42 体幹トレーニングの認識と理解度に関する調査:高校サッカー部を例として
和智道生,栗原俊之,山浦一保,野口真一,金沢伸彦,伊坂忠夫
トレーニング科学
25/ 3, 233-242
2014/07



43 Age-related differences in the availability of visual feedback during bilnanual pinch
Kazumi Critchley, Masahiro Kokubu, Motoyuki Iemitsu, Satoshi Fujita, Tadao lsaka
Eur J AppI Physiol
114, 1925-1932
2014/05



44 Effect of Expertise on 3D Force Application During Starting Block Phase and Subsequent Steps in Sprint Running
Otsuka M, Shim JK, Kurihara T, Yoshioka S, Nokata M, Isaka T
Journal of Applied Biomechanics
30, 390-400
2014/05



45 Maximum toe flexor muscle strength and quantitative analysis of human planta instrinsic and extrinsic muscles by a magnetic resonance imaging technique
Kurihara T, Yamauchi J, Otsuka M, Tottori N, Hashimoto T and Isaka T
Journal of Foot and Ankle Research
7, 26
2014/05



46 Establishment of a recording method for surface electromyography in the iliopsoas muscle
Takumi Jiroumaru, Toshiyuki Kurihara, Tadao Isaka
Journal of Electromyography and Kinesiology
23/ 4, 445-451
2014/04



47 高校サッカー部員における体幹トレーニング実施状況と理解度
和智道生,栗原俊之,伊坂忠夫,山浦一保,治郎丸卓三,辻貴之,小嶋高広,岡恭正,野口真一,永野琴美,金沢伸彦
理学療法 湖都
33, 44-48
2014/03



48 Unweighted state as a sidestep preparation improve the initiation and reaching performance for basketball players
Keisuke Fujii, Shinsuke Yoshioka, Tadao Isakad, Motoki Kouzakia
Journal of Electromyography and Kinesiology
23, 1467-1473
2013



49 New Method of Evaluating Muscular Strength of Lower Limb Using MEMS Acceleration and Gyro Sensors
Shinsuke Yoshioka, Akinori Nagano, Dean C.Hay, Izumi Tabata, Tadao Isaka, Motoyuki Iemitsu, and Senshi Fukashiro
Journal of Robotics and Mechatronics
Vol.25/ No1, 153-161
2013/01



50 球技選手の方向変換能力向上のためのジグザグ走の検討
岡本直輝, 伊坂忠夫, 藤田聡
体育学研究
57, 225-235
2012



51 The differences in three-dimensional kinetics in lower limb joints of sprinters and novice runners during a start dash.
Otsuka M, Yoshioka S, Kurihara T, Isaka T.
eProceedings of the 30th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports.
37-40
2012



52 Mechanical properties of Achilles tendon in relation to various sport activities of collegiate athletes.
Kurihara T, Sasaki R, Isaka T
eProceedings of the 30th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports.
144-147
2012



53 The relationship between force and muscle size on plantar flexor and plantar intrinsic foot muscles
Kurihara T, Tottori N, Otsuka M, Yamauchi J, Isaka T
Proceedins of the 27th Symposium on Biological and Physical Engineering (BPES 2012)
383-387
2012



54 陸上競技短距離走選手における下腿三頭筋の筋サイズとアキレス腱断面積の関係
佐々木竜一,栗原俊之,伊坂忠夫
体育学研究
57, 631-639
2012/12



55 着地動作による競技復帰を評価する方法の基礎的研究
小山加楠,吉田康行,伊坂忠夫
トレーニング科学
21/ 4, 329-337
2012/02



56 Inter- and intraday variability and repeatability of intramyocellular lipid measurement by proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS) in humans
Toshiyuki Kurihara,Tadao Isaka,Takafumi Hamaoka
Proceedings of the 26th Symposium on Biological and Physiological Engineering
208-212
2011/09



