English
法学部  /
法学科

 トクガワ   シンジ   (男)
 德川    信治   教授
 SHINJI   TOKUGAWA

■兼務所属(本学内)
法学研究科
■出身大学院・出身大学他
1990  立命館大学  法学部  法学  卒業
1995  立命館大学大学院  法学研究科  公法  博士課程  修了
■取得学位
博士(法学) (1995/03 立命館大学)  
■職歴
1994/12/01-1996/03/31  財団法人世界人権問題研究センター・研究員
■委員歴
2009/11-2012/11  国際人権法学会  国際人権法学会 編集委員
2004/07-  京都府人権教育企画推進委員会  人権教育企画推進委員
2012/10-2014/06  国際法学会  事務局幹事
2012/11-2015/11  国際人権法学会  理事・国際交流委員会副主任
2014/07-2016/06  国際法学会  ホームページ委員会委員長
2015/11-  国際人権法学会  理事・編集委員
2017/05-  世界法学会  理事・庶務主任
■所属学会
国際人権法学会  
国際経済法学会  
民主主義科学者協会法律部会  
世界法学会  
国際法学会  
■研究テーマ
人権の国際的保障
■研究概要
人権の国際的保障とその国内法への影響

 国連や欧州をはじめとする人権保障に関する諸条約・宣言の研究。欧州統合に関わる人権の役割や国内裁判所における人権条約の取扱いといった、国際社会における人権と国家の関係に関する研究。
■研究キーワード
国際人権法, 国際法 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
国際法入門 逆から学ぶ 〔第2版〕  山形英郎ほか  法律文化社  347-360  2018/10  978-4-589-03960-6
テキストブック 法と国際社会〔第2版〕  德川信治,西村智朗  法律文化社  1-43  2018/04  978-4-589-03926-2
国際法で世界がわかるーニュースを読み解く32講-  森川幸一ほか  岩波書店  146-154  2016/12  978-4-00-022955-5
一覧表示...

論文
地域的人権条約における国際手続きの展開 欧州人権条約を中心に  德川信治  国際問題  680, 19-29  2019/04
解説・日本の国際法判例(13)  「日本の国際法判例」研究会(第2期)  国際法外交雑誌  117/ 4, 190-218  2019/01  0023-2866
解説・日本の国際法判例(12)  「日本の国際法判例」研究会(第2期)  国際法外交雑誌  116/ 4, 129-163  2018/01
一覧表示...

研究発表等
朝鮮学校無償化除外訴訟と国際人権法  国際人権法学会2018年度研究大会  2018/11/25
国際法分野から見た入管法  人の国際移動と法-入管法制をめぐって-シンポジウム  2012/12/07
靫公園強制立ち退き事件控訴審判決と国際人権法  国際人権法学会  2010/11
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     人身取引をめぐる国内法制と国際法制の対話(国際地域研究所)   代表   -   2015/04-2016/03   2015   750,000   
学外研究制度   -     欧州統合における欧州連合と欧州評議会の協力関係-欧州人権秩序の構築に向けて   役職   国外   2008/09-2009/09   2008     フランス 
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  専門演習  演習
2017  卒業研究・論文  演習
2017  IR-EAR304 国際人権法  講義
一覧表示...

教育活動
京都府教育委員会「子どもの知的好奇心をくすぐる体験事業」に基づき、京都府立鳥羽高等学校において、「グローバル社会におけるルールの活用」と題する模擬講義を行った。  2017/10-2017/10
京都府教育委員会「子どもの知的好奇心をくすぐる体験事業」に基づき、京都府立園部高等学校附属中学校において、「国際社会と日本-ヨーロッパ統合・英国の離脱と国際社会の人権」と題する講義を行った  2017/08-2017/08
京都府立園部高校附属中学校において、「国際社会と日本 -領土問題、英国EU離脱、オバマ大統領訪日にみる共通する想い」と題する講義を行った。  2016/07-2016/07
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
人権の国際的保障と日本の裁判所の適用
 専門は国際法、なかでも人権の国際的保障が主要なテーマ。これまでは、日本が'79年に批准した「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の研究を行ってきました。'90年立命館大学法学部卒業後、同大学院法学研究科に進み、'95年博士(法学)号取得。'94年12月から(財)世界人権問題研究センター専任研究員でしたが、'96年に立命館に。国連が創設されて以来、国際社会は人権の保障に様々な取り組みを行ってきました。そのなかでも上記規約は、人権の保障に大きく寄与している条約の一つです。近年日本の裁判所においてもこの規約の援用が行われるようになり、この規約のもつ内容・基準を明確化・精緻化することに弁護士も注目するようになってきています。また、現在では、欧州での留学を機に、欧州統合と人権の関係について研究をおこなっています。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
国際法学