English
文学部  /
国際文化学域

 オダウチ   タカシ   (男)
 小田内    隆   教授
 TAKASHI   ODAUCHI

■兼務所属(本学内)
文学研究科
■出身大学院・出身大学他
1976  早稲田大学  教育学部  地理歴史
1985  早稲田大学大学院  文学研究科  西洋史  博士課程
■取得学位
文学修士  
■所属学会
キリスト教史学会  
比較法史学会  
イタリア学会  
日本西洋史学会  
■研究テーマ
西欧中世におけるマイノリィティ問題
中世異端・宗教運動に関する研究
■研究概要
宗教運動と異端

 西欧中世社会におけるキリスト教のイデオロギー的役割を検討。また中世異端を宗教社会学的視点から考察し、そのセクト形成の歴史的文脈を分析する。
■研究キーワード
中世キリスト教史, 西欧中世史 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
異端者たちの中世ヨーロッパ  日本放送出版協会(NHK出版)  2010/09
大学で学ぶ西洋史【古代・中世】  服部良久、南川高志、山辺規子、他  ミネルヴァ書房  218-230  2006/08
角川世界史辞典  角川書店  中世キリスト教史に関連する17項目を担当  2001/10
一覧表示...

論文
中世異端史研究における視座転換をめぐってー研究史的試論ー  小田内隆  『立命館史学』  36, 1-25  2015/11
カタリ派異端の創造をめぐってー系譜から構築へー  小田内隆  『立命館文学』  643, 1-21  2015/07
「12世紀の反異端言説に関する一考察:<反異端論争>から<異端審問>へ」  『立命館史学』  33, 1ー30  2012/11
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     中世ヨーロッパにおける正統―異端関係の形成   -   -   2011/04-2011/09   2011     
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎講読Ⅰ  演習
2017  研究入門Ⅰ  演習
2017  研究入門Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
2017年度高大連携アカデミック・プログラム第2回講義を担当  2017/06-2017/06
2017年度教養科目基本担当「ヨーロッパの歴史」  2017/04-2018/03
2015年度・2016年度 教養科目基本担当「ヨーロッパの歴史」  2015/04-2017/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
ヨーロッパにおけるキリスト教の意味
  西洋中世史を担当。キリスト教とヨーロッパの社会・思想・文化との関連を、とくに「正統と異端」および「民衆宗教」の問題を中心にして研究している。'76年に早稲田大学を卒業、同大学院へ。野口洋二教授の指導のもとに中世キリスト教史研究の道に入る。'93年本学へ。学生時代にM. ウェーバーの研究に出会い、「西欧近代」の本質を理解する上でキリスト教の役割がいかに大きいかを知って以来、次第に中世カトリシズムがヨーロッパ社会の形成にとってもつ意味への問いに導かれた。「西欧中世におけるマイノリティの迫害をめぐる諸問題」(「立命館文学」第558号、‘99年)が最近の論文。中世異端研究をつうじ西欧型「排除メカニズム」を分析し、さらに中世カトリシズムの宗教権力のあり方を理解することが現在の課題。趣味は音楽鑑賞。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
西洋史