研究発表等
公開件数:19件
No. 発表題名 発表会議名(発表誌等の媒体名) 発表年月日
1 Gender and Science: Institutional and discoue analysis of recent Supreme Court rulings of family law cases
RCSL/SDJ Annual Meetings
2018/09/12
2 司法と報道:国民的基盤の形成の観点から
第28回司法シンポジウムプレシンポジウム「市民と司法をつなぐマスメディアの役割」
2018/09/05
3 ADR Movement for Medical Accident Cases in Japan : The possibility and limitation of ADR to Alternate Litigation
Asian Law and Society Association
2017/12/15
4 基礎法学と要件事実
2017年度法科大学院要件事実教育研究所・講演会
2017/11/25
5 紛争解決過程における専門知-医療ADRを例に-
仲裁ADR学会
2017/07/10
6 法社会学研究の動向
日本法社会学会2017年度学術大会
2017/05/27
7 現代社会における弁護士役割論の意義
大阪弁護士会弁護士倫理研修 招待講演
2016/12/02
8 Science at the bar in Japan; What is Scientific Issue and How to Address such Issues
アジア法社会学会
2016/09/22
9 Specialization and Stratification of Women Lawyers in Japan
3rd ISA Forum of Sociology
2016/07/14
10 事前規制と事後救済の多様化と交錯-医療専門分野における現状と課題
日本法社会学会学術大会
2016/05/29
11 裁判における科学と社会
科学技術社会論学会 第14回年次研究大会
2015/11/22
12 医事訴訟における専門家の関与
日本医事法学会 研究大会ワークショップ
2014/11/29
13 日本における裁判官研修について
京都女子大学法学部完成記念国際フォーラム
2014/04/12
14 The Role of Expert Witness for Judicial Creation of Norms: A Comparative Study of the U.S. and Japan
2013 Congress on the Sociology of Law
2013/09/03
15 最高裁判所の人的構成と司法行動
国際シンポジウム 現代社会における最高裁判所の役割と条件
2013/07/13
16 専門的知見と法発展-セクシュアル・ハラスメント事件を例に-
日本法社会学会学術大会
2013/05/11
17 Japanese Judicial Training Programs and Their Approach to Gender Issues as Women's Human Rights
2012International Congress on Law & Society
2012/06/05
18 "Scientific Evidence and Japanese Law"

2009/02/09
19 法曹再教育について

2008/12/21