English
政策科学部  /
政策科学科

 オバタ   ノリオ   (男)
 小幡    範雄   教授
 Norio   OBATA

■兼務所属(本学内)
政策科学研究科
OIC総合研究機構   /
サステイナビリティ学研究センター
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
■出身大学院・出身大学他
1975  大阪大学  工学部  環境工学
1977  大阪大学大学院  工学研究科  環境工学  博士課程前期課程
■取得学位
工学博士  
■所属学会
社会・経済システム学会  
水資源・環境学会  
環境経済・政策学会  
■研究テーマ
環境経営システムに関する研究
環境意思決定に関する研究
持続可能な社会と環境マネージメントに関する研究
■研究概要
環境政策のシステム分析及びマネージメント技法の研究

  循環型社会形成の視点から人-環境系の物質代謝論モデルなどを構築し、家庭・企業・地域の環境管理システムの設計、評価(環境配慮行動、地域環境診断、環境ビジネス、環境会計など)を行い、持続可能な発展の具体的プログラムを明らかにします。
■研究キーワード
地域・環境システム論, 環境保全, 社会システム工学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
アスベスト問題 何が問われ、どう解決するのか  岩波書店  2~12 54~65  2006
環境共生都市を目指して  京都新聞  2000年6月27日  2000/06
環境創造パートナーシップ  村山皓、佐藤満共編  『社会情報リテラシー』オーム社  1999/04
一覧表示...

論文
東日本大震災でのがれき仮置き場の取り扱いとその跡地利用  小幡範雄  別冊政策科学 アスベスト特集号 2017年度版  25~38  2017
アスベスト災害予防のあり方についての考察 -平常時と震災時にどう対応するか-  小幡範雄  別冊政策科学 アスベスト特集号 2017年度版  5~23  2017
環境負荷情報の統合化の効果と限界 / 人間中心主義と生態系中心主義のはざまのなかで  小幡範雄  政策科学  21/ 3, 139-161  2014
一覧表示...

研究発表等
環境リーディングシティを創ろう~未来を見すえ、地域の力で創
ろう  豊中市役所・招待講演  2011
3R推進による循環型社会の構築  市町村アカデミー・招待講演  2011
地球環境時代の環境リテラシーとしてのインダストリアル・エコロジー  社会・経済システム学会第17回学会報告  1998/10
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     防災の公共政策としての大規模災害時アスベスト対策の日米比較研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   1,000,000   
学外研究制度   -     資源循環による環境負荷の削減効果と限界について   -   国外   2014/09-2015/03   2014     アメリカ・日本 
研究推進プログラム   科研費連動型     有害性災害廃棄物の対策をめぐる行財政研究   代表   -   2013/07-2014/03   2013   1,000,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  RP特別演習Ⅰ  演習
2017  プロジェクト入門  演習
2017  リサーチ・プロジェクトⅠ  演習
一覧表示...

教育活動
専門科目「環境計画論」において、課題として環境マップを作成し、特徴や問題点、課題を授業時に発表する「双方向型授業」を実施。  2010/09-2011/01
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
人-環境系の問題解決型指向の展開
  地球的規模の環境問題の解決のキーワードは“持続的な発展”であります。社会状況は、循環型社会形成推進基本法、家電リサイクル法、食品リサイクル法などの整備を進め、循環型社会に向けて基本的枠組みができあがりつつあります。しかし、これらの法律は縦割り行政を反映したものになっており、実行段階での改善が必要であると思われます。都市・経済・経営活動の在り方が、資源・環境問題との関係でトータルな形で問い直さなければなりません。新たな環境文明の構想力が鋭く問われています。問題複合体としての地球環境問題の解明、解決策の探究にあたっては、物事を小さく小さく分解していく要素還元的思考には限界があると常々考えており、全体として理解するシステム的なアプローチに立脚した問題解決指向型の環境政策にかかわる教育・研究を進めたいと思っております。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会システム工学・安全システム
環境影響評価・環境政策