English
顔写真
経営学部  /
経営学科

 クロキ   マサキ   (男)
 黒木    正樹   教授
 Masaki   KUROKI

■兼務所属(本学内)
経営学研究科
OIC総合研究機構   /
イノベーション・マネジメント研究センター
OIC総合研究機構   /
グローバルMOT研究センター
■出身大学院・出身大学他
1985/03  広島工業大学  工学部  工業経営  卒業
1999  [USA] レンセラー工科大学大学院  経営学  起業家論  博士課程
■取得学位
経営学博士 (2003/05 レンセラー工科大学)  
■職歴
2007/04/01-  立命館大学経営学部教授、兼理工学部テクノロジー・マネジメント研究科 教授
2005/04/01-  立命館大学理工学部テクノロジー・マネジメント研究科 准教授
2002/04/01-  立命館大学経営学部経営学科准教授
2002/04/01-2007/03/31  立命館大学BKCベンチャー・インキュベーション推進室長
1992/05/01-1995/06/30  University of Nebraska, Omaha; Visiting Professor [国外]
1991/04/01-1995/06/30  学校法人上野学園(広島)広島外語専門学校 講師
■委員歴
2001/04-2002/03  近畿経済産業局ベンチャー企業失敗情報活用調査研究会委員長
2005/04-2006/03  滋賀県ベンチャーファンド審査委員会委員
2006/04-2007/03  三重県ベンチャーファンド審査委員会委員
2002/03-2007/03  立命館大学BKCベンチャーインキュベーション推進室長
2002/04-2008/03  日本ベンチャー学会学会 論文レフェリー
2008/04-  経済産業省新規事業推進室:大学・大学院起業家教育推進ネットワーク・アドバイザリーボード委員
2008/04-2011/03  日野町商工会活性化委員会
2013/04-2019/04  厚生労働省地域雇用開発委員会  地域雇用開発支援ワーキングチーム委員
■所属学会
日本ベンチャー学会  
日本経営システム学会  
■免許・資格
国連英検A級  (1991)   
■研究概要
ベンチャー企業の人材戦略

 人材不足に悩むベンチャー企業向けの人材戦略の構築と理論
■研究キーワード
起業家論、ベンチャー企業論、イノベーション論 地域イノベーション・システム論 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
戦略技術管理論  文理閣  p.1-589  2005/03  4892594695
長期的な視点での社員育成も必要  日経BP社 日経ベンチャー2003  12月号 P171  2003/12
ベンチャー&アントレプレナー事典  奥村陽一、黒木正樹、服部吉伸  文理閣出版  pp. 212-232  2003/05
一覧表示...

論文
アントレプレナーシップ教育に関する一考察— シラバスを用いたテキストマイニング —  林 永周、黒木 正樹  日本応用情報学会 12, 54-59  2017/10
大学を核とするイノベーションシステムの構築
スウェーデンの事例検証  黒木正樹  立命館経営学  49/ 5, 115-140  2011/01
産学協同アントレプレナー育成教育プログラム  黒木正樹  立命館高等教育研究  7, 1-20  2007/03
一覧表示...

研究発表等
日本の大学における起業家教育の現状と対策  「日本ベンチャー学会」分科会:起業家教育推進特別委員会
第3回分科会  2019/02/11
「グラスルーツの起業家育成」  立命館孔子学院と同済大学との合同セミナー  2018/11/17
「日本社会における起業家教育の現状とエコシステム形成支援と起業家教育の再考察」  ユネスコ起業家教育ユニット開催第4回アジア諸国アドバンス応用経済・産業開発会議「起業家教育部門」  2015/10/15
一覧表示...

その他研究活動
日野町地域振興調査事業報告書  日野町商工会  2008/04/01-2011/03/31
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
リージョナル・イノベーション・システム(RIS)を形成する組織間関係者の特質・資質の調査  村田学術振興財団  2007  2009  代表
米国MOT教育現場で使用されている教科書・  ケースの日本語版制作・活用に基づく、MOT講義教材の開発  三菱総合研究所受託研究  2002  2003  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
日本酒新商品開発 【概要】産学協同研究プロジェクトの1つとして、京都市伏見区の斎藤酒造と学生団体VBC(+顧問黒木)の共同開発として新商品ライン「さしつ、さされつ」開発・販売。  2005/05-2007/03  共同研究  分担
起業家育成教育教材開発  2005/04-2007/03  その他
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   基盤研究     リージョナル・イノベーション・システム(RIS)を形成する組織間関係者の特質・資質の調査   代表   国内   2007/01-2008/12   2006   1,000,000   
学外研究制度   -     National Innovation Systemsの生成条件   C   国内   2006/09-2007/03   2006     
一覧表示...

受賞学術賞
立命館大学  2005年度立命館大学優秀教員賞受賞  2006/07
一覧表示...

研究交流希望テーマ
イノベーション論、地域イノベーション・システム論, 産学連携新商品開発  リージョナル・イノベーション・システムを形成する組織間関係者の特質・資質の調査
(キーワード)イノベーション、地域経済学、イノベーション・システム、地域連携、地域資源
(メッセージ)2003年以降、学生研究団体VBC(ベンチャー・ビジネス・コミュニテー)と企業さんとの協同商品開発を3件手がけて来ました。  その他
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  教養ゼミナール  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
学生ベンチャー企業支援団体VBC(ベンチャー・ビジネス・コミュニテー)顧問  2000/05-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
ベンチャービジネス育成のための社会上の基盤の調査、分析
  起業家理論の研究と、起業サポートの社会上の基盤の確立において先進国であるアメリカ合衆国においての事業設立をめざして'86年に、はじめてアメリカに行きました。以来アメリカの企業に勤めたり、ネブラスカ州立大学で、日本経営学について講座を持ちアメリカ人を相手に日本について語って来ました。'95年度より、ニューヨーク州のレンセラー工科大学博士課程で学び、日本のベンチャーキャピタルの分析に関わる論文を書き、博士号の取得をめざしています。今後とも海外へ向けて日本の情報を発信して行くことを目指しています。テニスとスキーが好きなスポーツで、四十数年にわたっての広島カープファンです。
■電話番号
072-665-2437
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経営学