English
文学部  /
日本文学研究学域

 ナカガワ   シゲミ   (男)
 中川    成美   教授
 Shigemi   NAKAGAWA

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
国際言語文化研究所
衣笠総合研究機構   /
加藤周一現代思想研究センター
■出身大学院・出身大学他
1975  立教大学  文学部  日本文学
1984  立教大学大学院  文学研究科  日本文学  博士課程
■取得学位
文学修士 (1980/03 立教大学)   文学博士 (2010/03 立教大学)  
■所属学会
アメリカ日本文学会(AJLS)Association for Japanese Literary studies  
国際文学博物館会議(International Committee for Literary Museums)  
ヨーロッパ日本学会(European Association for Japanese Studies)  
国際比較文学会(International Comparative Literature Association)  
日本比較文学会  
昭和文学会  
日本近代文学会  
■研究テーマ
文学博物館学
20世紀日本人の海外体験
ジェンダースタディズ
日本近代文学におけるモダニズムの受容について
■研究概要
日本近現代文学におけるモダニティーとその諸問題、カルチュラル・スタディーズ、ジェンダー・スタディーズ

 日本近代にあってモダニティー(近代性)とは如何なる問題を提示したのか。日本近代文学が残した厖大なテクストからそれを検討し、近代が構築した制度をジェンダー、国民国家などの多面的な領域から読み替えたい。
■研究キーワード
日本近現代文学・文化, ジェンダー論、カルチュラル・スタディーズ, 博物館学, 比較文学・文化, 日本近現代文学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
支配の言葉・融和の言葉―日本語文学という概念をめぐって『バイリンガルな日本語文学』  郭南燕編  三元社  292-309  2013/06
文学的想像力へのみち―日本比較文学研究の状況と課題―『越境する言の葉―世界と出会う日本文学』  日本比較文学会編  彩流社  13-22  2011/06
文学者・貴志山治とプロレタリア文学『貴志山治研究』  貴志山治研究会編  不二出版  9-22  2011/01
一覧表示...

論文
西川長夫『日本の戦後小説―廃墟の光』を考える―文学と戦争責任―  立命館言語文化研究  27/ 1, 3-13  2015/10
林芙美子の詩的精神―抒情の発見―  現代詩手帖  4月号, 78-82  2014/04
生きることの自責(ギルティ)―原爆文学を考える  立命館言語文化研究  25/ 2, 39-42  2014/01
一覧表示...

研究発表等
Edogawa Rampo et les effets visueles―actualités et influences du pionnier du roman policier japonais  パリ第7大学講演  2015/05/05
Nuclear as a gesture: Yoko Tawada’s “The Lantern Keeper.”  AAS年次大会2015(於シカゴ)  2015/03/27
市川崑監督『こころ』におけるクィアな欲望について  Soseki Diversity(於ミシガン大学)  2014/04/20
一覧表示...

その他研究活動
『忘れられた記憶―戦争の文学再読』連載  京都新聞  2014/10/06-
格差社会の深層に潜むもの  京都新聞  2008/09/24-
『忘れられた物語全26回連載』4月27日~11月25日  京都新聞朝刊  2008/04/27-2008/11/25
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     ジェンダー研究会(国際言語文化研究所)   代表   -   2016/04-2017/03   2016   700,000   
研究所重点研究プログラム   -     ジェンダー研究会(国際言語文化研究所)   代表   -   2015/04-2016/03   2015   700,000   
研究の国際化推進プログラム   -     日本におけるクイア・スタディーズの国際共同研究   代表   -   2014/10-2015/03   2014   1,500,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  後期課程 特別研究Ⅰ  演習
2017  後期課程 特別研究Ⅱ  演習
2017  前期課程 特別研究Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
高等学校訪問授業  2007/07-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
日本近代文学・文化におけるモダニティーについて
  日本近代が持つ多様で多彩なモダニティー(近代性)の問題について、人文科学の諸領域で様々な研究・研究方法が提出されてきました。しかし、これまで私たちが準拠してきたパラダイム(規範)が大きく変容しようとしている現在、私たちはそうした研究・研究方法の〈意味〉すら問わなければならなくなっています。私は日本近代文学という領域にくくり付けられた厖大な文学作品を対象に、そのことを考えたいと思っています。この〈文学〉と名付けられた言説が私たちの居る場所をどう示してくれるのかということが、私の研究の目的とも言えるでしょう。最近の仕事としてはジェンダ ー(性別役割)の文学との関わりを考えた『語りかける記憶』(小沢書店)や共編著の『高橋たか子 の風景』(彩流社)などがあります。次は近代文学と近代化論についての本をまとめています。立教 大学大学院にて小田切進、前田愛先生に師事、'87年に同志社女子大学に赴任しまして、'95年か ら本学に勤務しています。
■電話番号
075-466-3250
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
日本文学
各国文学・文学論