論文
公開件数:76件
No. 発表論文の標題 著者名等 掲載誌名 巻/号,頁 出版年月 ISSN DOI URL
1 法科学の再構築~ご鑑定防止の司法・社会システムの修復に向けて
平岡義博・稲葉光行・藤田義彦・千原國宏・木村祐子
立命館人間科学研究
41, 39-60
2020/03



2 臨床研究コーディネーターの他者とのかかわりを通じた学び―インタビュー調査から―
村田京子, 稲葉光行
立命館人間科学研究
40, 59-70
2019/12
1346-678X


3 Grounded text mining approach (GTxA): An integration of grounded theory and crossover mixed analyses
Mitsuyuki INABA & Hisako KAKAI
MMIRA 2018 Book of Abstracts
94-95
2018/08



4 Constructing Multicultural Learning Environment and Collaborative Serious Games in Metaverse
Juhyung SHIN, Yehang JIANG, and Mitsuyuki INABA
Replaying Japan 2018 Conference Book
17-19
2018/08



5 特集[バイアスと冤罪ー日本版イノセンス・プロジェクトの実践に向けて]企画趣旨
稲葉光行
法と心理
17/ 1, 1-2
2017/10



6 Implementing Collaborative Serious Games on Japanese Culture based on Restored Historical Structures and Landscapes in the 3D Metaverse
Juhyung SHIN, Yan JIAO, Yehang JIANG, and Mitsuyuki INABA
Proceedings of Replaying Japan 2017
37-40
2017/08



7 日本版のイノセンス・プロジェクト(IP)の可能性
山田早紀、笹倉香奈、指宿信、稲葉光行、佐藤博史、浜田寿美男
法と心理
16/ 1, 55-61
2016/10
1346-8669


8 日本版イノセンス・プロジェクト―えん罪救済センターの役割と展望
稲葉光行
季刊刑事弁護
88, 72-75
2016/10



9 Research on Serious-Game Design for Inter-Cultural Understanding mediated by 3D Metaverse
Juhyung Shin, Yan Jiao, Yehang Jiang, and Mitsuyuki Inaba
Replaying Japan 2016 Conference Abstracts
81-82
2016/08



10 混合研究法としてのグラウンデッドなテキストマイニング・アプローチ
稲葉 光行,抱井 尚子
看護研究
49/ 1, 25–36
2016/02



11 心理学からみた法の現場のディスコミュニケーションの諸相
村山満明・稲葉光行・山田早紀
法と心理
15/ 1, 37-52
2015/11



12 Constructing Collaborative Serious Games for Cross-Cultural Learning in a 3D Metaverse Replaying Japan 2015
Mitsuyuki Inaba, Michiru Tamai, Kenji Kitamura, Ruck THawonmas, Koichi Hosoi, Akinori Nakamura, and Masayuki Uemura
Replaying Japan 2015 Conference Abstracts
84-85
2015/05



13 複合的媒介人工物としてのビデオ作品がもつ意味-平成26年度八幡子ども会議委員による市長提言を事例として-
伊藤大輔・稲葉光行
日本教育工学会研究報告集
15/ 1, 195-200
2015/02



14 法情報教育と法学教育のいまと未来
稲葉光行, 指宿信, 渡邊弘
情報ネットワーク・ローレビュー
13/ 2, 161-182
2014/10



15 公判廷における尋問者と供述者のディスコミュニケーション
山田早紀・脇中洋・稲葉光行・村山満明・大倉得史
法と心理
14/ 1, 63-70
2014/10



16 高度情報化社会における法心理学領域の展望
若林宏輔・稲葉光行・斎藤進也
法と心理
14/ 1, 82-86
2014/10



17 Implementing and Evaluating Collaborative Serious Games for Japanese Cultural Learning in 3D Metaverse
Mitsuyuki INABA, Michiru TAMAI, Kenji KITAMURA, Ruck THAWONMAS, Koichi HOSOI, Akinori NAKAMURA, and Masayuki UEMURA
Proceedings of Replaying Japan Again: 2nd International Japan Game Studies Conference 2014
47
2014/08



18 ひらめき☆ときめきサイエンス「模擬法廷に来て裁判に参加してみましょう」の実践および論考
山崎優子・サトウタツヤ・稲葉光行・斎藤進也・徳永留美・安田裕子・上村晃弘・木戸彩恵・若林宏輔・福田茉莉・滑田明暢・山田早紀・川本静香・中妻拓也・春日秀朗・神崎真実・中田友貴・山口慶江
立命館人間科学研究
30, 87-97
2014/07



