English
経営学部  /
経営学科

 モリヤ   タカシ   (男)
 守屋    貴司   教授
 Takashi   MORIYA

■兼務所属(本学内)
経営学研究科
OIC総合研究機構
■出身大学院・出身大学他
1985/03  関西学院大学  商学部  卒業
1989/03  関西学院大学大学院  商学研究科  博士課程前期課程  修了
1992/03  関西学院大学大学院  商学研究科  経営学  博士課程後期課程  中退
2004/10  立命館大学大学院  社会学研究科  博士課程後期課程  修了
■取得学位
商学修士 (1989/03 関西学院大学大学院)   博士 (立命館大学大学)  
■職歴
1992/04/01-1994/03/31  奈良産業大学専任講師
1994/04/01-1999/03/31  奈良産業大学助教授
1999/04/01-2006/03/31  奈良産業大学教授
2000/07/25-2000/09/30  英国シェフィールド大学客員教授 [国外]
2004/04/01-2005/03/31  奈良産業大学評議員
2005/04/01-2006/03/31  奈良産業大学経営学部長
2006/04/01-  立命館大学経営学部教授
2017/04/01-2018/03/31  立命館大学経営学部副学部長(大学院・研究担当)
■委員歴
2001/06-2009/06  労務理論学会幹事
2005-2006  大学評価学会理事
2009/06-2012  労務理論学会常任理事
2009-2010  日本労務学会機関誌編集委員
2010-  全国ビジネス系大学教育会議  理事
2010-2012  日本労務学会機関誌編集委員長
2012-2016  日本労務理論学会総務担当常任理事
2008-2010  滋賀労働局公共調達監視委員
2010-2018  京都労働局最低賃金審議会公益委員
2012/09-2018/09  日本経営学会  編集委員
2016/09-  日本経営学会  理事
2016/11-2017/03  近畿経済産業局  「平成 28 年度アジア産業基盤強化等事業TPP 発効を見据えたベトナムのものづくり拠点化調査検討分科会」委員
2018/08-2019/04  厚生労働省委託  「高度IT外国人材マッチング調査」座長
■所属学会
日本経営学会  
社会政策学会  
日本労務学会  
労務理論学会  
EAMSA  
■研究テーマ
(1)日本における中山間地域の活性化に関する地域マネジメントの研究
(2)日本の外国人労働者のキャリア開発と人事管理に関する研究
(3)日本企業における成果主義に関する研究
(4)日本企業のダイバシティマネジメント研究
ー女性・外国人・高齢者を中心としてー
(5)労働・労働組合運動の未来戦略
(6)日本の中小企業の事業承継教育・採用・教育訓練に関する研究
■研究概要
日本の成果主義と労使関係 / 企業経営レベルの外国人労働者 / 女性・高齢者のキャリア開発と人事・企業労働・ダイバシティマネジメントに関する研究 / 日本における中山間地域の活性化のための地域マネジメントに関する研究

 日本における成果主義導入による労働・労使関係の変化について研究すると同時に、人的資源管理の理論的・実態的研究に取り組んでいます。また、女性、高齢者、外国人労働者のキャリア開発・人事管理・企業労働・ダイバシティマネジメントに関する研究や現代日本流通大企業の研究など多面的に研究展開をおこなっています。また、日本における中山間地域の地域活性化のための地域マネジメントに関する研究も取り組んでいます。

【研究テーマ(1)概要】
本研究では、過疎地域、特に、中山間地域の地域活性の基礎となる地域のアクターの人材育成やリーダーシップや地域の主要組織の組織開発・組織風土の形成について研究をおこなっている。具体的な研究成果としては、拙稿「企業と地域社会ー21世紀の企業の役割と課題ー」(『現代企業の地平線』千倉書房、2008年、所収)がある。

【研究テーマ(2)概要】
これまで総合商社を事例として、実証研究を展開しており、研究成果としては『総合商社の経営管理-合理化と労働問題-』(『激動の総合商社』増補改訂版) 森山書店、2001年を著している。

【研究テーマ(3)概要】
「労働のグローバリゼーション」の分析視角からアメリカ・欧州・アジア(特に日本)における外国人労働者・技術開発者・研究者の人的資源管理・労働・労使関係について国際比較研究を展開している。研究成果としては、拙著「労働のグローバリゼーションー頭脳立国競争―」『立命館経営学』(立命館大学経営学会)第46巻第3号、2007年9月、27頁から53頁を作成している。

【研究テーマ(4)概要】
日本企業の成果主義に関する研究としては、成果主義人事制度の日本企業への導入・展開によって、企業内部の労働と労使関係がどのように変化したのかについて、詳細な実証研究を展開している。具体的な研究成果としては、拙著『日本企業への成果主義導入―「企業内「共同体」の変容を中心としてー』森山書店、2005年を著し、その後も、学術論文である拙著「日本企業における成果主義と集団的労使関係の変化」『立命館経営学』(立命館大学経営学会)第45巻第4号、2006年11月、155頁から175頁。を作成している。

[研究テーマ(5)概要]
女性のダイバシティマネジメントに関して企業の人事制度改革の取り組みについて研究をおこなっている。具体的な研究成果としては、共編著『世界の女性労働』ミネルヴァ書房、2005年がある。
■研究キーワード
人的資源管理論、企業労働論、労使関係論、地域マネジメント、キャリア開発 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
価値創発(EVP)時代の人的資源管理:Industry4.0の「働き方」と「働かせ方」  守屋貴司・中村艶子・橋場俊展他  ミネルヴァ書房  1-10,38-52,214-234  2018/10
活躍する女性会社役員の国際比較ー役員登用と活性化する経営ー  渡辺峻・守屋貴司編著  ミネルヴァ書房  1-14,29-49,235-244  2016/07
2011年東日本大震災下中小企業再生と雇用問題ー広い社会的支援と阪神大震災との比較の視点からー  田口典男、松下幸生、佐藤飛鳥、守屋貴司  全労済協会  155-179  2014/01
一覧表示...