57 Supplementation with a Flavanol-rich Lychee Fruit Extract Influences the Inflammatory Status of Young Athletes
Mikio Nishizawa, Takafumi Hara, Takehito Miura, Satoshi Fujita, Emi Yoshigai,Hidetoshi Ue, Yukako Hayashi, A-Hon Kwon, Tadayoshi Okumura and Tadao Isaka
Phytotherapy Research
25, 1486-1493
2011/01



58 静止立位における受動運動が姿勢動揺に与える影響
松川玄太,七里展子,福村肇,岡田志麻,伊坂忠夫,牧川方昭
トレーニング科学
22/ (3), 133-144
2010



59 Influence of Prolonged Exercise on Sweet Taste Perception
Masataka NARUKAWA, Hidetoshi UE, Masahide UEMURA, Kanako MORITA, Sachiko KUGA, Tadao ISAKA and Yukako HAYASHI
FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH
16/ (5), 513-516
2010



60 大学女子長距離選手における定期的コントロールテスト結果の検討 -年間コントロールテストを利用して-
湯浅康弘,十倉みゆき,東 伸介,陰田朋世,伊坂忠夫
トレーニング科学
22/ (2), 133-144
2010



61 An Analysis Of The Underwater Gliding Motion And Dolphin Kick In The Competitive Swimming
Tadashi Wada, Takayuki Sato, Noriyuki Yamamoto, Takahito Tago, Toshiro Izumi, Takaaki Matsumoto, Yukinori Shintaku, Tadao Isaka
Biomechanics and Medicine in Swimming XI
185-187
2010



62 大学生の身体活動・運動実践者割合および健康関心、自覚的健康状態、健康行動との関連
岡崎勘造,鈴木久雄,加賀 勝,大橋美勝,山口立雄,梶谷信之,足立 稔,天野勝弘,山田 茂,積山敬経,井上裕美子,福田 隆,伊坂忠夫,柳 等,廣瀬勝弘,大谷崇正,岩橋邦彦,井上倫明,山崎先也,石原一成,佐川和則,新宅幸憲,林 恭輔,高橋香代
体育学研究
54, 422-436
2009



63 機械的インピーダンス可変装置を用いた高速運動トレーニングシステムの開発(粘性負荷への最適付加慣性の実現)
重歳憲治,川村貞夫,伊坂忠夫
日本機械学会論文集C編
75(760), 3230-3236
2009/12



64 ウェイトリフターにおける膝・股間接等速性筋力の左右差
伊坂忠夫,和田匡史,山本憲志,佐藤善治
トレーニング科学
21(2), 193-201
2009/06



65 片脚スクワットを利用した女子柔道選手の下肢筋力評価の有用性
山田佳奈,有賀誠司,白瀬英春,松永尚久,伊坂忠夫
トレーニング科学
21(1), 73-79
2009/03



66 Change in Taste Sensitivity to Sucrose due to Physical Fatigue
Masataka NARUKAWA Hidetoshi UE, Kanako MORITA, Sachiko KUGA, Tadao ISAKA and Yukako HAYASHI
Food Science and Technology Research
15(2), 195-198
2009/03



67 等粘性負荷を用いた人間のトルク-角速度-角度特性の計測と解析
重歳憲治,伊坂忠夫,小澤隆太,森園哲也,川村貞夫
日本機械学會論文集 C編
Vol.75/ No.750, 343-348
2009/02



68 A new evaluation system for dynamic muscular strength characteristics using isoviscous loading
Kenji Shigetoshi, Tadao Isaka , Sadao Kawamura
The Engineering of Sports 7 Vol. 2 M. Estivalet & P. Brisson Eds.
7/ 2, 419-428
2008



69 Quantitative Analysis of Leg Movement and EMG Activity in Expert Japanese Traditional Dancer
Woong Choi, Tadao Isaka, Mamiko Sakata, Hidemitsu Morioka, Seiya Tsuruta, Kohei Furukawa, Kozaburo Hachimura
Proceedings of 16th IEEE International Conference on Robot & Human Interactive Communication
pp. 882-887
2007