19 法廷における尋問のトピックとディスコミュニケーションの関係の分析
村山満明・稲葉光行・山田早紀
大阪経大論集
64/ 6, 121-132
2014/03



20 子どもを中心とした地域創造のための協働学習-平成25年度八幡子ども会議の事例を中心に-
伊藤大輔・稲葉光行
日本教育工学会研究報告集
14/ 1, 277-284
2014/03



21 Possibilities of narrative visualization: Case studies of lesson-learned-oriented archiving for natural disaster
Nameda, A., Wakabayashi, K., Nakatsuma, T., Hatano, T., Saito, S., Inaba, M., and Sato, T.
Conference Abstracts of Digital Humanities 2013
322-326
2013/07



22 Collaborative game playing support by learning of Japanese traditional culture in the 3D metaverse
Michiru TAMAI, Mitsuyuki INABA, Koichi HOSOI, Akinori NAKAMURA, Masayuki UEMURA, and Ruck THAWONMAS
International Conference on Japan Game Studies 2013 Conference Abstracts
42
2015/05



23 化粧文化の様相-コンピュータによる化粧品雑誌広告の可視化と分析-
小出治都子・斎藤進也・稲葉光行
アート・リサーチ
13, 17-35
2013/03



24 Learning Lessons from Natural Disaster: Visualizing and Understanding Digital Archives for Great Earthquake in Eastern Japan
Akinobu Nameda, Kosuke Wakabayashi, Takuya Nakatsuma, Tomomi Hatano, Shinya Saito, Mitsuyiki Inaba, & Tatsuya Sato
Proceedings of 4th International Conference of Digital Archives adn Digital Humanities
97-114
2012/11



25 子どもを中心とした活動システムのつながりと地域創造
稲葉光行
活動理論の可能性と課題
4-5
2012



26 政策決定過程の可視化と分析にむけて ―議論過程のシミュレーションとそのKTH キューブによる表現―
破田野智己・斎藤進也・山田早紀・滑田明暢・木戸彩恵・若林宏輔・山崎優子・上村晃弘・稲葉光行・サトウタツヤ
立命館人間科学研究
24, 63-72
2011/12



27 Towards social application and sustainability of digital archives: The case study of 3D visualization of large-scale documents of the great Hanshin-Awaji earthquake
Akinobu Nameda, Kosuke Wakabayashi, Tomomi Hatano, Shinya Saito, Mitsuyuki Inaba, and Tatsuya Sato
Proceedings of 3rd International Conference of Digital Archives adn Digital Humanities
17-25
2011/12



28 Constructing Situated Learning Platform for Japanese Language and Culture in 3D Metaverse
Michiru Tamai, Mitsuyuki Inaba, Koichi Hosoi, Ruck Thawonmas, Masayuki Uemura, and Akinori Nakamura
Proceedings of 2nd International Conference on Cultural and Computing (Cultural and Computing 2011).
189-190
2011/10



29 Visualizing and Analyzing Cultural Voices in Computer-Mediated Communication through Social Gaming Simulation
Ayae Kido, Kosuke Wakabayashi, Tomomi Hatano, Shinya Saito, Akinobu Nameda, Mitsuyuki Inaba, and Tatsuya Sato
Proceedings of The 2nd International Conference on Cultural and Computing (Cultural and Computing 2011)
181-182
2011/10



30 Constructing a Platform for Situated Learning of Japanese Traditional Culture in the 3D Metaverse
Michiru Tamai, Mitsuyuki Inaba, Koichi Hosoi, Ruck Thawonmas, Masayuki Uemura, and Akinori Nakamura
Proceedings of Osaka Symposium on Digital Humanities 2011
7-8
2011/09



31 質的データ分析におけるグラウンデッドなテキストマイニング・アプローチの提案~がん告知の可否をめぐるフォーカスグループでの議論の分析から~
稲葉光行・抱井尚子
政策科学
18/ 3, 255-276
2011/03



32 A Platform for Mining and Visualizing Regional Collective Culture
Shin Ohno, Shinya Saito, and Mitsuyuki Inaba
LECTURE NOTES IN COMPUTER SCIENCE, Springer.
6259, 189-199
2010



33 Developing Video Game Archives as an e-Research Platform for Game Studies
Shin Ohno, Takashi Obana, Mitsuyuki Inaba, Akinori Nakamura, and Koichi Hosoi
Proceedings of 2nd International Conference of Digital Archives and Digital Humanities
597-606
2010/12



