English
理工学部  /
都市システム工学科

 ウエルズ   ジョン   (男)
 WELLS    John Craig   教授
 John   WELLS

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
総合科学技術研究機構   /
琵琶湖Σ研究センター
総合科学技術研究機構   /
古気候学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1992/03  Univ. Grenoble I大学院  Institut de Mecanique  Mechanics  博士課程  修了
■取得学位
その他  
■所属学会
日本機械学会  
日本土木学会  
■研究テーマ
実験および数値計算による流砂のマイクロメカクス
水浄化用バイオリアクターの流れの数値シミュレーション
■研究概要
流砂の力学、乱流境界層の渦構造

 流砂力学を確立するため、渦力学、潤滑理論及び実験(Particle Image Velocimetry,可視化)をベースとして粒子に働く流体力が粒子運動に関する研究を推進している。
■研究キーワード
流体力学, 水工水理学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Efficient local smoothed particle hydrodynamics with precomputed patches,I  Yasutomo Kanetsuki, John C. Wells & Susumu Nakata  International Journal of Computer Mathematics  2018  10.1080/00207160.2018.1425799
Profiling measurement of internal tides in Bali Strait by reciprocal sound transmission  F. Syamsudin, M. Chen, A. Kaneko, Y. Adityawarman, H. Zheng, H. Mutsuda, A. D. Hanifa, C. Zhang, G. Auger, J. C. Wells, X. Zhu  Acoustic Science and Technology  38/ 5, 246-253  2017
Numerical simulations of solidification around two tandemly-arranged circular cylinders under forced convection  TV Vu, JC Wells  International Journal of Multiphase Flow  89, 331-244  2016
一覧表示...

研究発表等
Front Tracking Computation of Trijunction Solidification with
Volume Change  IUTAM Symposium on Multiphase Flows with Phase Change  2014/12/08
How does liquid inertia affect the lubrication force between immersed colliding spheres?  63rd National Congress of Theoretical and Applied Mechanics NCTAM  2014/09/27
Acoustic simulation for CAT deployment and now-casting system implementation in Lake Biwa (Jp)  International Society of Limnology and River Environment  2014/08/25
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     Development of a method to form metal spheres.   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究成果国際発信プログラム   -     Photovoltaic Materials Processing and Multiphase Flow Simulation   代表   -   2017/04-2018/03   2017   500,000   
研究の国際化推進プログラム   -     Photovoltaic Materials Processing, Multiphase Flow Simulation, and Stability Theory   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,000,000   
一覧表示...

知的財産権
蛍光顕微鏡用全反射バイオチップ及びその製法並びに蛍光顕微鏡  2008-119836  2008-298-71
直接静電プリント方法及び装置  特開平10-239958
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  環境都市工学実験Ⅰ  実験・実習・実技
2017  環境都市工学実験Ⅱ  実験・実習・実技
2017  水理学演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
東大津高校 模擬講義 琵琶湖における水の動き、冷たい水、温かい水  2015/06-2015/06
2回生講義科目「水理学I」において動画を活用して、空気など水以外の流れの事例を見せ、授業で学ぶ理論の適応範囲の広さを示した。また「流れ」現象の性質と美しさを伝えるために、通常に着目される保存則や方程式の  2010/06-2010/06
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
メッセージ・自己PR
 侵食と流砂に関連する研究を行っている。特に、Particle Image Velocimetryを用いた開水路実験を中心に研究を深めつつある。これらの実験的研究に加え、渦による粒子に働く力および液体中における粒子衝突に関する理論的研究を行っている。さらに、他学科や学外機関との共同研究によって、乱流数値シミュレーションを行うとともに、マイクロセンサーを使った乱れ構造の解明に努めている。  '83年Cornell大学(米)の農業工学科を卒業した後、西アフリカのニジェル国にて灌漑に関するinternshipに出かけ、その国の開発の社会的な面や経済的な面を具体的に経験した。同時に自然のダイナミクスに感激し、力学の重要性とおもしろさに目覚め、侵食と流砂に関する力学的研究に着手した。'86年Cornell大学修士。'92年Grenoble大学(仏)博士。'92-'94大阪大学、'94-'96東京工業大学でポスドック。'96年4月-'97年3月シャープ(株)プリント商品開発研究所にてトナー粒子の接触力に関する研究。'97年4月本学外国語常勤講師、'99年4月から現職。趣味は、スキー、バイオリン、家族ハイキングです。
■関連URL
 Wells laboratory, Dept. Civil Engineering
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
水工水理学