English
政策科学部  /
政策科学科

 カツムラ   マコト  
 勝村    誠   教授
 Makoto   KATSUMURA

■兼務所属(本学内)
政策科学研究科
衣笠総合研究機構   /
コリア研究センター
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
■出身大学院・出身大学他
1981  中央大学  法学部  政治学科  卒業
1995  中央大学大学院  法学研究科  政治学専攻  博士課程後期課程  満期退学
■委員歴
2011/04-2013/03  日本社会文学会理事(関西ブロック理事)
2009/12-2011/10  大韓日語日文学会(大韓民国)編集委員
2005/12-2009/11  大韓日語日文学会(大韓民国)海外理事
■所属学会
日本政治学会  
歴史学研究会  
日本史研究会  
日本社会文学会  
朝鮮史研究会  
東アジア近代史学会  
大韓日語日文学会(大韓民国)  
■研究テーマ
近代日本の対外侵略と植民地支配
近現代日本の社会運動と日本政治
東アジアにおける日本の植民地支配と抗日闘争
東アジアの国際環境と日本の近代化の特質について
中西伊之助ら日本の社会運動家の評伝的研究
安重根ら朝鮮独立運動家の評伝的研究
東アジアの歴史認識と相互理解
東アジア共同体構築の可能性と課題
■研究キーワード
政治学、日本政治史、東アジア国際関係史、東アジア社会運動史、東アジア共同体研究、東アジアの歴史認識と相互理解 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
【監訳・翻訳】安重根と東洋平和論  編著:李泰鎭+安重根ハルピン学会
監訳:勝村誠+安重根東洋平和論研究会  日本評論社  i-vii,xiv-xxx,44-76,387-398  2016/09  978-4-535-58690-1
【翻訳】済州4・3事件真相調査報告書<日本語版>  済州4・3事件真相報告書作成企画団  済州4・3事件真相究明及び犠牲者名誉回復委員会  329-355  2014/12
図録 植民地朝鮮に生きる 韓国・民族問題研究所所蔵資料から  水野直樹、庵逧由香、酒井裕美、勝村誠  岩波書店  86,93-97,121-125  2012/09  4-00-025858-6
一覧表示...

論文
安重根(フォーラム テロとは何か。植民地の産物?)  勝村誠  植民地文化研究  17, 4-12  2018/07
川柳作家鶴彬の反戦平和運動(韓国語)  勝村誠  韓国独立運動史研究  61, 221-275  2018/02
1930年代における鶴彬の反戦平和運動  勝村誠  『尹奉吉義士殉国85周年日・韓共同学術会議-尹奉吉と世界平和運動』(発表論文集)  172-191  2017/12
一覧表示...

研究発表等
韓日関係と韓国学関連研究センターの現状ならびに活動、そして課題:立命館大学コリア研究センターの経験を中心に  「東北アジアディメンション土台構築」第1次国際学術大会「東北アジアの韓国学研究の動向と争点、そして展望」  2018/10/19
日本の歴史修正主義者の最近の動向-教育研究分野への圧力を中心に(韓国語)  2018 HK国際学術会議 環東海地域関係網の分節と拡張性(韓国語)  2018/04/26
1930年代における鶴彬の反戦平和運動  尹奉吉義士殉国85周年日・韓共同学術会議-尹奉吉と世界平和運動  2017/12/03
一覧表示...

その他研究活動
教育機関の連携による人材育成  大学時報 319号56-63ページ  2008/03-
大学コンソーシアム京都理事長賞  キャンパスプラザ京都  2006/12/10-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
地域史・地域文化研究を基礎とする日韓海峡地域間ネットワークの形成-日韓海峡沿岸地域における地域研究・地域間交流・人材育成を中心に-  トヨタ財団アジア隣人ネットワーク助成  2005  2006  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
乙訓・八幡地域における公民連携による地域情報の共有化と地域イメージの創出に関する調査・研究-ウェブコンテンツを活用した情報共有とイメージ創出を中心に  2007-2008/03  受託研究  代表
乙訓・八幡地域に共通する行政課題に対する改善施策の調査・研究―パートナーシップ型行政のあり方を中心に  2006-2007/03  受託研究  代表
乙訓・八幡地域の広域連携のあり方についての調査・研究  2005-2006/03  受託研究  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     治安維持法制定から90年、植民地朝鮮・戦前日本から現代を問う   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,000,000   
研究の国際化推進プログラム   -     朝鮮戦争についての最新研究成果の国際的発信   代表   -   2013/10-2014/03   2013   500,000   
R-GIRO研究プログラム   特定領域型R-GIRO研究プログラム     東北アジア・朝鮮半島と日本の疎通と協働-平和構築の視点から   代表   国内   2013/04-2014/03   2013   10,000,000   
一覧表示...

研究交流希望テーマ
東北アジアにおける社会運動のネットワークについて  日本の植民地支配とそれに対抗する社会運動や文藝運動のせめぎあいについて、地域レベルの多様性に着目して検討していきたい。
(キーワード)アナキズム、社会主義、農本主義、自然主義、プロレタリア文学、植民地、抑圧、解放  共同研究
東北アジアにおける地域間ネットワーク形成について  東北アジアの地域間ネットワーク形成による地域振興政策について
(キーワード)日韓交流、地域振興  受託研究,共同研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  RP特別演習Ⅰ  演習
2017  グローバル/ローカル・オンサイト演習Ⅱ  演習
2017  リサーチ・プロジェクトⅠ  演習
一覧表示...

教育活動
「日本近代社会形成史」と「日本政治史」の授業において、学生に講義の進行に合わせてEXCELを用いたデータベース構築の課題を課して、断片的な個別データを総合化する実習授業を展開している。  2005/04-
大学模擬講義「総合の学としての政治学」  2007/10-2007/10
大学体験講座「学びのカタチ」<フィールドワーク講座>  2007/08-2007/08
一覧表示...
■電話番号
072-665-2258
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
政治学