70 Accuracy of draw shots in curling
H. Yanagi, N. Yamamoto and T. Isaka
Proceedings of International Symposium on Winter Sports Sciences
pp.122-125
2007



71 The characteristics of gait pattern on the fall induction floor surface
Noriyuki Yamamoto, Emi Miyai, Erina Narita, Masahiro Arai, Ayumi Ohtake, Yumi Kida, Tomoko Sakai, Hitoshi Yanagi, Tadashi Wada, Kouji Sakurama, Tadao Isaka
Proceedings of International Symposium on Winter Sports Sciences
pp.137-141
2007



72 Quantifcation of Dance Movement by Simultaneous Measurement of Body Motion and Biophysical Information
Woong Choi, Tadao Isaka, Mamiko Sakata, Seiya Tsuruta and Kozaburo Hachimura
International Journal of Automation and Computing
4(1),100-106
2007



73 Evaluation of the skeletal muscle characteristics with viscous loading
Kenji Shigetoshi, Tadao Isaka, Ryuta Ozawa, Tetsuya Morizono and Sadao Kawamura
International Proceedings of 5th World Congress of Biomechanics
237-240
2006



74 長距離選手のトレーニングにおける携帯型運動モニタリングシステムの有用性
伊坂忠夫,西山建人,塩澤成弘,上英俊,杉本昇三,牧川方昭
『トレーニング科学』
18(1),23-29
2006



75 中高齢者における継続的なテニストレーニング中の運動強度
和田匡史,山本憲志,櫻間幸次,伊坂忠夫
『京都体育学研究』
21,37-43
2005



76 Development of strength training machine system with new concept
K.Shigetoshi, R.Ozawa, T.Isaka, S.Kawamura
The Impact of Technology on Sport
57-61
2005



77 HMDを用いたスポーツスキルの学習方法の提案
本荘直樹,伊坂忠夫,満田隆,川村貞夫
日本バーチャルリアリティ学会論文誌
Vol.10 No.1,pp.63-69
2005



78 ウォーキング・ジョギング支援システムの開発
西山建人・伊坂忠夫・塩澤成弘・牧川方昭
体育の科学
55,pp.161-169
2005



79 Jogging Support System with Portable Monitoring Device and Heralth Manage Software
M. Makikawa, T. Isaka, T. Iida, S. Asajima, K. Tsukise,N. Shiozawa, K. Nishiyama, S. Wada, K. Nakayama,M. Horiguchi, H. Torimoto
MEDINFO 2004
1260-1263
2004



80 3ヶ月間の運動教室への自発的参加が中高年女性の身体面へ及ぼす効果
河野洋允,伊坂忠夫,東山明子,清田源,山本百合,平石貴補,谷村幸英,永尾賢二,佐藤允美,上英俊
『京都体育学研究』
20,pp.31-38
2004



81 高齢者におけるパークゴルフの生理学的運動強度
山本憲志,和田匡史,櫻間幸次,竹ノ谷文子,伊坂忠夫
『京都体育学研究』
20,15-22
2004



82 体調監視,健康管理機能を有するジョギング支援システムの開発
西山健人,牧川方昭,飯田健夫,伊坂忠夫,和田澄夫,中山享一郎,堀口道行,福本武司,鳥本斉,鐙英明,宮本祥一,月瀬寛二,塩澤成弘,浅嶌周造
生体医工学シンポジウム2003
105-108
2003



83 Portable Jogging Monitor Device and its Application for Health Management
M. Makikawa, T. Isaka, T. Iida, S. Asajima, K. Tsukise, N. Shiozawa, K.Nishiyama, S. Wada, K. Nakayama, M. Horiguchi and H. Torimoto
IEEE EMBS APBME2003 CDROM

2003



84 立命館大学におけるアスリートサポートシステムに関する現状報告
湯浅康弘,福川 敦,東 伸介,中丸由紀子,田口厚志,森松昭雄,橘 真一,伊坂忠夫
『トレーニング科学』
15(1),47-60
2003



