English
顔写真
理工学部  /
環境都市工学科

 イヅノ   カズユキ   (男)
 伊津野    和行   教授
 Kazuyuki   IZUNO

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
総合科学技術研究機構   /
防災フロンティア研究センター
衣笠総合研究機構   /
歴史都市防災研究所
■出身大学院・出身大学他
1982/03  京都大学  工学部  土木工学科  卒業
1984/03  京都大学大学院  工学研究科  土木工学専攻  修士課程  修了
■取得学位
博士(工学) (1993/03 京都大学)  
■職歴
1984/04/01-1993/03/31  京都大学工学部・助手
1993/04/01-2001/03/31  立命館大学理工学部・助教授
2001/04/01-  立命館大学理工学部・教授
■委員歴
2016/07-2020/03  阪神高速道路技術センター  耐震技術検討委員会委員長
2015/06-2017/05  土木学会  地震工学委員会橋梁の対津波設計に関する研究小委員会委員長
2008/04-2011/03  土木学会  地震工学委員会免震・制震小委員会委員長
2015/05-2016/03  土木学会関西支部  技術賞選考委員会委員長
2011/04-2017/03  日本自然災害学会  評議員
2011/04-2020/03  NPO関西インフラ維持管理-大学コンソーシアム  理事
2012/11-2014/10  大阪府  防災会議専門委員(南海トラフ巨大地震土木構造物耐震対策検討部会)
2011/04-2012/03  奈良県  橋梁耐震計画策定委員会委員長
2015/06-2019/03  京都市  総合評価方式及びプロポーザル等に係るアドバイザー
2000/04-2002/03  土木学会  論文集編集委員会・第I部門編集小委員会委員
2017/04-2019/03  土木学会  論文賞選考委員会・教育部門副主査(2017)主査(2018)
2018/07-2020/06  土木学会  論文集編集委員会・A1分冊編集小委員会委員
2008/04-2020/03  日本自然災害学会  論文集編集委員
■所属学会
土木学会  
日本地震工学会  
日本自然災害学会  
■免許・資格
上級技術者[防災](土木学会)  (2007)   
■研究テーマ
橋梁の津波対策に関する研究
土木構造物の免震・制震システムに関する研究
構造物の非線形地震応答解析
■研究概要
橋梁の耐震性評価と対津波設計に関する研究

  橋は私たちの生活を支える重要な社会基盤です。もし壊れると物流が滞り、日常生活に大きな影響を与えるのみならず、災害復旧の遅れにもつながります。地震の揺れだけではなく、津波や洪水に対しても安全な橋を造る必要があり、そのための実験や数値解析を行っています。
 
津波で破壊された町 橋梁に作用する津波の数値解析
津波で破壊された町 橋梁に作用する津波の数値解析
■研究キーワード
橋梁,地震応答解析,津波,免震 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Excelではじめる数値解析  伊津野和行・酒井久和  森北出版  2014/08  978-4-627-09631-8
構造力学  伊津野和行・野阪克義  森北出版  2009/01  978-4-627-41511-9
交通ネットワークを支える免震と制震の技術  伊津野和行・松田泰治・渡邊学歩・他35名  土木学会  2012/06  978-4-8106-0746-8
一覧表示...

論文
全応力モデルを用いた地盤-構造物連成地震応答解析による下水道施設の耐震性能評価に関する研究  福江清久・伊津野和行  コンクリート工学年次論文集  41/ 2, 847-852  2019/07  13477560
部分的フェアリングによる橋に作用する水の流体力軽減効果に関する研究  川崎肇・伊津野和行  土木学会論文集A1(構造・地震工学)  74/ 3, 431-439  2018/11  2185-4653  10.2208/jscejseee.74.431
鋼板とコンクリート間の接着剥離面積が衝撃弾性波法における検出波形に与える影響  康田雄太・櫻井裕隆・川崎佑磨・伊津野和行  土木学会論文集A1(構造・地震工学)  74/ 4, I_490-I_496  2018/11  2185-4653  10.2208/jscejseee.74.I_490
一覧表示...

研究発表等
災害時避難におけるピックアップ行動の影響に関する一考察  第15回日本地震工学シンポジウム  2018/12/07
免震ゴム支承の内部損傷検知に関する数値解析的研究  第15回日本地震工学シンポジウム  2018/12/07
部分的フェアリングによる橋梁の対津波補強に関する研究  第15回日本地震工学シンポジウム  2018/12/07
一覧表示...

その他研究活動
構造物の耐震設計とは  防災カフェ,滋賀県危機管理センター,大津市,滋賀県  2017/10/26-2017/10/26
2017九州豪雨による橋の被害  立命館大学防災フロンティア研究センター2017年度第2回セミナー,メルパルク京都,京都市  2017/10/20-
美しい橋,強い橋  防災カフェ,滋賀県危機管理センター,大津市,滋賀県  2016/11/10-2016/11/10
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
災害弱者を守る減災システムと防災ユニバーサルデザインの提案  鹿島学術振興財団研究助成  2011  2012  代表
電磁波レーダーによる木質構造部材の内部劣化判定技術の開発  JST A-STEP  2011  2011  代表
自然災害から人や町を守ろう~防災工学入門~  日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI  2011  2011  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     地域の交通を支える橋の津波による流出防止対策に関する研究成果の国際発表   代表   -   2013/04-2014/03   2013   1,000,000   
研究の国際化推進プログラム   -     地域の交通を支える橋の津波による流出防止対策に関する研究成果の国際発表   代表   -   2012/04-2012/09   2012   1,000,000   
研究推進プログラム   基盤研究     津波に対する橋桁の流出防止に関する基礎的研究   代表   国内   2007/07-2009/03   2007   1,200,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2019  構造力学I  講義
2019  データ処理演習  演習
2019  環境都市工学実験II  実験・実習・実技
一覧表示...

教育活動
専門科目「データ処理演習」における毎回のmanaba+R利用による学生とのコミュニケーション.回答は次週までにmanaba+Rに掲載.  2019/04-2019/07
専門科目「数値解析」における毎回のmanaba+R利用による学生とのコミュニケーション.回答は次週までにmanaba+Rに掲載.  2018/09-2019/01
専門科目「構造力学I」における毎回のコミュニケーションペーパー利用による学生とのコミュニケーション.回答は次週までにmanaba+Rに掲載.  2018/04-2018/07
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
社会基盤構造物の地震防災
 人の命を守るのは工学の大きな使命です。この研究室では、防災工学というエンジニアリングの分野で、地震や津波から人や町を守るための研究をしています。

【橋の耐震安全性評価】
橋が壊れると物流が滞り、日常生活に大きな影響を与えるのみならず、災害復旧の遅れにもつながります。地震の揺れによる破壊を防ぐには、耐震・免震・制震の技術を応用する必要があります。主に数値解析により地震に対する安全性を検討しています。

【橋の対津波設計】
沿岸部では津波に対しても安全な橋を造る必要があります。東日本大震災では多くの橋が津波で流されました。実験や数値解析により、津波の被害を少しでも防ぐための対策について検討しています。
■関連URL
 地震工学研究室
■電話番号
077-561-2728
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
構造工学・地震工学・維持管理工学
自然災害科学