教育活動
公開件数:30件
No. 活動名 活動期間
1 英語ビジネスプレゼンテーションコンテスト審査委員
2014/03-2014/03
2 経営学部入学決定者のプレエントランスデー・オリエンテーションで、学部の新英語カリキュラムを説明。また、大学入学前の英語学習についてなすべきこと(文法、語彙、読み書き、リスニング、スピーキング)を紹介。
2012/12-2012/12
3 CALL2のクラスでビジネスケースに出てくるPaper bag applicationを採用。学生は白い紙袋で創造的なアートを作り、作品を基にクリエイテイブな自己アピールを実践。Amy’s Ice CreamsのCEOからコメントをもらう。
2012/11-2013/01
4 英語R4のクラスでビジネス記事読解を行うと同時に、英語の名刺作成と交換を行った。国際経営学科のクラスでは、飲み物のCM企画案を練り、実際にCMを作成した後グループで発表を行った。
2012/10-2013/01
5 英文経済経営記事Iのクラスで、最近のキャリア選択動向について学んだ後、将来英語を使用して仕事をすることが決まった4回生数名に、キャリア選択と英語学習、就活に関して英語で話をしてもらった。
2012/07-2012/07
6 英語R1のクラスで、留学から帰ってきた3回生の先輩2名をゲストスピーカーとしてクラスに招き、留学についての準備や留学先での経験を語ってもらい、今後の留学を視野にいれた英語学習を考える機会を設けた。
2012/07-2012/07
7 英語R1のクラスのThe Name Gameの章では、さまざまな会社名の意味と由来を学ぶと同時に、学生は起業をするという想定で、業種と会社名を決めロゴマークを作成し会社の内容を英語で発表した。
2012/06-2012/06
8 英文経済経営記事Iのクラスでは、毎週学生が英字新聞や雑誌、インターネットから最新の記事を選びクラスで概要を紹介。毎週読んだ記事とコメントをフォルダーに溜めポートフォリオを作成した。
2012/04-2012/07
9 経営学部オープンキャンパス 英語の模擬授業
2011/08-
10 英語R2とR4のクラスでビジネスゲームMarshmallow Challengeを導入し、ビジネス戦略とリーダーシップ、チームワークの大切さを体験。18分のゲームにまつわる職業別統計データ分析とプレゼンを後日DVDで鑑賞。
2010/12-2010/12
11 CALL2のクラスではlisteningとspeaking力を高めるために、2010年度初めてspeakingテスト「Versant」を導入して、学生のspeakingを診断する取り組みを行った。
2010/11-2011/01
12 英語R2とR4のクラスに、卒業生で外資系企業のマネージャーを招聘。仕事に必要なコミュニケーション力について話を聞いた。学生は大学時代の語学学習、論理的思考の養成、人間力を鍛えることの重要性を認識した。
2010/11-2010/11
13 英文経済経営記事II-A2のクラスに、本学OBでNYを拠点にするマーケテイングコンサルタントを招聘。国際ビジネスでの苦労とやり甲斐、工夫点を学び、世界的視野を持つことと英語学習の大切さを認識する機会を設けた。
2010/11-2010/11
14 英語クラス(R2, R4, CALL2)において、コミュニケーションペーパーの利用とクラス内での意見交換を行い、学生から授業の感想や要望を聴取して授業改善に役立て、学生との意思疎通を図りながら双方向授業を実践。
2010/09-2010/01
15 R1-Aのクラスでは、テキストと関連のあるトピックを用いて、学生が将来起業したいと考える会社の種類と会社名を考案させた。そして、その会社に関して英語で発表したものを録画し、DVDに編集して全員に配布。
2010/04-2010/07
16 英語CALL1ではテキストに付随のDVD を予習と復習に使用。クラスではナレーション部分をシャドウイング練習させた。また、様々な世界遺産の紹介を英語で行い、サウンドレコーダーで録音して発音練習を行った。
2010/04-2010/07
17 経営学部入学決定者のプレエントランスデー・オリエンテーションで、学部の英語カリキュラムを説明。また、大学入学前の英語学習についてなすべきこと(文法、語彙、読み書き、リスニング、スピーキング)を紹介。
2009/12-
18 英語R2のクラスで、経営学部の英語教員と嘱託講師で作成した語彙集Core English Vocabulary for Business をテキストと併用して活用。さらに各自の単語ノートを提出させ、英語の語彙数を増やす機会を作った。
2009/09-2012/01
19 CALL2のクラスでDVDビジネスケースに出てくるPaper bag applicationをクラスで採用。学生は白い封筒で創造的なアートを作り、ユニークなデザインと英語を融合させながらクリエイテイブな自己アピールを実践。
2009/09-2010/12
20 国際経営学科における学びの設計:語学力を生かして仕事をするということ (1)世界を舞台に活躍する人物紹介
2009/05-
21 英語R1(UI)クラス用に、学生の英文理解を深めるための補助教材ワークシートを作成。このワークシートは、学生が教科書の文書構成と概要を段落毎に把握していく上で一助となった。
2009/04-2010/07
22 英語R3のクラスで英語の名刺と英文履歴書作成をした。英文履歴は学生の経験をもとに作成。名刺は英語のミドルネームを入れ、仮想あるいは実在する会社や業種、役職を使用。英語のsmall talkを交えて名刺交換を実施。
2009/04-2009/07
23 英語R3のクラスではCM企画会議を導入。実際の日産とルノーのCM企画会議のビデオを視聴した後、各グループがCM企画会議を行い、仮想社内CM企画コンペを実施してベストCMを選定した。
2009/04-2009/07
24 CALL2のクラスでは 「英語経営学入門」と部分的連携を実施。教科書に付随のDVDの中からトピックを選んで教材開発を行い、担当教員で協力して共通のワークシートと 小テストを作成。CALABOムービーテレコも利用。
2008/09-2010/01
25 異文化コミュニケーションE3クラスに留学生のゲストスピーカーを招聘。また、学生は日本に住む外国人へのインタビューを行いレポートにまとめて発表。異文化コミュニケーションの大切さを自ら体験した。
2008/09-2009/01
26 CALL1-Aクラスでは、e-learning「ぎゅっとe」プログラム以外に、TOEFLibtのindependentとintegrated speakingの練習を導入。学生が回答を録音した後、サンプルCDで良い例と悪い例を聞かせた。
2008/04-2008/07
27 本学経営学部国際経営学科の学外英語試験(TOEICおよびTOEFL)の結果を分析し、1回生から2回生にかけての「学生の英語力動向」と学部の英語教育取り組みを言語教育センター主催のFD研究会で発表。
2008/01-
28 英語ワークショップII-Dのクラスでは、アメリカで有名な企業のケーススタデイを行い、チーム毎に興味のある企業の商品やサービスをSWOT分析して発表をした。発表は2回行い録画して改善点を話し合い発表。
2007/09-2008/01
29 英語ワークショップ 1-B では、世界的に有名な企業のケーススタデイを行い、同業種の海外企業と日本企業を比較発表した。また、自分の興味あるテーマを扱った英文書籍を選び多読(extensive reading)の機会を設けた。
2006/09-2007/01
30 メデイア・イングリッシュI (E1)では、時事英語の表現や文体を習得。また、各自が収集したニュース情報や特集記事をもとに、自らがブロードキャスターとしてペアでニュース番組を制作した。
2006/04-2008/07