日本語
School of Law

 (Male)
 KAZUO   KITAMURA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Law
■Graduate school/University/other
1987  Kyoto University  Faculty of Laws
1992  Kyoto University  Graduate School, Division of Law  Administrative Law  Doctoral course  Withdrawal from program with completion of credit requirements
■Academic degrees
Master of Laws  
■Academic society memberships
Democratic Scientists Association Legal Subcommittee  
Japan Public Law Association  
■Subject of research
National Reparation and Administrative Control
■Research summary
State repatriations and administrative control

 Study is conducted on the positioning of state repatriation especially on its requirements, or on how it should be positioned, for the entire state repatriation system, focusing on administrative control functions of state repatriation.
■Research keywords
Public Law 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
事例研究行政法第3版  曽和俊文・野呂充・北村和生  日本評論社  23-39、241-261、382-400、455-461  11/2016
事例から行政法を考える  北村和生、深澤龍一郎、飯島淳子、磯部哲  有斐閣  2-15、174-225、298-319  07/2016
行政訴訟の実務  行政訴訟実務研究会編  第一法規  771-823 , 1171-1179  2013
View details...

Papers
フランスの地方公共団体における法律専門家の役割  『日本型法治主義を超えて』  209-221  03/2018
行政の情報提供義務と国家賠償責任  行政法研究  19, 69-89  07/2017
判例評論・大阪高判平成27・10・13  判例時報  2317, 156-162  03/2017
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Seminar in Administrative Law  Seminar
2017  Administrative Law Ⅰ  Lecture
2017  Administrative Law Ⅱ  Lecture
View details...

Teaching achievements
法律基本科目である行政法演習にて、毎回予習範囲の小テストで学生の到達度を検証し、また、実務的な課題を使った双方向型講義を行った。  09/2016-03/2017
View details...
■Message from researcher
フランス行政法を中心に国家賠償を研究
  '87年京都大学法学部卒業後、大学院に進み、同助手を経て、'94年から立命館に。専門は行政法、中でも国家賠償が主要な研究テーマ。これまでは国家責任に関するフランス行政裁判所の判例を中心に研究してきた。フランス行政法独自の「公役務過失」責任が持つとされる行政統制機能に興味があったからである。フランスの行政裁判所、とりわけ、コンセイユデタは、国家賠償訴訟を通じて行政統制を拡大してきた。わが国では、従来国家賠償の被害者救済機能が重視されてきたが、他方、フランスで見られるような行政統制機能も見逃せないであろう。今後は、フランス法との比較研究に基づき、わが国の国家賠償判例を分析する上でも、行政統制機能の問題にスポットを当てて研究を進める予定である。趣味は、法律学とは全く関係のない本(小説が多い)を読むこと。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Public Law