85 間欠的短時間激運動における無酸素性パワーの持続条件
山本憲志,伊坂忠夫
『京都体育学研究』
19,27-33
2003



86 女子エリートリフターのスナッチ技術とパワー
光島良正,船渡和男,伊坂忠夫
『京都体育学研究』
18,19-27
2002



87 オフシーズントレーニングが男子ボート選手の無酸素性パワーと筋厚に与える影響
山本憲志,高橋勝美,櫻間幸次,伊坂忠夫
体力科学
49(4), 469-480
2000



88 多リンク機構特性に基づく身体運動の計測と解析

『博士学位論文』, 立命館大学

1999



89 「かわす」動作のトレーニングがランニング速度とパフォーマンスタイムに及ぼす影響
岡本直輝、伊坂忠夫
『トレーニングの科学』
11,(1),9-18
1999



90 抱き起こし動作における介護者の生体負担の分析
重歳憲治, 早川恭弘, 川村貞夫,伊坂忠夫
人とシステム
4,8-12
1999



91 大学カヤック・カヌー選手の有酸素性ならびに無酸素性パワーと筋厚の特徴
高橋 勝美.伊坂忠夫
体力科学
47,295-304
1998



92 熟練したリフターからの合理的リフティング動作の導出
Gregor,R J.川村 貞夫.伊坂忠夫
日本機械学会論文集(C編)
64,623,119-126
1998



93 Is Coordination of Two-Joint Leg Muscles During Load Lifting Consistent with the Strategy of Minimum Fatigue?
B.I. Prilutsky, A.M. Albrecht, R.J. Gregor
Journal of Biomechanics
31,1025-1034
1998



94 頚部の筋力トレーニングと脱トレーニングが頚部筋力に及ぼす影響
岡本 直輝.福川 敦.伊坂忠夫
体力科学
46,201-210
1997



95 Kinematic Analysis of the Barbell During the Snatch Movement of Elite Asian Weigth Lifters
Okada,J.Funato,K.
Journal of Applied Biomechanics
12,508-516
1996



96 カヌー選手の体力トレーニング・プログラムの評価
高橋勝美、伊坂忠夫、その他
『トレーニング科学』
7/ 3, 141-148
1996



97 スナッチ動作の技術分析―トレーニング場面でのバーベル軌跡から―
岡本直輝、伊坂忠夫、その他
『トレーニング科学』
7/ 3, 131-140
1996



98 上肢・肩の挙上が頭部の動作速度および頚部筋力におよぼす影響
岡本直輝、伊坂忠夫、その他
『トレーニング科学』
6/ 1, 81-85
1994



99 大学女子長距離選手のトレーニング・プログラムに関する事例的研究
福川敦、伊坂忠夫、その他
『トレーニング科学』
6/ 1, 65-71
1994/06



100 垂直方向の重心移動運動
石井喜八、伊坂忠夫
Japanese Journal of Sports Sciences
9(3),143-148
1990



101 立位姿勢における重心線の前後移動範囲
石井喜八、上野裕一、伊坂忠夫
姿勢研究
8(2),65-71
1988



102 中学生のための最大酸素摂取量の推定法
石井喜八、伊坂忠夫、朴範淳、広田公一
体育科学
15,28-35
1987



103 クロスハンドグリップでのゴルフスイングの効果に関する定量化
崔雄,山田佐知,西谷元司,伊坂忠夫,八村広三郎,野澤むつこ
立命館大学理工学研究紀要
67, 151-156
2009/03



104 ピンチング動作における力調節の主観と客観
伊坂忠夫 ,市河大輔 ,佐藤善治 ,岡本直輝
立命館大学理工学研究紀要
67, 9-14
2009/03



105 高強度間欠的全力ペダリングトレーニングが無酸素性パワーと筋組織厚に与える影響-間欠的高強度運動プロトコールの検討-間欠的高強度運動プロトコールの検討
山本憲志,伊坂忠夫,高橋勝美,櫻間幸次,和田匡史,増田敬子,秋野禎見
日本赤十字北海道看護大学紀要
1, 13-19
2001



