English
産業社会学部  /
現代社会学科

 エンドウ   ヤスコ   (女)
 遠藤    保子   教授
 Yasuko   ENDO

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
■出身大学院・出身大学他
1975  東京教育大学  体育学部  健康教育
1986  お茶の水女子大学大学院  人間文化研究科  比較文化学  博士課程
■取得学位
博士(社会学) (2002/09 立命館大学)  
■委員歴
1995-1998  スポーツ史学会  理事
1993/04-2006/03  日本体育学会  評議員
2004/04-2010/03  日本スポーツ人類学会  理事
2011/04-2012/03  日本スポーツ人類学会  監事
2004/04-2007/03  舞踊学会  理事(事務局)
2010/04-2013/04  日本ナイルエチオピア学会  監事
2009/11-2014/10  アジアスポーツ人類学会  理事
1989-2002  (財)京都市ユースサービス協会  理事
1990-1995  近畿放送(KBS京都)番組審議会  委員
2002-2003  (財)京都市ユースサービス協会  専務理事
2003/06-2014/06  (財)京都市ユースサービス協会  理事長
2007-2014/06  京都市青少年活動推進協議会  委員
1990/10-2004/11  京都市  京都市青少年問題協議会委員
1991/12-1993/11  京都市  青少年育成総合計画(仮称)策定委員会
1992/06-1994/05  京都市  新京都市基本計画審議会委員
1993/07-2002/06  京都市  京都市青少年問題協議会専門委員
1994/02-2002/01  京都市  京都市公文書公開制度運営審議会委員
1997/08-2002/07  京都府  京都府新しい行政推進懇話会委員
1999/10-2004/09  京都市  京都芸術センター運営委員会委員
2003/06-2007/05  京都府  京都府青少年育成協会評議員
2003/11-2010/03  京都市  京都市芸術文化特別奨励制度専門委員会委員
2004/01-2008/01  社会福祉協法人  京都市社会福祉協議会評議員
2004/12-2014/06  京都市  京都市青少年活動推進協議会委員
2005/06-  財団法人 京都ユース・ホステル協会  理事
2005/11-2006  京都市  グリーンワンダーランド跡地活用懇談会委員
2006/02-2008/01  京都市  地域文化会館におけるフランチャイズ(活動拠点)団体第1次選考委員会委員
2007/04-2013/03  舞踊学会  理事
2007/09-2009/08  京都市  「京都市ユースアクションプラン」事業認証基準等策定委員会委員
2008/04-2012/03  野洲市  野洲市立北野小学校学校評議員
2008/07-2012/03  京都市  京都市芸術文化特別奨励制度審査委員会専門委員会委員
2008/10-2011/03  京都市  京都芸術センター評議会委員
2009/07-2011/06  京都市  京都市公共ホールの在り方検討委員会委員
2010/10-  公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団  審査委員
2011/04-2013/06  社団法人日本体育学会  代議員
2011/04-2013/06  社団法人日本体育学会  代議員
2011/04-  公益財団法人京都市芸術文化協会  京都芸術センターアドバイザリーボード委員
2011/08-2012/07  独立行政法人 日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
2012/04-  スポーツ史学会  理事
2012/10-2016/03  京都市  京都市芸術新人賞等選考委員会委員
2012/11-2014/10  野洲市  野洲市男女共同参画審議会委員
2013/04-2016/03  日本スポーツ人類学会  会長
2013/04-2016/03  舞踊学会  常務理事
2014/06-  公益財団法人京都市ユースサービス協会  顧問
2014/10-2016/05  アジアスポーツ人類学会  副会長
2014/12-2016/11  独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
2016/04-2019/03  舞踊学会  理事
2016/04-2019/03  日本スポーツ人類学会  監事
■所属学会
スポーツ史学会  
日本スポーツ人類学会  
舞踊学会  
日本ナイル・エチオピア学会  
日本体育学会  
アジアスポーツ人類学会  
■研究テーマ
パフォーマンスとオルターナティブ・スペース
アフリカのダンス
■研究概要
アフリカのダンスに関する文化人類学的研究

 フィールド・ワークをもとに、ダンスと社会や風土とのかかわりを研究する。
■研究キーワード
比較文化学, 現代芸術, 文化人類学, 体育学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
無形文化財の伝承・記録・教育-アフリカの舞踊を事例として-  遠藤保子 相原 進 高橋京子  文理閣  2014/03  978-4-89259-725-1
『現代スポーツ論の射程』・「今日のケニアにおける舞踊と音楽」  金井淳二・草深直臣監修 遠藤保子著  文理閣、京都  275-295  2011/11
『舞踊学の現在~芸術・民族・教育からのアプローチ~』・「今日のアフリカにおける舞踊の伝承と保存―ナイジェリアの国立舞踊団を事例として―」  遠藤保子・細川江利子・高野牧子・打越みゆき編、遠藤保子著  文理閣、京都  147-161  2011/03
一覧表示...

