English
顔写真
生命科学部  /
応用化学科

 ハナサキ   トモノリ   (男)
 花﨑    知則   教授
 Tomonori   HANASAKI

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
総合科学技術研究機構   /
理工学研究所
総合科学技術研究機構   /
エネルギーイノベーション材料研究センター
■出身大学院・出身大学他
1994/03  立命館大学大学院  理工学研究科  応用化学専攻  博士課程後期課程  修了
1991/03  立命館大学大学院  理工学研究科  応用化学専攻  博士課程前期課程  修了
1989/03  立命館大学  理工学部  化学科  卒業
■取得学位
博士(工学・立命館大学) (1994/03 立命館大学)  
■職歴
1994/04/01-1995/03/31  立命館大学理工学部研究教育補助員
1995/04/01-1999/03/31  静岡理工科大学理工学部物質科学科助手
1999/04/01-2000/03/31  静岡理工科大学理工学部物質科学科専任講師
2000/04/01-2007/03/31  立命館大学理工学部応用化学科助教授
2003/09-2004/09  シェフィールド大学客員研究員
2006/04/01-2007/03/31  立命館大学理工学部学生主事
2007/04/01-2008/03/31  立命館大学理工学部応用化学科准教授
2007/04/01-2008/03/31  立命館大学生命科学部・薬学部設置委員会副事務局長(入試・広報担当)
2008/04/01-2012/03/31  立命館大学生命科学部応用化学科准教授
2011/04/01-2012/03/31  立命館大学キャリアセンター副部長(兼博士キャリアパス推進室副室長)
2012/04/01-  立命館大学生命科学部応用化学科教授(現在に至る)
2012/04/01-2015/03/31  立命館大学入学センター部長(兼アドミッションズオフィス室長,高大連携推進室副室長)
2015/04/01-2017/03/31  生命科学部副学部長(教学・安全管理担当)
2017/04/01-2018/03/31  生命科学部応用化学科長
■委員歴
1997/03-1998/03  日本化学会  液晶化学研究会幹事
2007/01-2007/12  日本液晶学会  化学・材料フォーラム委員
2008/01-2008/12  日本液晶学会  化学・材料フォーラム幹事
2008/03-2010/02  日本化学会  近畿支部幹事
2008/06-2014/05  高分子学会  関西支部滋賀地区幹事
2009/01-2009/12  日本液晶学会  化学・材料フォーラム主査
2009/01-2010/12  日本液晶学会  理事(財務担当)
2009/03-2011/02  日本化学会  近畿支部代表正会員
2010/01-2010/12  日本液晶学会   化学・材料フォーラム委員
2012/03-2013/03  日本化学会  第93春季年会会場小委員会副委員長
2014/04-2018/03  大阪府立春日丘高等学校  学校協議会委員
2015/03-2016/03  日本化学会  第96春季年会総務小委員会委員長
2015/12-2016/07  日本液晶学会  第8回日本‐イタリア液晶国際会議(JILCW2016)組織委員会委員
2016/04-2018/03  近畿化学協会  代議員
2017/03-2018/12  日本液晶学会  2018液晶国際会議(ILCC2018)現地実行委員
2018/04-2019/03  日本化学会  第99春季年会総務小委員会委員
2018/04-  大阪府立春日丘高等学校  学校運営協議会委員(現在に至る)
2018/08-  日本液晶学会  代議員(現在に至る)
■所属学会
日本化学会  
高分子学会  
日本液晶学会  
日本レオロジー学会  
有機合成化学協会  
近畿化学協会  
化学工学会  
The International Liquid Crystal Society  
■免許・資格
危険物取扱者(甲種)  (2002)    高等学校教諭二級普通免許  (1989)    中学校教諭一級普通免許  (1989)   
■研究テーマ
液晶性フェロセン誘導体の合成と物性
非対称型ダイマー液晶の合成と物性
液晶性物質の電気粘性効果
液晶性物質の動的粘弾性
イオン液体の合成,構造,物性
有機TFTの配向材料の合成と物性
新規な有機TFT材料の合成と物性
■研究概要
機能性有機材料の設計、合成、および物性評価