106 スナッチ動作中の床反力左右差と競技力
伊坂忠夫,佐藤 満,岡田純一,船渡和男
ウエイトリフティング紀要
11,15-19
2000



107 女子エリートリフターのスナッチ技術
伊坂忠夫,光島良正,安宅あかね,船渡和男
ウエイトリフティング研究紀要
10,1-9
1997



108 等速多関節運動における力-速度関係
石井喜八,藤城仁音,日比端洋,伊坂忠夫
『日本体育大学紀要』
21(1),69-77
1991



109 体脂肪率推定における簡易測定法・測定部位の検討-女子競泳・ハンドボール選手について-
上野純子,小早川ゆり,伊坂忠夫
『日本体育大学紀要』
20(2),145-151
1991



110 測定装置の慣性の成分を考慮した機械的実効パワー
石井喜八,日比端洋,伊坂忠夫
『日本体育大学紀要』
20(2),129-135
1991



111 年代別にみた運動強度と心拍数の関係 -運動指導の立場から-
伊坂忠夫,上野優子,石井喜八
『日本体育大学紀要』
19(2),13-19
1990



112 ハンドボール競技中の選手の血中乳酸の消長
石井喜八,伊坂忠夫,河鰭一彦,高橋勝美
『日本体育大学紀要』
19(2),5-12
1990



113 一般人の運動強度設定と実践運動強度の不一致の条件
石井喜八,伊坂忠夫,高橋勝美,西山哲成,日比端洋
『日本体育大学紀要』
20(1),19-29
1990



114 皮下脂肪厚測定法の検討
村本和世,上野純子,伊坂忠夫,上野優子
『日本体育大学紀要』
17,87-99
1988



115 100m疾走記録と機械的出力パワー:本学入学選考実技試験の自転車エルゴメーターテストの検証
石井喜八,山田保,高橋勝美,伊坂忠夫
『日本体育大学紀要 』
17(1),17-22
1987



116 競技種目別にみた10秒間自転車漕ぎ運動時の最大無酸素性パワー
石井喜八,伊坂忠夫,滝沢宏人,高橋勝美
『日本体育大学紀要』
15(2),51-57
1986



117 IT活用型健康サポートサービスシステムの開発
伊坂忠夫,牧川方昭,東山明子,上 英俊,塩澤成弘,清田 源,黒瀬範子,月瀬寛二,櫻井 淳
平成20年度 滋賀県提案公募型産学官新技術開発委託事業

2009/03



118 IT活用型健康サポートサービスシステムの開発
伊坂忠夫,牧川方昭,東山明子,上 英俊,塩澤成弘,清田 源,黒瀬範子,藤原義久,月瀬寛二,櫻井 淳
平成19年度 滋賀県提案公募型産学官新技術開発委託事業

2008/03



119 「健康サービス事業のニーズ調査ならびに将来展望を探る調査」調査研究報告書
伊坂忠夫,野方誠,杉野直樹,佐藤尚武,辻延浩,清田元,河野允洋,佐藤允美,成田厚子,大西克樹,黒瀬範子
平成19年度「現場の声が創る!」健康・福祉産業創出支援事業調査・研究委託事業

2008/01



120 食・体・知・こどもサイエンススクール事業調査研究報告書
伊坂忠夫,野方誠,杉野直樹,佐藤尚武,辻延浩,清田元,河野允洋,佐藤允美,成田厚子,大西克樹,黒瀬範子
平成18年度 サービス産業創出支援事業(育児支援関連サービス分野)

2007/03



121 『独居生活者の生活安全サポートシステム技術の開発』
飯田健夫,牧川方昭,川村貞夫,山本憲隆,伊坂忠夫,手島教之,永井清,篠田博之,西川郁子,藤原義久,鳥元斉,鳥山三三
平成14年度~平成18年度私立大学学術研究高度化推進事業 産学連携推進事業研究成果報告書

2007/03



122 『眠りの森』事業調査研究報告書
びわ湖健康・福祉コンソーシアム
平成17年度 電源地域活性化先導モデル事業(コンソーシアム基盤整備事業)

