日本語
College of International Relations  /
Department of International Relations

 (Male)
 Go   KA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of International Relations
■Graduate school/University/other
 Chinese Academy of Social Sciences(CASS)  Completed
 Heilongjiang University  Graduated
■Academic degrees
Master of Arts (Chinese Academy of Social Sciences(CASS))  
■Academic society memberships
The Japan Association of Comparative Culture  
SOCIETY OF MODERN CHINESE STUDIES  
The Japan P.E.N. club  
■Research summary
Sino-Japan comparative culture, Sino-Japan comparative literature (20th century)

 Using language and behavior forms as guides, comparison on the sense of values, beauty sense, ideas, and national character is made. Study is made on the 20th century literature of both countries, and the features of Japanese “I literature (watakushi bungaku)”.
■Research keywords
comparative literature (Japan and China), comparative culture (Japan and China) 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
「中国はコミュニケーション・ギャップをこう乗り越える―対外交流心得98章(中日対照版) 」(共訳)  趙啓正原著  かもがわ出版  2-199  04/2012
『東アジア共同体の構築』、編集及び第7章「東アジア共同体構築の隘路と進路―中国の政治文化と日本の企業文化を手掛りに」担当  西口清勝・夏剛編著  ネルヴァ書房  08/2006
『東北アジア共同体への道―現状と課題』、編集及び第7章「“東北アジア共同体”結成の求心力と遠心力―“文化縁・文化溝・文化力”に即した考察」担当  松野周治・徐勝・夏剛編著  文眞堂  03/2006
View details...

Papers
中,日之间及各自内部的“语����・语通”,“语缘・语环”
诸相纵论(1)  『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会  26/ 2, 43-85  10/2013
“劫结难逃:“时环史缘” 的变数・定数交织和“人环情
缘” 的����辱・盛衰转换─ 中共双重诞辰虚实,中国多
轮演进变幻所隐现的“时环天数・劫结天机” 论考之二”  『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会  26/ 1, 75-114  06/2013
诡����暗合:历史人物生卒,历史事件发生时日中含天
命・天意,天理・天道的天数・天机─ 中共双重诞
辰虚实,中国多轮演进变幻所隐现的“时环天数・劫
结天机” 论考之一  『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会  25/ 3, 251-303  03/2013
View details...

Research presentations
「人称代名詞の有無・用法に見る日中言語の異動」  立命館孔子学院「日中言語のずれに関する研究会」  10/28/2011
「魔都」から「魅都」へ――成熟して国際先端都市に向う上海  2010年度同済大学・立命館孔子学院合同セミナー「ポスト上海万博と都市発展」  12/17/2010
"以「文温」輔「経熱」、融「政冷」:増進中日相互理解的治本之路
  "  上海同済大学亜洲太平洋研究センター主催国際シンポジウム
「構築中日戦略互恵関係和促進民間相互理解」  11/2007
View details...

Other research achievements
「東京:走向奥運会的曲折歴程」[北京]世界知識出版社、『世界知識』総第1490号, 60-61頁  08/2008-
「従阪神観昭汶川」[北京]世界知識出版社、『世界知識』
総第1487号, 25-27頁  06/2008-
「日本対華観的深層情結和心路」『世界知識』[北京]世界知識出版社 1460号, 24-27頁  05/2007-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Academic awards
 第1回中国中央国家機関青年学術研究業績コンクール優秀論文三等賞  1986
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2016  IR-BB142 Chinese Ⅱ  Seminar
2016  IR-BB144 Chinese Ⅳ  Seminar
2016  IR-BB241 Chinese Ⅴ  Seminar
View details...

Teaching achievements
「中国語読解・討論」の科目で、通訳演習の要素を取り入れて、原書の抜粋の朗読・逐次通訳および中国語によるディスカッションを展開し、「聞く・話す・読み・訳す」の四技能の全面的な習得を促す。  04/2008-
View details...
■Message from researcher
幅広い日中文化比較・実践的な中国語教育
 中国と日本の力関係の逆転を告げ日清戦争勃発の60周年に当る日('54,7,25)に上海で生まれ、'82年中国社会科学院大学院外国文学部卒。日本国際交流基金の招きで、日本文学研究者として'87年来日、京大人文研招聘外国人学者、国際日本文化研究センター共同研究員、京都工織大助教授を経て、'92年本学へ。日本ペンクラブ会員。論文・『“文革”後の中国語文学と日本の戦後文学』(岩波書店『文学』)を発表した直後の天安門事件が契機で、文学研究の無力と限界を感じ、以来、研究野領域を中国と日本の国民性、社会、理念、生活習慣の比較に移した。外国語の教育においては、学生の意欲と能力を出来る限り引き出すよう、実践的な授業を目指す。趣味はクラシック音楽の鑑賞(好きな作曲家:ベートーベン;ショパン)、囲碁(8歳の長男は5段、'01年度京都府小学生囲碁名人)、推理小説、散策。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Literature in General (including Literary Theory, Comparative Literature), Western Classics