 遷移金属液晶や非対称型二量体液晶の合成および物性評価に関する研究を中心とし、さらに機能性高分子ゲル、有機TFTとその配向材料、電荷輸送性材料などに関する研究への展開を行っている。
■研究キーワード
有機材料化学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Design and phase transition behavior of siloxane-based monomeric and dimeric liquid crystals bearing cholesteryl mesogenic groups  Kaito Katsuki, Kosuke Kaneko, Kimiyoshi Kaneko, Riki Kato, Nobuyoshi Miyamoto, Tomonori Hanasaki  Journal of Organometallic Chemistry  886/ 15, 34-39  2019/04
Electrorheological Properties of Dual Frequency Liquid Crystal in Smectic A Phase  Narumi Matsuoka, Kosuke Kaneko, Kimiyoshi Kaneko, Yoshinori Takikawa, Koji Fukao, Tomonori Hanasaki  Chemistry Letters  48/ 4, 386-389  2019/04
Chiral Liquid‐Crystalline Ionic Liquid Systems Useful for Electrochemical Polymerization that Affords Helical Conjugated Polymers  Shohei Yamakawa, Kohei Wada, Masatomo Hidaka, Tomonori Hanasaki, Kazuo Akagi  Advanced Functional Materials  29/ 12, 1806592  2019/03
一覧表示...

研究発表等
Synthesis of Amphiphilic Block Copolymers and Application to Suspension Polymerization  The 12th SPSJ International Polymer Conference(IPC2018)  2018/12/07
Synthesis of Polymeric Silane Coupling Agents Having Two Different Polymerizable Blocks and Their Physical Properties  The 12th SPSJ International Polymer Conference(IPC2018)  2018/12/05
2種類の異なる重合性ブロックからなる高分子シランカップリング剤の合成と物性測定  第27回ポリマー材料フォーラム  2018/11/22
一覧表示...

その他研究活動
テレビの中で蠢く分子たち ~液晶の不思議な世界~  立命館びわこ講座(草津市生涯学習大学)  2008/11/15-2008/11/15
液晶の合成と物性-考える楽しさ,創る楽しさ,そして観る楽しさ-  第2回現代科学技術講座(滋賀県総合教育センター主催)  2005/08/02-2005/08/02
光を操る物質・・・液晶・・・その神秘的な美しさ  平成大学講座(森町教育委員会主催)  1997/11/07-1997/11/07
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
機能性有機材料の合成(熱伝導性基板を用いたトップエミッション型有機EL素子の実現)  滋賀県経済振興特別区域産学連携新技術創出補助金  2007  2007  分担
液晶性フェロセン誘導体の粘弾性に関する研究  財団法人川鉄21世紀財団技術研究助成  1995  1997  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
機能性高分子の合成と物性に関する研究  2017/10-2018/09  受託研究  代表
有機化合物の合成および構造解析に関する技術指導  2017/10-2018/09  技術指導  代表
有機機能材料の合成と構造解析および産業的応用に関する研究  2017/04-2018/03  共同研究  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     新規な多価型DEME系イオン液体の合成と水添加による低次元イオン伝導性ゲルの調製   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究の国際化推進プログラム   -     有機薄膜トランジスタの高移動度化   代表   -   2011/10-2012/03   2011   400,000   
一覧表示...

知的財産権
液晶材料  2017-139860  2019-019247
二周波駆動液晶を用いて電気粘性効果を得る方法  2017-027796  2018-131582
重合性カルボン酸誘導体およびそれを含有する接着性組成物  2009‐229964  2011‐57657  5414443
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2019  有機化学実験2  実験・実習・実技
2019  有機化学Ⅰ  講義
2019  有機工業化学  講義
一覧表示...

教育活動
「常翔学園高等学校(大阪府、私立)」の高校2年生(医療系・薬学進学コース)35名を対象として、『「分子」を創る…有機化学のおもしろさ…』と題して模擬講義を行った.  2019/03-2019/03
「東筑後学園高等学校」において、理系の高校2年生59名、教員、父母を対象として「『夢』を『形』にする力…「理系」を目指す君たちへ…」と題して、模擬講義を行った.  2018/11-2018/11
立命館守山中学校 2年生 160名を対象に「BKC スタディーツアー」の中で『化学に関する実験「化学反応で布を染める」』を行った。  2018/06-2018/06
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
合成の楽しさと液晶の美しさとにひかれて
  中学校の教員になろうと思い、1985年に本学理工学部に入学しました。岡本勇三先生の御指導のもとで行った卒業研究で有機合成のおもしろさを知り、その後、材料合成をやってみたいと思い本学大学院に進学しました。そこで恩師中村尚武先生に出会い、有機遷移金属液晶の合成と物性に関する研究を始めました。自分の手で合成した物質が、偏光顕微鏡下で美しい液晶組織を示した時の感動は、今でも忘れることができません。そしてその時、研究教育職の道を目指そうと決めました。1994年に学位を得、本学の研究教員補助員を経て前任校の静岡理工科大学へ、そして2000年本学に着任しました。現在は、有機遷移金属液晶や非対称型の二量体液晶などの液晶に関する研究に加え、機能性高分子ゲルなどの分野への展開を試みています。
■関連URL
 有機材料化学研究室
■電話番号
077-561-4984
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
機能・物性・材料