2006/02



123 客観的データに基づく高齢者のトータルフィットネス維持・向上支援システムの開発
伊坂忠夫,東山明子,清田元,河野洋允,上英俊,平石貴補,長谷川力,永尾賢二, 佐藤允美
平成16年度 滋賀県健康福祉産業創出支援事業

2003/03



124 体調監視,健康管理機能を有するジョギング支援システムの開発
牧川方昭,飯田健夫,伊坂忠夫,和田澄夫,中山享一郎,堀口道行,福本武司,鳥本斉,鐙英明,宮本祥一,月瀬寛二,塩澤成弘,西山健人,浅嶌周造
平成14年度 滋賀県産学官新技術開発事業

2003/03



125 ウエイトリフティングにおけるスキル評価基準の策定
岡田純一,伊坂忠夫,菊田三代治,長谷川久美,小畑直之,近藤大貴
平成14年度国立スポーツ科学センター委託研究
1-25
2003/03



126 長期行動・体調モニタシステムの開発
牧川方昭,飯田健夫,吉田正樹,浅嶌周造,伊坂忠夫,渋谷恒司,若林政芳,北村 透,鳥元 斉,月瀬寛二,中山勝之,篠原弘美
平成13年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
61-112
2002



127 高齢者の歩行調査-階段昇降-
伊坂忠夫,牧川方昭,岡本直輝,今井 至,山崎 敦,中川勝之,篠原弘美
平成13年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
45-60
2002



128 加齢による日常動作の変化に関する経年的研究
飯田健夫,伊坂忠夫,今井 至,服部隆志,月瀬寛二,中山勝之,篠原弘美
平成13年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
16-44
2002



129 筋力活用型歩行動作支援装具の開発
伊坂忠夫,牧川方昭,今井 至,山崎 敦,松川 進,篠原弘美
平成12年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
39-73
2001



130 加齢による日常動作の変化に関する経年的研究
飯田健夫,伊坂忠夫,今井 至,服部隆志,中山勝之,月瀬寛二,松川 進,篠原弘美
平成12年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
16-38
2001



131 筋力活用型歩行動作支援装具の開発
伊坂忠夫,牧川方昭,今井 至,山崎 敦,松川 進,篠原弘美
平成11年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
34-53
2000



132 加齢による日常動作の変化に関する経年的研究
飯田健夫,伊坂忠夫,今井 至,服部隆志,中山勝之,月瀬寛二,松川 進,篠原弘美
平成11年度「滋賀ウェルフェアテクノハウス研究会」研究報告書
5-23
2000



133 ウエイトリフティング選手における等速性筋力の左右差
伊坂忠夫,和田匡史,船渡和男
『平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
255-257
2000



134 1988年世界選手権におけるスナッチ技術-バーの軌跡からみた失敗の要因-
岡田純一,船渡和男,伊坂忠夫,大野彰久,勝見紀彦、瀧聞久俊
『平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
249-254
2000



135 加齢による日常動作の変化に関する経年的研究
飯田健夫,服部隆志,伊坂忠夫,今井 至,柳川泰子,深尾典久,篠原弘美
平成10年度ウエルフェアテクノシステム研究開発(滋賀)成果報告書
33-47
1999



136 高齢者の室内の移動・移乗に関する研究
伊坂忠夫,飯田健夫,牧川方昭,今井 至,山崎 敦,家城 弘,那須喜一,篠原弘美
平成10年度ウエルフェアテクノシステム研究開発(滋賀)成果報告書
23-32
1999



137 スナッチ動作中の関節トルク・筋電図
伊坂忠夫,稲垣治之,細谷治朗,菊地俊美
『平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
208-211
1999



138 加齢による日常動作の変化に関する経年変化研究
飯田健夫,出口 洋,伊坂忠夫,今井 至,草野 勉,柳川泰子,横田 哲,深尾典久,篠原弘美
平成9年度総合調査研究(在宅福祉機器システム開発-滋賀)報告書
46-49
1998



