English
文学部  /
日本史研究学域

 ホンゴウ   マサツグ   (男)
 本郷    真紹   教授
 Masatsugu   HONGO

■兼務所属(本学内)
文学研究科
■出身大学院・出身大学他
1981  京都大学  文学部  史学科国史学専攻
1987  京都大学大学院  文学研究科  国史学専攻  博士課程
■取得学位
学術博士(文学) (2004/03 京都大学)  
■職歴
1992/04/01-1996/03/31  富山大学人文学部 助教授
1996/04/01-2000/03/31  立命館大学文学部 助教授
2000/04/01-  立命館大学文学部 教授
■委員歴
 仏教史学会  評議員
2005/04-2006/12  学校法人立命館  常務理事
2007/01-2012/12  学校法人立命館  副総長
2009/06-2010/03  文部科学省  中央教育審議会 作業委員
2010/04-2012/03  文部科学省  国立大学法人評価委員会 臨時委員
2007/04-  全国大学入学者選抜研究連絡協議会  企画委員
2013/01-2014/12  学校法人立命館  総長特別補佐
2015/04-  学校法人立命館  理事補佐
■所属学会
日本史研究会  
仏教史学会  
木簡学会  
史学研究会  
史学会  
大阪歴史学会  
■研究テーマ
日本古代の律令国家・王権と仏教
■研究概要
日本古代の律令国家・王権と宗教

 奈良・平安時代の宗教的事象の分析を通じ、イデオロギー支配装置としての宗教の役割や王権の宗教的性格、地域の宗教文化の特性等について考察を加える。
■研究キーワード
日本古代史 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
古代の僧尼と寺院ー僧尼令と『日本霊異記』ー  古瀬奈津子編  竹林舎  414-438  2018/09  978-4-902084-75-7
考証 日本霊異記 中  法蔵館  2018/03
古代をつくった人びと 推古天皇・聖徳太子  奈良県  2017/03
一覧表示...

論文
聖武天皇の生前退位と孝謙天皇の即位  本郷真紹  『日本史研究』657  1-27  2017/05
古代寺院と学僧  本郷真紹  根本誠二他編『奈良平安時代の〈知〉の相関』  27-60  2015/01
(書評と紹介)根本誠二著『奈良仏教と密教』  本郷真紹  『日本歴史』  773, 111-113  2012/10
一覧表示...

研究発表等
武則天と光明皇后  清華大学・立命館大学 国際学術検討会  2018/12/08
「天皇と出家」再考ー宇佐八幡神託と新帝の即位ー  日本史研究会古代史部会  2016/03/28
聖武天皇の譲位と出家  国際シンポジウム 東アジアの国際関係再考ー8~17世紀の自立主体、思想と国際秩序  2015/10
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     東アジアにおける古代王権の異宗教間交渉と習合に及ぼす影響に関する比較研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
学術図書出版推進プログラム   -     考証 日本霊異記 中巻   代表   -   2017/04-2018/03   2017   1,000,000   
学術図書出版推進プログラム   -     考証 日本霊異記 上巻   代表   -   2014/04-2015/03   2014   1,000,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎講読Ⅰ  演習
2017  基礎講読Ⅱ  演習
2017  後期課程 特別研究Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
秀光中等教育学校模擬講義 聖徳太子の痛切と疑問  2015/08-2015/08
聖徳太子の通説と疑問(仙台育英高校)  2014/12-2014/12
聖徳太子の通説と疑問(藤枝東高校)  2014/10-2014/10
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
律令国家・王権と宗教
 87年京大大学院博士課程を学修退学、'92年富山大学人文学部に助教授として赴任し、'96年本学文学部へ。専門分野は日本古代史・宗教史。奈良・平安時代の律令国家・王権と宗教の関係を主たる研究テーマとする。私の研究は、イデオロギー支配装置としての宗教利用の実態を探るという、政治史的観点からの分析が主たるもので、とりわけ王権の有する宗教的性格について研究を進めるが、その前提として、宗教を政治の対極と捉え、権力による従属強制を旨とする政治に対し、権威に対する自発的従属を促す手段と概念規定し、今日の社会にも相通ずるものとして諸課題の究明に当っている。一方、各地域の宗教文化の特性にも関心を抱き、越(北陸)・豊(九州)といった地域での神仏混淆の現象とその歴史的背景等について、分析を試みる。
■電話番号
075-466-3219
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
日本史