日本語
College of Letters  /
Area Studies Program

 (Male)
 MASATO   IKUTA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Letters
■Graduate school/University/other
1980  Osaka City University  Graduate School, Division of Letters  Geography  Doctoral course  Withdrawal
 Kagoshima University  Faculty of Law and Literature  Human Geography
■Academic degrees
Master of Literature (Osaka City University)  
■Academic society memberships
The Association of Japanese Geographers  
The Human Geographical Society of Japan  
The Japan Association of Economic Geographers  
The Japan Association for Regional Economic Studies  
The Association of Historical Geographers in Japan  
■Subject of research
Regional Developments in Malaysis
Chenges of Retail Location and Consumper Spatial Behavior in a City
Urban growth in Fast Asia
■Research summary
Comparative Study on Large City Development

 Study on problems of major city development in Asian countries, centering on industrial and economic analysis of Japanese metropolitan areas
■Research keywords
Comparative Studies of Large City Development in Asia, Economic Policy(includiug Economic condition), Human Geography 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
人文地理学事典 「世界都市」  人文地理学会編   丸善  364-365  09/2013
東南アジアの大都市圏―拡大する地域統合  生田真人  古今書院  12/2011
経済地理学会編『経済地理学の成果と課題 Ⅶ』第7章第2節「東南アジア」  日本経済評論社  181-186  03/2010
View details...

Papers
大都市と国家の関係をめぐる議論にむけてー世界都市論に基づく検討―  生田真人  立命館地理学  30, 1-14  12/2018
世界都市  生田真人  経済地理学会編『キーワードで読む経済地理学』原書房  475-490  05/2018
国際協調と国境地帯の産業集積―拡大メコン圏の形成をめぐってー  立命館文学  650, 103-122頁。  02/2017
View details...

Research presentations
Urban and regional development policies and the Greater Mekong Sub-region in continental Southeast Asia   33rd International Geographical Congress  08/25/2016
A consideration on tourism developments in Thailand and Indonesia with special reference to regional structure theory by Japanese geographers  IGU Kyoto Regional Conference  08/08/2013
A comparative study of Southeast Asian and Japanese Megacities with a Focus on Urban Areas  32nd International Geographical Congress  08/30/2012
View details...

Other research achievements
学界展望 総説 『人文地理』  人文地理66-3、43-44頁  07/2014-07/2014
討論の概要と座長の所見  経済地理学年報59巻4号、126-127頁。  12/2013-12/2013
学界展望 総説 『人文地理』  人文地理65巻3号, 17-19頁。  07/2013-07/2013
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Basic Readings 1  Seminar
2017  Introductory Seminar 1  Seminar
2017  Introductory Seminar 2  Seminar
View details...

Teaching achievements
高大連携授業の実施  07/2016-07/2016
地域研究学域のテキスト『地域研究の扉』の中の第15章の一部「研究入門夏季調査レポートの書式等」を大きく改変した。  03/2016-03/2016
2015・16・17年度 教養科目基本担当者「エリアスタディ入門」  04/2015-03/2018
View details...
■Message from researcher
大都市開発論の研究
  専門は経済地理学。この分野は経済学と地理学の境界的な領域ですので、両分野の研究成果を摂取することに追われます。これまで日本の大都市の産業立地問題や都市政策、あるいは都市生活者について研究してきました。日本の都市は現在、産業構造や自治制度の変化によって変革期に入ろうとしています。これからの日本の都市開発制度や都市経済の管理運営に関する研究を進めています。また、東南アジアを旅行したことがきっかけになって、この地域の大都市問題やマレーシアの地域開発など東南アジア諸国の都市開発や地域開発についても研究を進めています。特に関心があるのはマレーシアです。鹿児島大学を卒業して、大阪市立大学大学院へ進み、東京都立大学理学部助手をへて大阪市立大学経済研究所へ着任。この間、マレーシアのマラヤ大学に客員研究員として出張し、発展途上国社会の実情に接しました。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Human geography
Economic Policy