論文
グローカル時代の日本企業の管理・組織・技術・労働・労使関係に関する研究フレームワーク構築のための一考察 -先行研究サーベィを中心としてー  守屋貴司  明治大学経営論集  66/ 2, 133-153  2019/03
日本の中小企業の事業承継(継承)教育の現状と課題ー立命館大学経営学部・大学院経営学研究科の「事業継承(承継)教育」の取り組みを中心としてー  守屋貴司  立命館経営学  57/ 5, 63-86  2019/01
「外国人労働者の就労問題と改善策」  守屋貴司  日本労働協会雑誌  第696  2018/07
一覧表示...

研究発表等
(報告)外国人労働者の就労問題とその解決策について  社会政策学会関西部会  2018/12/01
(講演)「外国人留学生の採用における課題」  『国際ビジネスセミナー
人材確保が困難な状況の中、
外国人留学生の力で企業の明日を開く 海外留学生人材活用』
共催:大阪産業振興機構国際ビジネス支援課・和泉商工会議所  2017/11/17
(講演)「留学生等の外国人材の就職における課題と大学の取組について」  『ベトナム産業人材シンポジウム in 堺
~ベトナムと日本の未来を切り開く産学官金による新たな人材育成ネットワークの構築~ 』主催:在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館、堺市、堺国際ビジネス推進協議会(事務局:堺市)、株式会社池田泉州銀行、近畿経済産業局  2017/08/29
一覧表示...

その他研究活動
(連載)「人材獲得術」輸送経済新聞  2018/04/03-
(特別提言)「人材の獲得・定着のすべ」輸送経済新聞  2018/01/02-
(特別寄稿)「外国人労働者の活用推進策 : グローバルタレントマネジメント・ウェイマネジメント・暗黙知の共有 (特集 日本企業が求められる「働き方改革」)」OMNI MANAGEMENT 一般社団法人 日本経営協会 2017年4月号  2017/04/01-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
日本における中山間地域の活性化に関する地域マネジメント研究       ―経営学・マーケティング・ケアの視点からー  全労済協会研究助成  2009  2011  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
東日本大震災における中小企業の再生と雇用問題に関する研究  2012/04-2013/03  受託研究  分担
日本の中山間の活性化に関するマネジメント研究  2009/03-2010/03  受託研究  代表
奈良県下の林業労働者に関する研究  (奈良県林業基金よりの受託研究)  1999/04-2000/03  受託研究  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     日本における外国人労働者のキャリア形成と人事管理   -   国内   2011/04-2011/09   2011     日本 
一覧表示...

研究交流希望テーマ
現代日本の成果主義人事制度に関する研究  現代日本の成果主義人事制度の公正な評価制度・賃金制度・雇用システムに関する調査研究
(キーワード)成果主義 評価制度 賃金制度 雇用システム  共同研究
外国人労働者に関する研究  外国人労働者のキャリア形成と人事管理に関する研究
(キーワード)外国人労働者 キャリア形成  ダイバシティ  共同研究
日本の中小企業の事業承継教育と採用・教育l訓練  日本の中小企業の厳しい現状の中、事業後継者難に対しては事業承継教育と人材難に対して、人材の採用方法と人材の長期定着のための教育・訓練方法について調査研究と提言をおこないます: 事業承継教育  人材の採用 人材の教育・訓練  受託研究,共同研究,その他
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅱ  演習
2017  専門演習Ⅲ  演習
一覧表示...

教育活動
専門演習Ⅰにおいて、「キャリアデザインワークブック」を作成し、ゼミ生のキャリアデザイン形成を促進した。  2016/04-2016/07
基礎科目である「企業と経営」のためのテキストの大幅な改変をおこない新しい学生参加型のテキストを作成した。  2011/04-2012/06
基礎演習において初年次のキャリア教育を後期のゼミ選択と関わらせておこない、キャリアの志望グループごとにPOWER POINTによる報告をおこなった。  2010/04-2011/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
現代日本企業と日本社会における経営・管理・労働に関して多面的な角度から研究・教育を展開しています。
 研究に関しては、「現代日本企業の成果主義人事制度研究」、「企業経営レベルにおける女性、高齢者、外国人労働者に関するダイバシティマネジメント研究」や「総合商社の管理・組織・労働に関する研究」「日本の中山間地域の活性化のための地域マネジメントの研究」など多面的に展開してきました。また、教育としては、人的資源管理論、労使関係論、キャリア開発演習など担当し、人的資源管理、キャリア開発についてオリジナルテキストを作成してわかりやすくかつ社会に出てから役立つ講義をおこなっています。また、キャリアデザイン・ライフデザインについても、実践的な就職指導とあわせて教育をおこない教育成果をあげています。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経営学
社会学