English
文学部  /
地域研究学域

 ヤマザキ   ユウコウ   (男)
 山崎    有恒   教授
 YUKO   YAMAZAKI

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
歴史都市防災研究所
立命館アジア・日本研究機構   /
アジア・日本研究所
■出身大学院・出身大学他
1988  東京大学  文学部  日本史学科
1994  東京大学大学院  人文科学研究科  日本史学  博士課程
■取得学位
文学修士  
■所属学会
明治維新史学会  
日本史研究会  
史学会  
■研究テーマ
近代日本の河川と治水の研究
明治時代の行政機構と官僚の研究
■研究概要
明治初年の行政機構及び官僚の研究

 明治維新という歴史的変革期において個人や集団がいかなる国家機構を樹立しようとして行動したかの分析。
■研究キーワード
近代日本の国土計画と政治, 近代日本治水史, 明治時代の行政機構と官僚 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『明治後期京都歴史災害データベース』  京都歴史災害史料研究会  立命館大学歴史都市防災研究所  2014/03
西園寺公望関係文書  西園寺公望文書研究会  松香堂書店  2012/09  978-4-87974-666-5
京都の歴史災害  吉越昭久他 編  思文閣出版  75-76頁(「明治期の治水問題と現代」)  2012/08
一覧表示...

論文
明治維新の研究動向-公議という歴史用語をめぐって-  山崎有恒  『日本史学会研究発表会論文集(韓国日本史学会)』  2011/06
教室レポート 立命館大学文学部日本史の広大連携 ―「アカデミック・プログラム」の実戦を通じて―  山崎 有恒 , 三枝 暁子  『歴史と地理』  632号, 1-6頁  2010/03
植民地空間満州における日本人と多民族―競馬場の存在を素材として  山崎有恒  『立命館言語文化研究』  21巻/ 4号, 135-147頁  2010/03
一覧表示...

研究発表等
近代日本の植民地における災害と防災について  立命館大学歴史都市防災研究所定例研究会  2016/03/05
日本地域学の研究動向と京都学  2015中国地方学国際学術検討会  2015/06/28
近代日本の植民地と災害  北京連合大学セミナー  2015/06/25
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     トランスナショナルデジタルアーカイブの構築による近代日本植民地史料情報の共有   代表   -   2017/04-2018/03   2017   500,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     貴衆両院関係を中心とした帝国議会史像の構築―1890~1925―   代表   -   2017/04-2018/03   2017     
アジア・日本研究推進プログラム   -     トランスナショナルデジタルアーカイブの構築による近代日本植民地史の研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   5,000,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  研究入門Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
2016年度前期 教養科目基本担当「日本の近現代と立命館(KIC)」  2016/04-2017/09
2016年度前期 教養科目基本担当「新しい日本史像」  2016/04-2016/09
京都文教高校模擬講義 明治期京都の人々が目指した理想の教育  2015/07-2015/07
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
明治維新期を実証的に研究
  日本近代政治史、それも明治維新期を主要な研究対象とするに至った契機は今ではさだかではありませんが、当時活躍していた人々の日記や書簡などを読み進めていく内に、次第に深く魅了されていったのだと思います。世界史的に見ても特記すべき大変革でありながらも、これまで不思議と研究が深まらず、大河ドラマなどでよく話題になる幕末期に比べると今一つ影の薄いのが現状ですが、それ故に研究していく上で新たなる発見も多く、未知の魅力にあふれる分野だと思います。この時期に登場する個人や集団がいかなる国家構想を持ち、どのような行政機構を樹立していったかを解明することが当面の目標で、「史料が存在する限り地のはてまでも行く」をモットーに、趣味の旅行を兼ねてあちこちへ調査に出かけています。'94年東京大学大学院を卒業、同大学文学部助手を経て、'95年より本学へ参りました。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
日本史
政治学
交通工学・国土計画