日本語
顔写真
College of Letters  /
Human Studies Program

 (Male)
 Takashi   KAKUNI  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Letters
The Kinugasa Research Organization   /
The institute of Humanities Human and Social Sciences
The Kinugasa Research Organization   /
Research Center for Intercultural Phenomenology
The Kinugasa Research Organization   /
Research center for Shuichi Kato and the Japanese Contemporary Thoughts
■Graduate school/University/other
1986  Ritsumeikan University  Faculty of Literature  Department of Philosophy  Graduated
1993  Ritsumeikan University  Graduate School, Division of Letters  Western Philosophy  Doctoral course  Completed
■Academic degrees
Doctor of Arts (Ritsumeikan University)  
■Career history
04/01/2002-  立命館大学文学部助教授
04/01/2008-  立命館大学文学部教授
■Committee history
2007-  関西哲学会委員
2006-  日本現象学会委員
2006-  日本シェリング協会理事
2012-  日仏哲学会  理事
■Academic society memberships
The Phenomenological Association of Japan  
Merleau-Ponty Circle of Japan  
Schelling-Gesellschaft Japan  
The Philosophical Association of Japan  
The Kansai Philosophical Association  
The Kansai Ethical Society  
Société Franco-Japonaise de Philosophie  
THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION  
Japanese Association for Comparative Philosophy  
Association Japonaise d'Etudes Sartriennes  
■Subject of research
The Ontology of Merleau-Ponty
(2) Intercultural Phenomenology
■Research summary
The issue of nature in later stage Merleau-Ponty ideology. The relationship between existence and language

 The positioning of language and expressions in the later stage Merleau-Ponty philosophy is elucidated from his reference to literature, especially on his reference on Proust, Simone, Claudel, Valerie, and others.

[Study theme (2) Summary]
Study of inter-cultural phenomenology.
■Research keywords
French philosophy French Phenomenology, Philoosophy of Merleau-Ponty 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
『沈黙の詩法 メルロ=ポンティと表現の哲学』  晃洋書房  03/2017  978-4-7710-2810-2
『自然の現象学-メルロ=ポンティと自然の哲学』  晃洋書房  2002
Histoire de la philosophie 12  鷲田清一 責任編集  中央公論新社  375-458  04/2008
View details...

Papers
Merleau-Ponty and the Problem of Image  Takashi KAKUNI  Image  3, 44-64  01/2018  2423-8503
キアスム、非連続の連続−西田哲学と後期メルロ=ポンティ存在論の接するところ  加國尚志  西田哲学会年報  第14, 72-84  07/2017  2188-1995
抽象芸術と感情−アンリの生の現象学とリオタールの崇高−前衛論から  加國尚志  ミシェル・アンリ研究  vol.7, 21-39  05/2017  2189-6836
View details...

Research presentations
メルロ=ポンティにおける現象学と形而上学  土井道子記念京都哲学基金シンポジウム  09/04/2017
メルロ=ポンティとイメージの問題  第12回形象論研究会  03/14/2017
反哲学と東アジアの哲学の可能性  東アジア間文化現象学会議プログラム  11/18/2016
View details...

Other research achievements
「池田善昭著『モナドロジーを読む』」  03/09/2010-
『現象学事典』(「肉」「野生の存在」その他 13項目)  03/09/2010-
Ives Radrizzani,Fichte et la France,Tome1 書評  03/09/2010-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Graduate Research 1(Doctoral Course)  Seminar
2017  Graduate Research 2(Doctoral Course)  Seminar
2017  Seminar 1  Seminar
View details...

Teaching achievements
2016年度教養科目基本担当者「哲学と人間」  04/2015-03/2017
共通教育科目「哲学と人間」において、コミュニケーション・ペーパーによる質疑応答を毎時間行い、学生との双方向型授業を実現した。  04/2009-
View details...
■Message from researcher
メルロ=ポンティの哲学とともに、身体論、芸術論、自然の存在論を展開し、その終着点に新しい形而上学を確立すること。
 私の研究テーマは、20世紀フランスの哲学者モーリス・メルロ=ポンティ(1908-1961)の思想を研究しながら、身体論、芸術論、自然の存在論を展開し、そのことによって、新しい形而上学を打ち立てることにあります。

哲学や形而上学の危機や終焉が語られて久しいですが、実際には西洋の哲学はある視点の偏りを持っていたと言えます。たとえば人間を精神や知性として見ようとするあまり、身体に定位しながら哲学を行うことは、ほとんどなされてきませんでした。また、人間の精神的文化の重要な側面である芸術や文学について、ごく限られた哲学者を除くと、その存在論的意味を積極的に語ってきませんでした。そして自然については、近代科学の自然概念よりも根本的な自然の経験について十分に語ってきませんでした。この偏りが、現代における人間と世界の全体的な把握を阻んでいると言えます。人間と世界の絆を回復することが必要です。

私の研究は、こうした近代西洋哲学の持つ偏りに対して、徹底して身体の視点に立ちながら、芸術や文学の表現の中に、近代科学と近代哲学が忘却してしまった根源的な自然の経験の表現を見いだし、そこからひるがえって新しい形而上学を確立する言語を紡ぎ上げていくことにあります。

2002年に公刊した『自然の現象学』(朝日新聞、読売新聞で書評)以降、芸術や言語の問題について集中して研究しています。身体性と表象芸術の関係を論じた「セザンヌの塗り残し」(『水声通信』2006年9月号)、メルロ=ポンティの哲学における「沈黙」の意味を論じた「沈黙の詩法」(『思想』2008年11月号)、映像と身体の関わりを論じた「モンタージュ、同時性ーメルロ=ポンティにおける不在のイメージ論」(2009年9月 日仏哲学会シンポジウム)、シモンの文学とメルロ=ポンティ哲学を論じた「世界の肉ーメルロ=ポンティとクロード・シモンについての小さな考察」(『道の手帖 メルロ=ポンティ』河出書房新社2010年所収)を発表しました。
また2009年第二回「現象学と建築」学会の基調講演として身体と空間の関係を論じた"Here and Now, I am There-The Theory of Body and Space in Maurice Merleau-Ponty and Nishida Kitaro"、 同じくシンポジウム提題ですが、「私は今ここで、あそこにいるーメルロ=ポンティの身体論と空間論」(2008年 第8回河合臨床哲学シンポジウム)を発表しました。メルロ=ポンティ哲学全般の研究としては、『哲学の歴史』第12巻(中央公論新社)「メルロ=ポンティ」の章、「ぼろ布、螺旋、渦巻 後期メルロ=ポンティの自然観概説」(『現代思想』2008年12月臨時増刊 青土社)を執筆しました。また2008年のメルロ=ポンティ生誕100年国際シンポジウムでフランス語で発表された「表象の彼方の身体ーメルロ=ポンティにおける絵画と身体の理論」はスペイン語に訳されinvestigationes fenomenologicaにWeb掲載されました。また、メルロ=ポンティ研究の国際的な研究雑誌Chiasmi Internationale12にフランス語掲載されました。2012年には、Now and Here, I am There: THe Theory of Body and Space in Merleau-Ponty and Nishida KitarôがFrom The Things Themselves, Architecture and PhenomenologyにH.Dreyfusらの論文とともに収録されました。2012年5月には、パリのエコール・ノルマルでの国際コロックでLa chair du monde- Une petite considération
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Philosophy