English
文学部  /
日本史研究学域

 オゼキ   モトアキ   (男)
 小関    素明   教授
 MOTOAKI   OZEKI

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
人文科学研究所
衣笠総合研究機構   /
加藤周一現代思想研究センター
■出身大学院・出身大学他
1985  立命館大学  文学部  日本史学
1990  立命館大学大学院  文学研究科  史学専攻(日本史専修)  博士課程
■取得学位
博士(文学) (神戸大学)  
■所属学会
立命館史学会  
京都民科歴史部会  
近代都市史研究会  
日本史研究会  
■研究テーマ
戦前期日本政党政治史
戦後日本の政治と思想
■研究概要
近代日本の政党と官僚、国制、政治理念の研究

 個別実証主義、方法としての「リアリズム」を克服し、構想力を生かして対象のリアリズムに迫ること。この観点を重視した日本近・現代政治史の特質の解明。
■研究キーワード
近代日本政治史, 近代日本政治思想史 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『日本近代主権と立憲政体構想』(単著)  日本評論社  2014/12  978-4-535-58671-0
山口定・中島茂樹・松葉正文・小関素明『現代国家と市民社会』  ミネルヴァ書房  27-52頁。  2005
山口定・佐藤春吉・中島茂樹・小関素明『新しい公共性』  有斐閣  151-73頁。  2003
一覧表示...

論文
近代日本における「革命の凍結」と「革命の解凍」-日本近代公権力の特質と反体制構想の水脈-  小関素明  『立命館大学人文科学研究所紀要』103  1~41  2014/03
「『恣意なき独裁』の余塵-近代日本の公権力と立憲君主制-」  小関素明  資料集『近代日本の思想空間と公共性』  1~9  2013/12
書評:林尚之『主権不在の帝国』(有志舎 2012年)  小関素明  『史創』4  2013/12
一覧表示...

研究発表等
美濃部達吉と吉野作造を読み解く  立命館大学土曜講座「専門研究への橋わたし―入門シリーズ2―」  2014/05/17
「『恣意なき独裁』の余塵-近代日本の公権力と立憲君主制-」  国際学術シンポジウム「近現代日本の思想空間と公共性」  2013/12/13
書評:林尚之著『主権不在の帝国』(有志舎 2012年)  史創研究会書評会  2013/10/26
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     敗戦と戦後政治体制構想(人文科学研究所)   代表   -   2017/04-2018/03   2017   600,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     主権と人権の原理の探求に基づいた戦後政治の形成に関する研究   代表   -   2016/04-2017/03   2016     
研究所重点研究プログラム   -     戦後民主主義の理念と制度設計(人文科学研究所)   代表   -   2015/04-2016/03   2015   900,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  後期課程 特別研究Ⅰ  演習
2017  後期課程 特別研究Ⅱ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
2016年度後期 教養科目基本担当「新しい日本史像」  2016/09-2017/03
2015年度 教養科目基本担当「日本の近現代と立命館(KIC)」  2015/04-2016/03
2015年度前期 教養科目基本担当「新しい日本史像」  2015/04-2015/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
構想力を生かした歴史学の追求
  これまでに取り組んできたことは日露戦後へ昭和期の政党政治史、もしくは思想史ですが、今後これらのテーマを以下の3点を念頭に置いて深めていきたいと考えています。まず第1に、近世・近代・現代という長期的な時代の流れを見通すこと。第2に、対象のリアリズムを足えるために研究主体の想像力を鍛えること。第3に、そのために他分野・領域との緊張感のある議論を行なうこと。以上、「言うは易し、行うは難し」の難題ばかりですが、最近これらの課題の重要性を痛感しています。今日、歴史学が魅力を喪失したと言うことがよく言われるのも、特に第2の点、つまり歴史家が構想力を失いつつあるのが大きな原因ではないかと考えています。いろいろ迷い、失敗をくり返しながら、歴史家が構想力を鍛え上げていなけば、歴史学が新たな魅力をもつ学問として再生することも夢ではないかと思い直しています。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
思想史
日本史