34 活動のつながりと文化の創造
稲葉光行
多文化関係学
7, 1-22
2010/12



35 Wikipediaにおける知的生産活動の構造とプロセスに関する研究
大野晋・稲葉光行
政策科学
18/ 1, 49-56
2010/10



36 An Open Source Toolkit for Flexible Browsing of Historical Maps on the Web
Shin Ohno, Shinya Saito, & Mitsuyuki Inaba
Digital Humanities 2010 Conference Abstracts
344-347
2010/07



37 A Platform for Cultural Information Visualization Using Schematic Expressions of Cube
Shinya Saito, Shin Ohno, & Mitsuyuki Inaba
Digital Humanities 2010 Conference Abstracts
365-368
2010/07



38 テキストマイニングによる非営利ネットワークの組織化プロセスの可視化
斎藤進也・稲葉光行
政策科学
17/ 2, 15-22
2010/02



39 図的表現の展開と知識マネジメント-立方体の持つ情報表現力の開拓とその社会的活用
斎藤進也・稲葉光行
アート・リサーチ
10, 87-98
2010



40 Structures and Evolution of Digital Humanities: An Empirical Research based on Correspondence Analysis and Co-word Analysis
Xiaoguang Wang and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of International Conference Digital Archives and Digital Humanities
1-16
2009



41 A Platform for Visualizing and Sharing Collective Cultural Information. Proceedings of International Conference Digital Archives and Digital Humanities (pp. 43-53). Taipei, Taiwan.
Shinya Saito, Shin Ohno, and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of International Conference Digital Archives and Digital Humanities
43-53
2009



42 Co-word Analysis of Research Topics in Digital Humanities
Xiaoguang Wang and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of Digital Humanities 2009
148-150
2009/06



43 Collective Culture and Visualization of Spatiotemporal Information
Shinya Saito, Shin Ohno, and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of Digital Humanities 2009
248-250
2009/06



44 From the Local to the Global Sphere: Prospects of Digital Humanities for Japanese Arts and Cultures
Keiji Yano, Ryo Akama, Kozaburo Hachimura, Hiromi Tanaka, and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of Digital Humanities 2009
409-410
2009/06



45 時空間情報の可視化による「地域の記憶」の分析手法に関する研究--日露戦争期の松山市を事例として
斎藤進也・大野晋・稲葉光行
アート・リサーチ
9, 115-122
2009/03



46 Analyzing structures and evolution of digital humanities based on correspondence analysis and co-word analysis
Xiaoguang Wang and Mitsuyuki Inaba
アート・リサーチ
9, 123-134
2009/03



47 地域の知を集める~協調的ナラティヴの蓄積による日本文化アーカイブの構築~
斎藤進也・稲葉光行
情報処理学会研究報告
78/ 9, 61-68
2008/06



48 CSCL環境における協調的教材構築を通した大学生の批判的思考態度の促進に関する研究
稲葉光行
政策科学
14/ 3, 13-24
2007/03



49 コンピュータゲームを媒介とした協調学習活動の可能性:米国における第5次元プロジェクトの取り組み
稲葉光行
日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集
2006年秋, 3-8
2006/11



50 A CSCL Environment that Promotes Metacognition among Learners in the Community of Practice
Mitsuyuki Inaba
Proceedings of 5th International Conference of the Cognitive Science
121-122
2006/07



51 地域アーカイブ構築を通した協調学習コミュニティの形成
稲葉光行
先進IT活用教育シンポジウムin京都予稿集
33-34
2005/10



52 スライド型Web教材へのアノテーションに基づく協調学習支援システムに関する研究
稲葉光行, 大野晋, 細井浩一
立命館高等教育研究
17-31
2005/06



53 デジタルアーカイブの支援技術-能楽コンテンツとその活用-
小島一成, 赤間亮, 八村広三郎, 瀬尾訓生, 長村玄, 金子貴昭, 重田みち, 稲葉光行
デジタルコンテンツシンポジウム講演予稿集
電子媒体
2005/05



54 地域コミュニティにおけるナラティヴの蓄積と共有のためのナレッジブルアーカイブ
斎藤進也, 稲葉光行
アート・リサーチ
5, 217-225
2005/03



55 協調的なナラティヴの蓄積による地域アーカイブ構築に関する研究
斎藤進也,稲葉光行
人文科学とコンピュータシンポジウム2004論文集
107-114
2004/12



56 地域アーカイブ構築を通した協調学習と社会参加のためのコミュニティ形成に関する研究
稲葉光行
日本教育工学会第20回全国大会論文集
1017-1018
2004/09



