English
顔写真
経営学部  /
国際経営学科

 ベルント   エンノ   (男)
 BERNDT    Enno   教授
 Enno   BERNDT

■兼務所属(本学内)
経営学研究科
■出身大学院・出身大学他
1987  ベルリン・フンボルト大学  アジア学部  日本学科  卒業
1989/12  [GER] ベルリン・フンボルト大学院  政治経済学研究科  博士課程  修了
■取得学位
doctor philosophiae/Dr. phil. (1990/12 ベルリン・フンボルト大学)  
■職歴
1989/12/01-1991/04/01  ベルリン・フンボルト大学学際文明研究所講師
1989/12/01-1991/04/30  朝日新聞社ベルリン支局嘱託助手
1990/04/01-1990/09/30  ドイツ民主共和国総理府外交安保政策部付日本担当研究員
1991/05/01-1994/03/31  野村総合研究所㈱証券調査本部事業開発部嘱託研究員
1994/04/01-2001/03/30  立命館大学経営学部助教授
2000/10/01-2002/03/30  早稲田大学大学院国際情報通信研究科客員准教授
2001/04/01-  立命館大学経営学部教授
2015/02/01-2015/03/31  カーフォスカリー・ベニス大学アジア経営共同研究科客員教授
2016/02/01-2016/03/31  カーフォスカリー・ベニス大学アジア経営共同研究科客員教授
2017/02/01-2017/03/31  カーフォスカリー・ベニス大学アジア経営共同研究科客員教授
2018/01/26-2018/09/15  Adjunct Professor (Ca' Foscari University of Venice, Department for Asian Studies, Graduate Course for Economies, Legal Institutions and Societal Development in Asia)
■研究テーマ
日本の大企業は、持続可能で双方的なサービスと製品を開発・提供する事業体と組織へ転換するか。その転換を阻み、あるいは、促す要素・利害・勢力とは何か。
■研究概要
日本の大企業における経営戦略・組織文化・ビジネスモデルの変更

 大企業は、特定産業を問わず、経済全体の重要な存在である。それと同時に、相変わらず、供給の過剰・既存商品の需要飽和・組織的行動とその結果に関する主張と事実との乖離の拡大・自然資源の枯渇・温暖化等の自然環境の破壊・公的空間の縮小を起こしたり、あるいは、それらと密に関わったりしている。

その観点から、現在の研究調査では、大企業が、新事業(製品とサービス)を開発・融合・展開し、再生可能な分散型エネルギーシステムと連結化することを通じて、新たなビジネスモデルを築き、付加価値を創造することができるか、それに当って、どのような要素・利害関係・勢力が支障となり、何がそれを促進・支援しているかをテーマにしている。

主に、民間企業との共同研究から生まれた事例研究を通じて、「社会経済などの事業環境の展開に関するシナリオ」、「代替型駆動システムの市場導入・普及に関する戦略」、「価値連鎖の下川におけるモビリティーサービスの事業開発」「エネルギーシステムの構造と状況)等について、実態調査を実施している。
■研究キーワード
経営戦略・組織文化・ビジネスモデルの変更 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Manga-Markt zwischen Stagnation und Kontraktion: Digitale Vielfalt?, in: Ihme, B. (Hrsg.), COMIC!-Jahrbuch 2019  Interessenverband Comic e.V. ICOM Stuttgart  164-170  2018/11  978-3-88834-949-1
Manga-Geschaeftsmodelle im Zeitalter der Digitalisierung. Comicmarkt Japan, in: Ihme, B. (Hrsg.), COMIC!-Jahrbuch 2018  Interessenverband Comic e.V. ICOM Stuttgart  174-179  2017/11  978-3-88834-948-5
Digitale Expansion? Eine Kurzanalyse zum Mangamarkt in Japan 2015, in: Ihme, B. (Hrsg.), COMIC!-Jahrbuch 2017  Interessenverband Comic e.V. ICOM Stuttgart  132-136  2016/11  978-3-88834-947-8
一覧表示...

論文
Treiber oder Getriebener? Zur aktuellen Dynamik im Antriebsportfolio von Toyota  Arbeitskreis Automobilwirtschaft e.V. (AAW)  Sonderdruck/ 1. Quartal 2016, 1-7  2016/03
Zwischenruf: Gefährliche Fehlzündungen - Was der "Takata-Schock" lehrt  Zeitschrift für die gesamte Wertschöpfungskette Automobilwirtschaft (ZfAW)  18/ Heft 1/2015, 61-63  2015/02  1434-1808
Japan wird zubetoniert. Mehr Geld, weniger Regeln: Nippons Krisenpolitik gilt als Modell – zu Unrecht  ROSALUX - Journal der Rosa-Luxemburg-Stiftung  2014/ 3, 28  2014/12  1864-6794
一覧表示...

研究発表等
Trends in Business between Japan & Italy and Implications for Course Design of One Year Master Program "Global Business Japan"  Symposium, Challenge School, Ca' Foscari University of Venice  2018/09/07
J-Economy: How Big Biz & State are Collaborating in Japan at the Expense of Labour and Private Households  Special Lecture, Department of Asian, Middle Eastern & Turkish Studies, Stockholm University  2018/05/24
J-Power: How Political (State) Power has shaped Japans Economy
& Energy Industry (No Lessons Learned from Fukushima 3/11?)  Special Lecture, Department of Asian, Middle Eastern & Turkish Studies, Stockholm University  2018/05/22
一覧表示...

その他研究活動
経営の未来検討委員会  京都市  2007/05/08-2008/02/22
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎演習I 51/55  演習
2017  International Corporate Culture BA/B2  講義
2017  企業文化論 B1  講義
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
 "The weakest link in a chain is the strongest because it can break it."
Stanislaw Jerzy Lec 

"Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better.”
Samuel Beckett
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経営学