日本語
College of International Relations  /
Department of International Relations

 (Male)
 Keiji   NAKATSUJI  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of International Relations
■Graduate school/University/other
1985  The University of Chicago  Department of History  American History  Doctoral course  Completed
 Doshisha University  Graduated
■Academic degrees
Ph.D (University of Chicago)   Others ( )  
■Academic society memberships
Peace Studies Association of Japan  
The Japan Society For International Development  
The Japanese Association of International Relations  
Japanese Political Science Association  
■Subject of research
US-China Negotiation on China's Entry for WTO
■Research summary
East Asian Policy of the United States

 Study on the US policy for East Asia during and after the Cold War from both the side of security and the side of economy
■Research keywords
diplomatic history of the U.S.A., history of international politics, international political science and economics, international relations, history of international relations 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
編著『なぜリージョナリズムなのか』  ナカニシヤ出版  06/2013  978-4779507717
中国WTO加盟の政治経済学-米中時代の幕開け-  早稲田大学出版部  01/2011
編著『東アジア共同体という幻想』  ナカニシヤ出版  08/2006
View details...

Papers
「東アジア金融統合の国際政治」  『国際政治―アジア新秩序への道程―』日本国際政治学会発行  158, 57-74  12/2009
Prime Minister in Command:
Koizumi and Abduction Question Revisited  "The Ritsumeikan Journal of International Studeies"  21/ 3, 205-220  03/2009
Prime Minister in Command: Koizumi and the Abduction Question of Korea  Review of International Studies, Korea University  vol. 7, No. 1,  12/2004
View details...

Research presentations
How should ROK & Japan cope with Trump?  "Reading the New Strategic Environment in Asia Pacific: Dilemmas and Prospects for Canada, Japan and the Region,"
A Joint Symposium by R-GIRO, Ritsumeikan Univ. and Canadian Embassy in Japan.  12/15/2016
Will Japan go the way of prewar militarism again?  An invited lecture at Graduate School of International Studies, Korea University  10/06/2016
東アジアは安定しているか?  立命館-韓国統一院合同シンポ  12/08/2015
View details...

Other research achievements
「空白の戦後日韓関係とアメリカ」李鐘元『東アジア冷戦と韓米日関係』李庭植『戦後日韓関係史』  年報日本現代史『アジアの激変と戦後日本』第4号  08/01/1998-
A Commentary to Professor Lee Jong Won*s Paper  Center for American Studies, Ritsumeikan University ed., Publication of the Proceedings from The Kyoto American Studies Summer Seminar  1997-
(書評)李 鐘元『東アジア冷戦と韓米日関係』  『国際政治』日本国際政治学会Vol.113pp.188-189  12/1996-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2016  Advanced Seminar  Seminar
2016  GJP Platform (J) II  Lecture
2016  Global Politics  Lecture
View details...

Teaching achievements
専門科目Foreign Relations of Japanにて、中間試験を実施し[試験講評]を行い、受講生に予習・復習のポイントを示し、最終試験の準備の指導を行った。  09/2010-01/2011
英語による大学院演習であるAdvanced Seminarにおいて、大学院生に必要な国際関係論図書リスト(英語文献)を配布し、専門力習得のための指針を示した。  2008-
専門演習において、国際関係論に関する履修推薦図書リスト(75冊)を配布し、専門基礎力の育成に必要な学習の指針を示した。  04/2005-
View details...
■Message from researcher
冷戦、そしてその終焉と私の研究人生
  第二次大戦後から現在までの米国の東アジア政策について研究しており、中でも'50年代と冷戦後の現在という二つの時期に力点を置いている。50年代に関しては、朝鮮戦争、台湾問題について研究してきたが、それはこの時期に出来上がった地域的安全保障枠組みが現在にまで大きく影響していると考えたからである。しかし、冷戦が終焉した今日においては、もとより50年代をもって現在を十分に語ることは出来ず、近年は研究の対象時期を現在にまで広げてきている。冷戦の終焉はアジア太平洋地域においても戦争の可能性を減少させ、国家の主要な役割は安全保障から経済領域へと重心を移りつつある。具体例としては東アジア諸国の輸出志向発展政策、米国の戦略的貿易政策、WTO、APEC等による国際経済ルールづくり等があげられる。こうした動きは国家が市場の動きに影響を与えようとするものと考えることもできるが、同時に近年国家は規制緩和や自由化をすすめ市場管理能力を失いつつある。最近はこうした政治権威の経済への関わりについて研究している。
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Politics