English
顔写真
経済学部  /
経済学科

 カネマル   ユウイチ   (男)
 金丸    裕一   教授
 "Yuichi,ISAAC"   KANAMARU

■兼務所属(本学内)
経済学研究科
BKC社系研究機構   /
社会システム研究所
衣笠総合研究機構   /
コリア研究センター
■出身大学院・出身大学他
1984  早稲田大学  第一文学部  東洋史学専攻  卒業
1988/03  復旦大学  経済学系(1987年4月~1988年3月、普通進修生)
1994  東京都立大学大学院  人文科学研究科  史学専攻博士課程単位取得退学  博士課程
■取得学位
文学修士 (東京都立大学)  
■職歴
1991/04/01-1994/03/31  藤嶺学園藤沢高等学校講師(社会科)
1992/01/01-1994/03/31  日本学術振興会特別研究員(平成三年度DC1、東京都立大学人文学部)
1992/04/01-1995/03/31  帝京大学文学部国際文化学科兼任講師
1994/04/01-1995/03/31  日本学術振興会特別研究員(平成六年度PDF、財団法人東洋文庫)
1995/04/01-2005/03/31  立命館大学助教授、経済学部
1997/08-1997/09  中央研究院近代史研究所訪問學人[国外・財団法人交流協会派遣]
1998/04/01-1999/03/31  中央研究院近代史研究所訪問學人 [国外]
1998/06/01-1998/06/15  香港・珠海書院短期訪問學人[国外]
1998/08-1999/02  中華民国国立政治大学文学院歴史学系兼任副教授 [国外]
2000/04/01-2004/03/31  立命館アジア太平洋大学助教授、アジア太平洋学部(出向)
2003/04/01-  財団法人東洋文庫研究員(客員)
2005/04/01-  立命館大学教授、経済学部
2014/03-2014/04  中央研究院近代史研究所訪問學人[国外]
2018/06/27-  明治学院大学キリスト教研究所・協力研究員
2018/08/29-  中央研究院近代史研究所訪問學人[国外]
■委員歴
2005/04-2006/03  立命館大学経済学部学生主事
2007/04-2009/03  立命館大学経済学部副学部長
2009/04-2016/03  立命館大学BKC社系研究機構副機構長
2003/04-  財団法人東洋文庫研究員(客員)
2008-2009  慶應義塾大学東アジア研究所所員
 東アジア近代史学会理事
■所属学会
財団法人東洋文庫  
明治学院大学キリスト教研究所  
東アジア近代史学会(理事)  
中国近代史学会(台北)  
東アジアキリスト教交流史研究会(運営委員)  
キリスト教史学会  
歴史科学協議会(元全国委員、常任委員)  
賀川豊彦学会  
■免許・資格
中学校一級・高等学校二級教員免許  (1984)   
■研究テーマ
臨床歴史学
中国の電力産業に関する研究
中国図書館史研究
中国・台湾基督教史
中国工業化の歴史に関する研究
支那学の歴史
■研究概要
中国インフラストラクチュア形成史

 電力をはじめとする中国の経済的基盤の形成と、外資を含む各種資本との提携の在り方を、歴史的展望の下に分析している。
■研究キーワード
近現代中国史、東アジア経済史、アジアの神学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
東アジアにおける平和と和解 ─キリスト教が貢献できること  福岡女学院大学キリスト教センター・徐亦猛 編  かんよう出版  7-26  2019/05
近代東亞國際視閾下的基督教教育與文化認同  司佳・徐亦猛 編  復旦大學出版社  2019/05  978-7-309-14198-6
棟方文雄戦時著作集 2017年8月20日現在  立命館大学経済学部 金丸裕一研究室  pp.16  2017/09
一覧表示...

論文
(翻訳)張徳明「21世紀中国における近代中国キリスト教史研究」  金丸裕一・宋安寧 譯  キリスト教文化  13  2019/06
第一章 戦争責任告白とその周辺  金丸裕一  福岡女学院大学キリスト教センター・徐亦猛編『東アジアにおける平和と和解 ─キリスト教が貢献できること』かんよう出版  7-26  2019/05
中国における賀川豊彦を追跡するー「宋美齡のラジオ放送」伝説をめぐってー(下)  金丸裕一  あんげろす 明治学院大学キリスト教研究所ニュースレター 78号  78, 1~3  2019/03
一覧表示...