139 高齢者の室内の移動・移乗に関する研究
牧川方昭,家城 弘,飯田健夫,伊坂忠夫,手嶋教之,今井 至,横田 哲,那須喜一,深尾典久,篠原弘美
平成9年度総合調査研究(在宅福祉機器システム開発-滋賀)報告書
21-45
1998



140 スナッチ動作中の床反力左右差と競技力
岡田 純一.船渡 和男.阪上 勝美.伊坂忠夫
『平成9年度 日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
334-337
1998



141 女子エリート・ウエイトリフターのスナッチ技術
光島良正、伊坂忠夫、その他
『平成7年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
273-277
1996



142 中国女子リフターのスナッチ動作の特徴
光島良正、伊坂忠夫、その他
『平成6年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
303-309
1995



143 一流男子リフターのスナッチ動作の特徴
伊坂忠夫、岡田純一、その他
『平成5年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
308-311
1994



144 バーベルの軌跡からみたスナッチ動作の習熟度の検討
岡本直輝、伊坂忠夫、その他
『平成4年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
250-257
1993



145 韓国におけるスポーツタレント発掘の背景
伊坂忠夫,石井喜八
『平成3年日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』
211-227
1992



146 中国におけるスポーツタレント発掘法に関する文献研究-その2-
伊坂忠夫,石井喜八
『平成2年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
179-192
1991



147 中国におけるスポーツタレント発掘法に関する文献研究
石井喜八、伊坂忠夫、その他
『平成1年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
172-181
1990



148 ゲーム中の選手の動きの客観的記録:実際場面に役立つ即時資料を求めて
成田明彦,伊坂忠夫,泉川喬一,宗内徳行
『昭和63年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
15-22
1989



149 Drop Jumpにおける跳躍技術と至適台高
伊坂忠夫,瀬尾信哉,石井喜八
『昭和63年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
37-45
1989



150 ビデオトラッカーによるチームプレーの動きの即時処理-バレーボールからの接近-
成田明彦,泉川喬一,宗内徳行,星野秀樹,伊坂忠夫
『昭和62年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
10-16
1988



151 Plyometric運動としてのDrop Jumpの至適台高
伊坂忠夫,河鰭一彦,石井喜八
『昭和62年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
37-43
1988



152 無酸素性パワーへの接近
石井喜八,伊坂忠夫,高橋勝美
『昭和61年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
19-26
1987



153 無酸素性パワーと有酸素性パワーの関係―無酸素性パワーと運動種目―
石井喜八,伊坂忠夫,滝沢宏人,天野勝弘,高橋勝美
『昭和60年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告』
3-12
1986



154 大学女子長距離選手における定期的コントロールテスト結果の検討
湯浅康弘,東伸介,陰田朋世,伊坂忠夫
『トレーニング科学 』
22/ 2, 133-144
2010



