English
産業社会学部  /
現代社会学科

 ナカイ   ミキ  
 中井    美樹   教授
 MIKI   NAKAI

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
■出身大学院・出身大学他
1988  北海道大学  文学部  行動科学科
1992  北海道大学大学院  文学研究科  社会行動学  博士課程  中退
■取得学位
文学修士 (1990)  
■委員歴
2009-2013  日本社会学会  国際交流委員
1999-2001  数理社会学会  『理論と方法』編集委員
2007-2009  数理社会学会  企画・広報理事
2009-2010  数理社会学会  学会賞選考委員
2008-  社会調査協会  科目認定委員会委員
2009-  社会調査協会  研修委員会委員
2011-2013  社会調査協会  『社会と調査』編集委員
2015-  日本行動計量学会  理事
2016-  日本社会学会  『社会学評論』専門委員
■所属学会
日本行動計量学会  
国際社会学会 (RC28)  
数理社会学会  
北海道社会学会  
日本社会学会  
日本家族社会学会  
関西社会学会  
■研究テーマ
社会階層とライフイベント
社会階層とジェンダー
社会階層・社会移動とライフコース
■研究概要
ジェンダーと社会階層、社会調査データの計量分析

 社会階層をめぐる諸問題について、とくにジェンダーの視点から、調査データ・統計などを用いて実証的に明らかにする。
■研究キーワード
社会階層論, 社会学(含社会福祉関係), 社会調査論, 階層とジェンダー, ライフコース, 計量社会学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Changes in couples' breadwinning patterns and wife’s economic role in Japan  Universitas Studiorum  1-6  2017/09  978-88-99459-71-0
Optimization of the Listwise Deletion Method  Vernizzi, Graziano  Universitas Studiorum  1-6  2017/09  978-88-99459-71-0
階級的消費、『社会学理論応用事典』  丸善出版株式会社  440-441  2016
一覧表示...

論文
Social Differentiation of Cultural Taste and Practice in Contemporary Japan: Nonhierarchical Asymmetric Cluster Analysis.  Nakai, Miki  Palumbo, Francesco, Montanari, Angela, Vichi, Maurizio (Eds.) Data Science: Innovative Developments in Data Analysis and Clustering.  149-159  2017/08  10.1007/978-3-319-55723-6
A Geometrical Framework for Covariance Matrices of Continuous and Categorical Variables.  Vernizzi, Graziano and Miki Nakai  Sociological Methods and Research  44/ 1, 48-79  2015/02  10.1177/0049124114543243
Socio-economic and Gender Differences in Voluntary Participation in Japan.  Nakai, Miki  Wolfgang Gaul, Andreas Geyer-Schulz, Yasumasa Baba, and Akinori Okada (Eds.) German-Japanese Interchange of Data Analysis Results.  225-234  2013/11  10.1007/978-3-319-01264-3_20
一覧表示...

研究発表等
A latent variable model for a derived ordinal response accounting for sampling weights, missing values and covariates  International Conference on Advances in Statistical Modelling of Ordinal Data (ASMOD) 2018  2018/10/25
Changes in couples' breadwinning patterns and wife’s economic role in Japan  Conference of the CLAssification and Data Analysis Group (CLADAG)  2017/09/14
Optimization of the Listwise Deletion Method  Conference of the CLAssification and Data Analysis Group (CLADAG)  2017/09/13
一覧表示...

その他研究活動
「労働者階級」  見田宗介、大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一編『現代社会学事典』弘文堂.  2012-2012
「ホワイトカラー」  見田宗介、大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一編『現代社会学事典』弘文堂.  2012-2012
「職業」  見田宗介、大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一編『現代社会学事典』弘文堂.  2012-2012
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     社会階層とジェンダー不平等に関する研究ー国際比較の視点からー   -   国外   2015/09-2016/09   2015     アメリカ 
研究の国際化推進プログラム   -     階層的消費にかんする国際比較パースペクティブからの研究の欧文学術雑誌への成果公表   代表   -   2014/10-2015/03   2014   200,000   
学外研究制度   -     社会階層研究におけるジェンダー不平等に関する研究―国際比較の視点から―   -   国外   2011/04-2011/09   2011     アメリカ 
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プロジェクトスタディⅠA  演習
2017  専門演習  演習
2017  特別演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
社会的不平等:教育機会の不平等の社会学  2014/11-2014/11
立命館大学産業社会学部で開講した「社会調査士Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」において、学生が積極的に実習に参加するよう、常に双方向の情報交換を行った。「社会調査研究Ⅰ」においてセメスター中に3~4回の課題を出し、全員のレポ  2008/09-2011/03
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会学(含社会福祉関係)