57 創造的思考を育成するためのコンテクスト創造型協調学習支援システムに関する研究
稲葉光行,細井浩一,長谷川達哉,庄司寿樹,新見郁美
アート・リサーチ
4, 165-17
2004/03



58 SMIL技術を用いた伝統芸能コンテンツの制作
小島一成,稲葉光行,金子貴昭,赤間亮,八村広三郎,瀬尾訓生,長村玄
アート・リサーチ
4, 179-186
2004/03



59 質的内容分析によるインターネット・コミュニティの特性と成熟度に関する研究
斎藤進也, 稲葉光行
政策科学
11/ 2, 45-57
2004/01



60 SMIL技術を用いた伝統芸能コンテンツの制作
小島一成,稲葉光行,金子貴昭,赤間亮,八村広三郎,瀬尾訓生,長村玄
情報処理学会研究報告
2003-CH-60(8), 57-64
2003/10



61 ナレッジブルアーカイブによる「都市の記憶」の保存と継承に関する研究
権藤千恵,大野晋,稲葉光行
情報処理学会研究報告
2003-CH-59(5), 31-38
2003/07



62 社会文化的アプローチに基づく協調学習コミュニティのためのe-learning環境
稲葉光行
教育システム情報学会論文誌
20/ 2, 179-191
2003



63 都市記憶の共有プラットホームとしてのナレッジブル・アーカイヴ~ハワイ州における日系人文化の保存と継承の取り組みについて~
権藤千恵・大野晋・稲葉光行
アート・リサーチ
3, 221-231
2003/03



64 蓄積型Web教材「薀蓄」システムによる協調学習のためのコミュニティ形成とメタ認知に関する研究
稲葉光行
電子情報通信学会信学技報
102/ 65, 13-18
2002/05



65 デジタルアーカイブによるオンラインコミュニティの形成と知的共創
稲葉光行・平林幹雄
アート・リサーチ
1, 111-126
2001/03



66 ナレッジブルアーカイブ:オンラインコミュニティによる共創プラットホームとしてのデジタルアーカイブ
稲葉光行・平林幹雄
「人文科学とコンピュータシンポジウム2000」論文集
231-238
2000/12



67 ALAWAI: Agent Languages and Agentware for Agent Invention
Koji Takeda and Mitsuyuki Inaba
The proceedings of 7th International Conference on Human-Computer Interaction
667-670
1997/08



68 (Master取得論文)Internet Consultant: An Integrated Conversational Agent for Internet Exploration
Mitsuyuki Inaba
MS Thesis submitted to the Department of Information and Computer Sciences, University of Hawaii at Manoa

1997/08



69 Software Maintenance Assistant system
Koji Takeda, Mitsuyuki Inaba, David Chin, Kazuo Sugihara, and Isao Miyamoto
Proceedings of the Fifth International Conference on Human Aspects of Advanced Manufacturing: Agility & Hybrid Automation
192-195
1996/08



70 User Interface and agent prototyping for flexible working
Koji Takeda, Kazuo Sugihara, and Mitsuyuki Inaba
IEEE MultiMedia
3/ 2, 40-50
1996/08



71 Internet Consultant: An Integrated Conversational Agent for Internet Exploration
Mitsuyuki Inaba
Proceedings of 1995 The Global Information and Software Society Internet Conference
65-78
1995/10



72 Modeling and prototyping of distributed multimedia systems for flexible working
Koji Takeda, Xiaobo Wang, Mitsuyuki Inaba, Kazuo Sugihara, and Isao Miyamoto
Proceedings of 1995 Pacific Workshop on Distributed Multimedia Systems
34-43
1995/03



73 Multi-Dimensional User Models for Multi-media I/O in the Maintenance Consultant
David Chin, Mitsuyuki Inaba, Harish Pareek, Keiichi Nemoto, Michael Wasson, and Isao Miyamoto
Proceedings of the Fourth International Conference on User Modeling
139-144
1994/08



74 An Approach to Animation of Software Specifications
Koji Takeda, Kazuo Sugihara, and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of 1993 IEEE International Symposium on Visual Languages
374-37
1993/08



75 Layout-by-Example: A fuzzy visual language for specifying stereotypes of diagram layout
Kazuo Sugihara, Kazunari Yamamoto, Koji Takeda, and Mitsuyuki Inaba
Proceedings of the IEEE International Workshop on Visual Languages
88-94
1992/09



76 『三才児』における表からの知識生成
稲葉光行・藤井則夫
情報処理学会第39回全国大会講演論文集
139-140
1989/10