研究発表等
日中基督教關係史的幾個思考-戰爭與信仰  國立東華大學歷史學系學術專題演講107-1  2018/12/04
「支那通」クリスチャンと日中戦争ー内山完造と清水安三の働きをめぐって  キリスト教史学会第69回全国大会  2018/09/15
戦争責任告白とその周辺  国際シンポジウム・「東アジアにおける平和と和解のためのキリスト教の貢献」  2018/01/27
一覧表示...

その他研究活動
簡介近代日本基督教報紙與中日信仰交流史  東海大學歴史學系  2019/06/11-2019/06/11
時流に乗らない選択のために  福岡女学院大学キリスト教センター チャペルアワー奨励  2017/10/12-2017/10/12
抵抗と信仰と-戦時下の棟方文雄に見える良心-  日本基督教団西宮教会  2017/08/20-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究成果国際発信プログラム   -     戦時期日中関係史に関する実証論文の中国学術雑誌への掲載にむけた翻訳   代表   -   2017/10-2018/03   2017   500,000   
研究所重点研究プログラム   -     アジア社会・文化・経済をめぐる基礎研究プロジェクト(アジア社会研究会)(社会システム研究所)   代表   -   2017/04-2018/03   2017   1,000,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     東アジア「和解」のための人文学的接近   代表   -   2016/06-2017/03   2016   200,000   
一覧表示...

研究交流希望テーマ
戦時下中国における宗教と日本のプロテスタント・カトリック  信仰と戦争・国家・権威をめぐる考察  共同研究
21世紀世界と靖國神社
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  演習Ⅱ  演習
2017  教養ゼミナール  演習
2017  経済学研究演習 Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
福岡女学院大学教員修養会 歴史╱平和教育によって培う対話の作法   2018/09-2018/09
中国キリスト教史における日本要因(静岡・常葉大学外国語学部「世界の宗教」学外講師)  2017/11-2017/11
大正期国際化時代の日中関係(静岡・常葉大学外国語学部)  2017/11-2017/11
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
「足で書く論文」を日々実践中
  金丸裕一(Isaac KANEMARU Yuichi)。1962年に横浜で生まれ、横須賀で育つ。號は「百凡」。日本基督教団西宮教会員。横須賀市立追浜小学校、同追浜中学校を経て、神奈川県立横須賀高等学校卒業。ノーベル賞学者(小柴昌俊)、五輪金メダリスト(猪熊功)、そして内閣総理大臣(小泉純一郎)を輩出した、創立百年を超えたわれらが「日本一の母校」は、近年ついに、9階建てのビルから飛び降りても死なないタレントまで産み出してしまった。
 早稲田大学第一文学部東洋史学専攻を経て、東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程単位取得退学。学部時代から中国企業史・経済史研究を志し、恩師の後ろ姿に学びつつ、また級友と競いつつ、紡績業・電力産業の実証研究に従事した。
 高校教員、帝京大学兼任講師、日本学術振興会特別研究員などを経て、1995年に本学赴任。

 2000年から4年間、別府のAPUに出向して温泉三昧の日々。この間、京都大学人文科学研究所・同経済学部講師、中央研究院近代史研究所客員研究員、国立政治大学歴史学研究所副教授、香港・珠海書院亞洲研究中心、南台科技大学応用日語系などでも兼任しながら研鑽を重ねる。ライフワークの中国エネルギー産業史研究に加え、近年では日中関係史の論文も多い。2018年からは明治学院大学キリスト教研究所協力研究員として新分野の開拓に努力している。
 趣味は文学・宗教・哲学など幅広い読書と旅行、相川七瀬や椎名林檎ほか、アイドル系を含むJ-Popなどなど。別府時代は自宅の浴室を一度も使用せず、三朝温泉がお気に入りであり、この十年程は「神楽湯」など大津市内にある銭湯の常連でもある。東京都内、横浜市内、近年は大阪・神戸一帯、遠くは台北・北投の天然かけ流し温泉もフィールド・ワーク中。以前のような無理・無茶は避けているものの、研究もまったり継続している。
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
東洋史
経済史
歴史神学