論文
「アフリカの舞踊に関するデジタル・アーカイブと教育的活用」  遠藤保子 相原進 高橋京子  立命館産業社会学会『立命館産業社会論集』  53/ 4, 印刷中  2018/03
「ケニアの舞踊と舞踊のデジタル記録・解析・考察」  相原進 遠藤保子 高橋京子  立命館産業社会学会編『立命館産業社会論集』第53巻第4号   53/ 4, 印刷中  2018/03
エチオピアの舞踊特性とデジタル記録・解析・考察(下)  相原進、遠藤保子、野田章子  立命館産業社会論集  52/ 4, 97-115  2017/03  0288-2205
一覧表示...

研究発表等
「舞踊のデジタル・アーカイブと教育的活用~アフリカを事例として~」  第69回舞踊学会大会シンポジウム「記録と活用~三つの分野をめぐって」  2017/12/02
「アフリカの舞踊の記録と継承」  第26回日本ナイル・エチオピア学会学術大会公開シンポジウム 『アフリカと日本の無形文化遺産~保護・継承・発展にむけて~』  2017/04/15
共同研究発表「ガーナ国立舞踊団招聘研究企画  産業社会学部創設50周年企画  2015/11/19
一覧表示...

その他研究活動
「我踊る故に我あり」  公益財団法人 京都市ユースサービス協会発行『Youth Service』Vol.25 p.7  2016/09/15-
単著「アフリカの舞踊と私」  国立文楽劇場編『第33回舞踊公演 東西名流舞踊鑑賞会』プログラム、 pp.4-5  2015/10/17-
アゾルオ・ガーナ民族舞踊団日本公演2011「カカオの国からやってきたドラムとダンス」舞踊団招聘(舞台公演運営含)  宇治市文化センター・小ホール  2011/11/19-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
タンザニアチビテ舞踊団日本公演2008  2008年度国際交流基金公演事業助成  2008  2008  代表
地球音楽シリーズ119『ケニアの律動』  2006年度財団法人伊丹市文化振興財団助成  2006  2006  代表
モーションキャプチャを利用した舞踊動作のデジタルアーカイブ化事業  2005年度国際交流基金  2005  2005  分担
一覧表示...

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     ウエルネスとパフォーマンスに関する研究~クアオルトの現状と舞踊~   -   国内   2017/04-2018/03   2017     ドイツ・ガーナ・イギリス・エチオピア・タンザニア・日本 
研究推進プログラム   科研費連動型     アジア・アフリカにおける複数人による舞踊のデジタル記録・解析に関する研究   代表   -   2013/07-2014/03   2013   1,000,000   
研究の国際化推進プログラム   -     モーションキャプチャを利用した舞踊研究と開発教育・国際理解教育   代表   -   2011/10-2012/03   2011   1,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主催第32回学習デジタル教材コンクール,  2016年公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主催第32回学習デジタル教材コンクール 出品作品『どこカナ?なにカナ?そうだったのか!ガーナ共和国~社会・文化・芸術と国際理解』優良賞受賞  2016/07
京都府  平成26年度京都府青少年健全育成功労者  2014/11
 優秀論文奨(慶祝建国百年節慶與賽会・国際学術研討会)会場:建国科技大学(台湾)  2011/06
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  卒業研究  演習
一覧表示...

教育活動
2016年度 教養科目基本担当「スポーツの歴史と発展」  2016/04-2017/03
講義の準備、レジュメ作成、コミュニケーションペーパーの活用等  1994/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
民族を通しての舞踊研究
  専門はアフリカのダンス。'75年東京教育大学体育学部を卒業後、お茶の水大学大学院に進学し、松本千代栄教授に師事。舞踊教育学と比較文化学を学ぶ。その間大学院修士課程在学中にドイツ(旧西ドイツ、キール大学)へ留学。カテーザ・シュロッサー教授の下で民族学の方法を学んだ後、博士課程在学中には単身ナイジェリアへ渡り、フォラ・アジャイ講師(イフェ大学)の下でダンスの基礎を学び、オヤンの村でダンスのフィールド・ワークを行ってきた。さらに最近ではアフリカのダンスだけではなく、地元京都を代表する京舞の研究にも取り組み、'93年『京舞井上流家元 三世井上八千代―祇園の女風土記―』(リブロポート)としてまとめた。趣味は、推理小説を読むこと、さまざまな地域を旅すること。好きな食べ物は、かやくご飯はじめおいしいものならなんでも。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
スポーツ科学