155 特集「勝つ」チームのシステムによせて
伊坂忠夫
『トレーニング科学 』
19/ 2, 105-106
2007



156 スポーツとテクノロジー「特集にあたって」
伊坂忠夫
『トレーニング科学』
18/ 2, 61-62
2006



157 テクノロジーを活用したスポーツトレーニング
伊坂忠夫
『トレーニング科学』
16/ 1, 2-3
2004



158 大学スポーツの興隆が日本のスポーツの水準を高める
伊坂忠夫
大学ランキング2005年版(朝日オリジナル)
116,288-291
2004/05



159 「大学スポーツ(カレッジスポーツ)の強化」に必要なもの
伊坂忠夫
滋賀のスポーツ
143,43
2004/01



160 パワーをどうアップするか
伊坂忠夫,湯浅康弘
月刊トレーニング・ジャーナル
290,14-17
2003/10



161 理工学部の基礎科目としてのスポーツ科学
伊坂忠夫
体育の科学
49, 740-742
1999



162 副専攻科目としてのスポーツバイオメカニクス
伊坂忠夫
体育科教育
47, 66-68
1999



163 バーベルの軌跡からみたスナッチ動作の技術的分析
伊坂忠夫
立命館文学
536,pp.633-643
1994



164 これまでのバイオメカニクス研究からみた重量挙競技の技術
伊坂忠夫
『スポーツ科学と人間』文理閣
pp199-208
1993/03



165 中国・韓国の選手選抜システムの現状
伊坂忠夫
コーチング・クリニック
7/ 3, 16-20
1993/03



166 体力診断と運動処方を考える:公共運動施設・駒沢トレーニングセンターの場合
石井喜八,伊坂忠夫
体育の科学
41(6),437-441
1991



167 ハンドボールの試合中における乳酸値の水準
石井喜八,伊坂忠夫
コーチング・クリニック
4(4),22-25
1990



168 筋活動と関節トルクからみた日常の持ち上げ動作
伊坂忠夫,佐藤 満,船渡和男
バイオメカニクス研究概論-バイオメカニクスをどう活かすか-日本バイオメカニクス学会編
pp.143-147
1999



169 Development of an Active Orthosis for Standing up Motion by using Hexahedron Rubber Actuator
Yasuhiro Hayakawa, Masami Tamai, Nobuyuki Kuribayashi, Kentaro Suto, Kenji Shigetoshi, S.R.Pandian and Sadao Kawamura
Proceedings of the 4th Japan-France Congress & 2nd Asia-Europe Congress on Mechatronics
Vol.1, 67-70
1998



170 スナッチ種目における日中女子ウエイトリフターの技術差
光島 良正.船渡 和男.伊坂忠夫
身体運動のバイオメカニクス
417-422
1997



171 アジア・トップ・リフターのスナッチ技術の分析
岡本直輝、伊坂忠夫、その他
『第12回日本バイオメカニクス学会大会論集』
311-315
1995



172 アメリカンフットボールの装備が頭部の動きに及ぼす影響
岡本直輝、伊坂忠夫
『第12回日本バイオメカニクス学会大会論集』
61-65
1995



173 垂直方向への重心移動動作 -老人の立ち上がり動作から垂直跳び-
伊坂忠夫,三田勝彦,石井喜八
ジャンプ研究 日本バイオメカニクス学会編
pp.94-99
1990



174 加齢に伴う立位姿勢維持機能
山崎先也,伊坂忠夫,石井喜八
バイオメカニクス研究1990 日本バイオメカニクス学会編
pp.2-6
1990



175 Lactate Production With in Five Seconds,High intensity Exercise
K. Takahashi, T. Isaka, Y. Ueno, K. Ishii
Proc.1988 Seoul Olympic Scientific Congress.
368-375
1990



176 Interactions Between Short Duration Maximal Exercise And Aerobic Exercise
Isaka, K. Kawabata, K. Ishii
Proc.1988 Seoul Olympic Scientific Congress
389-396
1990



177 太極拳の野馬分鬘と攬雀尾における重心移動
陳 崢,伊坂忠夫,石井喜八
『第9回日本バイオメカニクス学会大会論集』
pp.258-262
1989



178 新しい装置(Video Tracker)を用いたボールゲームの分析:バレーボールの場合
星野秀樹,石井喜八,伊坂忠夫,成田明彦,泉川喬一
『第9回日本バイオメカニクス学会大会論集』
pp.287-292
1989



179 Mechanical Power Output Within 10 Seconds Maximal Pedaling by Selected Athletic Groups
K. Ishii, T. Isaka, K. Amano, H. Takizawa
1986 Asian Games Scientific Congress Proceedings
897-900
1988



180 Repeated high-intensity interval exercise shortens the positive effect on executive function during post-exercise recovery in healthy young males
Tsukamoto H, Suga T, Takenaka S, Tanaka D, Takeuchi T, Hamaoka T, Isaka T, Ogoh S, Hashimoto T
PLoS ONE
160, 26-34
2016/06

10.1016/j.physbeh.2016.03.029

181 Toe flexor strength and lower-limb physical performance in adolescent
Otsuka M,.., Kurihara T,.., Isaka T.,
Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche
in press
2014