English
理工学部  /
電気電子工学科

 タカクラ   ヒデユキ   (男)
 高倉    秀行   教授
 Hideyuki   TAKAKURA

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
OIC総合研究機構   /
サステイナビリティ学研究センター
総合科学技術研究機構   /
SRセンター
OIC総合研究機構   /
デザイン科学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1972  大阪大学  基礎工学部  電気工学科
1977  大阪大学大学院  基礎工学研究科  物理系電気工学博士課程  中退
■取得学位
工学博士 (1979/11 大阪大学)  
■職歴
1977/04/01-1988/07/31  大阪大学基礎工学部・助手
1988/08/01-1990/03/31  大阪大学基礎工学部・助教授
1990/04/01-1995/03/31  富山県立大学工学部・助教授
1995/04/01-1996/03/31  富山県立大学工学部・教授
1996/04/01-  立命館大学理工学部・教授(現在に至る)
2001/04/01-2003/03/31  立命館大学理工学部・副学部長
2003/04/01-2004/03/31  立命館大学・教学部長(BKC担当)
2004/04/01-2007/03/31  立命館大学理工学部・学部長
■所属学会
日本材料学会  
レーザー学会  
日本太陽エネルギー学会  
日本マイクログラヴィティ応用学会  
電気学会  
応用物理学会  
■研究テーマ
(1)CIS系太陽電池の高効率化
(2)太陽電池のデバイスシミュレーション
(3)太陽光発電システムのデータ解析
■研究概要
半導体結晶成長とこれを利用した高性能光電気変換素子開発

 21世紀のキーワードである「エネルギー」と「宇宙」が研究テーマ。
具体的には高性能太陽電池の開発および無重力環境を利用した新気相成長技術の確立。

【研究テーマ(1)概要】
CIS系薄膜太陽電池の製膜方法と膜特性の関係を詳細に調べ、高効率化する。また、そのタンデム構造の可能性について追及する。

【研究テーマ(2)概要】
本研究室で開発した、薄膜多層太陽電池のデバイスシミュレータを用いて、高効率化の検討を行う。
■研究キーワード
半導体素子工学, 電子デバイス・機器工学, 固体物性I(光物性・半導体・誘電体) 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
薄膜シリコン系太陽電池の最新技術  高倉秀行他17名  シーエムシー出版  251-256  2009/07  9784781301341
図解最新太陽光発電のすべて  高倉秀行他44名  工業調査会  154-157  2009/07  9784769371717
薄膜太陽電池の基礎と応用  小長井誠編著  オーム社  132-145  2001/02  4-274-94263-5
一覧表示...

論文
Production of Hollow Spheres of Eutectic Tin-Lead Solder through a Coaxial Nozzle  Troung V. VU, H. Takakura, J. C. Wells and T. Minemoto  Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering  4/ 10, 1530-1538  2010/10  10.1299/jmmp.4.1530
Difference in the Outdoor Performances of Bulk and Thin-film Silicon based Photovolgtaic Modules  Takashi Minemoto, Shunichi Fukushige and Hideyuki Takakura  Solar Energy Materials and Solar Cells  93, 1062-1065  2009/06
Analysis of the Temperature History of Amorphous Silicon modules outdoors  Shunichi Fukushige, Kyoko Ichida, Takashi Minemoto and Hideyuki Takakura  Solar Energy Materials and Solar Cells  93, 926-931  2009/06
一覧表示...

研究発表等
An optimum design of high-efficiency low-cost a-Si//poly-Si tandem type solar cells  ISES'97 Solar World Congress  1997/08
一覧表示...

その他研究活動
知能情報技術による低炭素社会の実現  「低炭素社会に向けた技術発掘・社会システム実証モデル事業」近畿地区の成果発表会、基調講演、(エル・おおさか、大阪市中央区)  2011/01/24-2011/01/24
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
低倍率集光型薄膜フルスペクトル太陽電池の研究開発  独立行政法人科学技術振興機構・革新型太陽電池国際研究拠点整備事業  2008/07  2015/02  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
太陽光発電高効率化に関する技術開発検証研究  2011/02-2011/12  受託研究
CIGS Roll to Roll高速製膜技術の研究  2010/10-2011/03  共同研究
稚内サイト大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究に対する技術指導  2010/06-2011/03  技術指導
一覧表示...

研究高度化推進制度
R-GIRO研究プログラム   特定領域型R-GIRO研究プログラム     エネルギーセキュリティ確保のための高効率多接合薄膜太陽電池の開発   代表   国内   2013/04-2014/03   2013   10,000,000   
R-GIRO研究プログラム   特定領域型R-GIRO研究プログラム     エネルギーセキュリティ確保のための高効率多接合薄膜太陽電池の開発   代表   国内   2012/04-2013/03   2012   10,000,000   
R-GIRO研究プログラム   特定領域型R-GIRO研究プログラム     エネルギーセキュリティ確保のための高効率多接合薄膜太陽電池の開発   代表   国内   2011/04-2012/03   2011   10,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 Paper Award/17th International Photovoltaic Science and Engineering Conference  2007/12
 日本太陽エネルギー学会平成4年度論文賞  1994
一覧表示...

知的財産権
単結晶薄膜製造用基板  昭61-29920
データ収集方法並びにその方法の実施に使用するデータ収集システム、太陽電池アレイ及び蓄電装置  2001-231984  2003-044974
光発電装置  特願2003-338060  特許第3754431
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  電気電子工学実験Ⅱ  実験・実習・実技
2017  情報処理演習  演習
2017  科学的な見方・考え方  講義
一覧表示...

教育活動
前期セメスター「ディジタル電子回路」ならびに後期セメスター「制御工学」にて、それぞれ8回のミニレポート提出を提出させ、講義内容の復習を促すとともに、理解度を分析し講義内容に反映させた。  2010/04-2011/01
(財)大学コンソーシアム京都からの要請により、伏見工業高校にて実施中の「地域や大学との連携と交流」に、指導員として参加し、合計3回、太陽エネルギー関係の研究プロジェクトを指導した。  2009/07-2010/11
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
太陽光発電と無重力利用に没頭
 専門は、半導体結晶成長。大阪大学基礎工学部学生・院生時代を通じて液相成長、気相成長から分子線エピタキシーまで手がけてきた。
大学院時代に第1次オイルショックを経験したことから、結晶成長技術を生かして、太陽光発電とくに高性能太陽電池の開発に従事。以来、素子作りから最適設計、応用システムまで幅広く研究を行ってきている。また、μプロセッサが登場したのが学生時代であり、ラボオートメーション(LA)にも熱意を燃やしてきた。最近では、宇宙の無重力環境を利用した気相成長により、新しい機能性材料を創製するための基礎技術開発も行っている。
21世紀のキーワードである「エネルギー」と「宇宙」をテーマに研究と教育を目指している。

大阪大学基礎工学部助手・助教授、富山県立大学工学部助教授・教授を経て、平成8年4月立命館大学に。趣味は野菜作りと40歳からはじめた水泳。前者は無から有を生じるから、後者は健康のため。
■関連URL
 高倉・峯元研究室 光機能デバイス研究室
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
固体物性I(光物性・半導体・誘電体)
電子デバイス・電子機器