日本語
College of Law  /
Department of Law

 (Female)
 CHIHARA   WATANABE  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Law
■Graduate school/University/other
 Kyoto University  Graduate School, Division of Law  Doctoral course
■Academic degrees
Master of Laws (03/1994 京都大学)  
■Subject of research
Science, Medical Service and Litigation
■Research summary
Roles of Court in Modern Society and Theory of Profession

 Empirical sociology of law derived from the American sociology of law. Study in particular on the function of laws in modern society in such areas as medical malpractice lawsuits where the legal field engages in different areas of expertise.
■Research keywords
sociology of law 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
現代日本の法過程 〔宮澤節生先生古稀記念〕 上巻  上石圭一・大塚 浩・武蔵勝宏・平山真理 編  信山社  437-465  05/2017
日本の最高裁判所  市川正人・大久保史郎・斎藤浩・渡辺千原  日本評論社  2-22  06/2016
法廷に立つ科学-「法と科学」入門  シーラ・ジャサノフ 渡辺千原・吉良貴之  勁草書房  07/2015
View details...

Papers
オーストラリアにおける専門家証拠のための特別な訴訟手続  ブライアン・J・プレストン著 渡辺千原訳  判例時報  2309, 12-20  12/2016
裁判と科学-フォーラムとしての裁判とその手続のあり方についての一考察-  渡辺千原  法と社会研究  1, 99-137  12/2015
医事訴訟における専門家の関与のあり方  渡辺千原  年報医事法学  30, 75-83  09/2015
View details...

Research presentations
基礎法学と要件事実  2017年度法科大学院要件事実教育研究所・講演会  11/25/2017
現代社会における弁護士役割論の意義  大阪弁護士会弁護士倫理研修 招待講演  12/02/2016
Science at the bar in Japan; What is Scientific Issue and How to Address such Issues  the Asian Law and Society Association (ALSA) Conference 2016  09/22/2016
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2016  Introductory Seminar Ⅰ  Seminar
2016  Introductory Seminar Ⅱ  Seminar
2016  Judicial Process  Lecture
View details...
■Message from researcher
現代社会における裁判のあり方を探究
  法学部に在籍していても実際の社会は見えない。法社会学を選択すれば、社会を見る目が養えるのではないか、と学部のゼミで棚瀬孝雄教授の法社会学を選択したのが法社会学との出逢いでした。そのような心許ないスタートながら、社会学の視点から規範や裁判を捉え直す作業の面白さに勉強を続けて、今に至っております。現代社会において、法や裁判が対処しなければならない問題は増殖しています。本来法とは異分野である医療や環境問題なども法のカバーする領域となりつつあります。法、具体的には法律家は、そのような問題にいかに対処しうるのでしょうか。また、法の正統性は何に求められるようになるのでしょうか。そのような問題を考察しながら、現代社会における裁判の変貌、今後の展望を考察したいというのが現在の研究関心です。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Fundamental law