日本語
College of Policy Science  /
Department of Policy Science

 (Female)
 Noriko   YASUE  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Policy Science
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of International Relations and Area Studies
■Graduate school/University/other
1985  Keio University  Faculty of Laws  Department of Law
10/1989  ParisⅠ  Doctoral course first term (Master's)  Completed
03/1991  Keio University Graduate School of Law  "Graduate School, Division of Law"  Public Law  Doctoral course second term (Doctoral)
■Academic degrees
Ph.D. (Law) (Keio University)  
■Committee history
04/2008-  日本EU学会 理事
05/2007-  日本オンブズマン学会 理事
■Academic society memberships
European Union Studies Association Japan  
The Japanese Association of International Relations  
Japanese Association for Ombudsman Studies  
Societe Franco-Japonaise de Science Politique  
Keio Jurisprudence Society  
Japan Association of Global Governance  
■Research summary
1)European Integration 2)International Organization and Global Governance 3)UNESCO and Cultural Heritage

 ①Policy-making system, European civil rights and European public sphere in European integration
②Theory and mechanism of global governance
③Studying various challenges in cultural heritage preservation through the process of enforcing some culture-related treaties of UNESCO

【Subject of research (1) Summary】
Various issues related to European integration and regional area formation

【Subject of research (2) Summary】
Governance over group of global challenges by government, international organizations, NGO and multinational companies

【Subject of research (3) Summary】
Analyzing activities by UNESCO, countries and regions on preserving the world heritages and intangible heritages, from the perspective of multilevel governance
■Research keywords
Interbnational Organizations, European Union, European Citzenship, European Public Sphere, Global governance, UNESCO 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
日本と世界のオンブズマン  日本オンブズマン学会編  126-136  2015
EUを知るための63 章  明石書店  204-306  2014
EUとグローバル・ガバナンスー国際秩序形成におけるヨーロッパ的価値  法律文化社  09/2013
View details...

Papers
Brexitからみる欧州のエネルギー安全保障  安江則子  グローバルアジア・レビュー  第3  11/2016
EU市民権と連帯への課題  安江則子  日本EU学会年報  35  05/2015
リスボン条約後のEUオンブズマンの制度と機能―国境を越えたオンブズマンネットワークの可能性―  安江則子  行政苦情救済&オンブズマン  Vol.22/ 6  06/2011
View details...

Research presentations
Area of Freedom, Security and Justice-Refugees, Terrorism and the EU  European Union Studies Association-Japan the 37th Annual Conference  11/26/2016
Brexitと欧州のエネルギー安全保障  2016年度秋季国際会議・国際アジア共同体学会  11/19/2016
Brexit の帰結  グローバル・ガバナンス学会(2016年)  10/08/2016
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Academic awards
立命館大学  明石康研究奨励賞  07/1995
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Research Seminar 1  Seminar
2017  Research Seminar 2  Seminar
2017  Policy Science Seminar 1  Seminar
View details...

Teaching achievements
基礎演習におけるピア・ラーニングの実践
研究入門フォーラムにおける国際機関・NGO等へのフィールドワーク  04/1996-
View details...
■Message from researcher
EUおよびグローバル・ガバナンスの研究、グローバル化と文化の研究
 国際機構論、グローバルガバナンスを担当。専攻は、EU研究、国際機構論、グローバルガバナンス論。慶応義塾大学法学部卒業後、同大学院において欧州統合という歴史的実験を研究対象とする。
博士課程に進んだ87年から、フランスのエクス・マルセイユ第3大学に留学、国際関係・欧州研究を本場で学ぶ。翌年、パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに移り欧州法のDEAを取得して89年末帰国。2年半の仏留学で苦労した経験が今につながっていると思う。90年からICU助手、91年から日本大学国際関係学部・法学部、93年からは横浜国大経営学部大学院などで講師を経て、94年から立命館へ。
フランスのパリ高等政治学院、イタリアの欧州大学院、ベルギーのCollege of Europeなどで在外研究を重ねる。
著書に『ヨーロッパ市民権の誕生』(丸善、1992年)、『欧州公共圏』(慶應義塾大学出版会2007年)、編著書に『世界遺産学への招待』(法律文化社2011年)『EUとフランスー統合欧州のなかで揺れる三色旗』(法律文化社2012年)、『EUとグローバル・ガバナンスー国際秩序形成におけるヨーロッパ的価値』(法律文化社2013年)がある。
欧州統合によって、構築されてきたマルチレベル・ガバナンスの仕組み、またグローバル化が進む国際社会において模索されているグローバル・ガバナンス仕組みに関心がある。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
EU Studies
International Relations
Politics