論文
公開件数:32件
No. 発表論文の標題 著者名等 掲載誌名 巻/号,頁 出版年月 ISSN DOI URL
1 【判例評釈】「業務委託先の従業員の不法行為と委託元の責任(ベネッセ個人情報流出事件)」

新・判例解説Watch【2019年10月】(法学セミナー増刊・速報判例解説)
25, 73-76
2019/10



2 【論文】「建設アスベスト事例における建材メーカーの責任の理論的到達点―高裁4判決における民法719条1項後段の解釈論の検討」

環境と公害
48/ 4, 46-53
2019/04



3 【論文】「Compensation Schemes for Damages Caused by Healthcare and Alternatives to Court Proceedings in Japanese Law」
渡辺千原と共著
ICCLP Publications
14, 61-75 (61-69)
2019/02



4 【判例評釈】「名古屋新幹線事件―新幹線騒音振動の差止めと被害に対する慰謝料」(名古屋高判昭和60年4月12日判時1150号30頁)

別冊Jurist No. 240 環境法判例百選[第3版]
64-65
2018/09



5 【判例評釈】「意見ないし論評の表明と名誉毀損」(最判平成9年9月9日民集51巻8号3804頁)

別冊Jurist No. 238 民法判例百選Ⅱ 債権[第8版]
182-183
2018/03



6 【論文】「建設アスベスト神奈川訴訟2判決における建材メーカーの責任」

環境と公害
47/ 3, 65-70
2018/01



7 【判例評釈】「素因減額(3) ―身体的特徴」(最判平成8年10月29日民集50巻9号2474頁)

別冊Jurist No. 233 交通事故判例百選[第5版]
172-173
2017/10



8 【書評】「吉村良一著『市民法と不法行為法の理論』」

法の科学
48, 154-157
2017/09



9 【論文】「建設アスベスト事例と民法719条1項責任の今日の展開」

立命館法学
371, 184-223
2017/06



10 【判例評釈】「日本の台湾統治に関するテレビ番組と名誉毀損等の成否」(最判平成28年1月21日判タ1422号68頁)

民商法雑誌
152/ 3, 80-85
2016/11



11 【判例評釈】「交通事故と被害者の素因と医療過誤が競合した事例」(横浜地判平成27年7月15日自保ジャーナル1954号43頁)

新・判例解説Watch【2016年4月】(法学セミナー増刊・速報判例解説)
18, 67-70
2016/03



12 【論文】「名誉毀損と名誉感情の侵害」

立命館法学
363=364, 27-53
2016/03



13 【学会報告】「過失相殺法理の今日的課題」

交通法研究
44, 4-20
2016/02



14 【判例評釈】「自賠法施行令2条2項における『同一部位について後遺障害の程度を加重した場合』の意義」(さいたま地判平成27年3月20日)

判例評論
682, 25-30
2015/12



15 【判例評釈】「意見ないし論評の表明と名誉毀損」(最判平成9年9月9日民集51巻8号3804頁)

別冊Jurist No. 224 民法判例百選Ⅱ 債権[第7版]
176-177
2015/01



16 【論文】「欠陥住宅をめぐる判例の動向と今後の課題」

現代消費者法
18, 63-73
2013/03



17 【論文】「交通事故における素因減責の本質」

立命館法学
345=346, 102-130
2013/03



18 【判例評釈】「『設計・施工者等』の不法行為責任の要件である『建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵』の意義」(最判平成23年7月21日判時2129号36頁)

新・判例解説Watch【2012年4月】(法学セミナー増刊・速報判例解説)
10, 65-68
2012/03



19 【論文】「医療過誤における割合的責任論」

立命館法学
339=340, 1-48
2012/03



20 【論文】「ドイツにおける割合的責任論の展開」

立命館法学
336, 319-399
2011/08



21 【論文】「公害・環境法における割合的責任の法理―裁判例の分析と若干の考察」

立命館法学
327=328, 57-100
2010/03



22 【論文】「建築士および建築施工者の不法行為責任―判例の到達点と新たな法益の生成」

立命館法学
324, 38-87
2009/08



23 【翻訳】ゲルハルト・リース「ドイツにおける契約自由の原則の展開について」
渡辺惺之と共訳
立命館法学
317, 505-514
2008/06



24 【論文】「営造物・工作物責任における自然力競合による割合的減責論の今日的意義―裁判例の分析をふまえて」

立命館法学
317, 163-245
2008/06



25 【判例の紹介】「民法 四 不法行為」

判例回顧と展望2005(法律時報臨時増刊)
95-106
2006/06



26 【判例の紹介】「民法 四 不法行為」

判例回顧と展望2004(法律時報臨時増刊)
80-92
2005/06



27 【論文】「賠償責任の割合的軽減と公平の理念―被害者の自殺事例を手がかりにして」

私法
67, 130-137
2005/04



28 【論文】「被害者の自殺事例と不法行為帰責論の今日の展開」

三重大学法経論叢
21/ 2, 1-53
2004/03



29 【論文】「交通事故と医療過誤の競合事例に関する一考察」

立命館法学
292, 80-101
2004/03



30 【判例評釈】「『いじめ』による生徒の自殺と学校・加害生徒の責任」

法律時報
75/ 7, 114-117
2003/06



31 【論文】「賠償責任の割合的軽減と公平の理念―ドイツ法との対比において(2)・完」

立命館法学
277, 203-239
2001/12



32 【論文】「賠償責任の割合的軽減と公平の理念―ドイツ法との対比において(1)」

立命館法学
276, 143-196
2001/09