教育活動
公開件数:14件
No. 活動名 活動期間
1 県立伊丹高校模擬講義「食について考える」
2019/05-2019/05
2 県立伊丹高校・生徒によるプレゼンテーションの審査員
2019/01-2019/01
3 県立伊丹高校模擬講義「食を考える」
2018/05-2018/05
4 県立伊丹高校模擬講義「ビジネスアイデアを考える」
2017/06-2017/06
5 県立伊丹高校模擬講義「食のアイデアを考える」
2016/07-2016/07
6 県立草津東高校における総合的学習のサポート
2011/06-2016/03
7 学習ポートフォリオの活用。2010年度よりポートフォリオが導入され、その中で予復習のサイクルを身につけさせるため、マーケティング論において、コミュニケーションペーパーへの回答、復習課題、復習課題への講評と
2010/09-
8 作成した教科書、教材: 立命館大学経営学部基礎演習テキスト『経営学部で学ぶために』担当部分「外食産業の現在」pp.276-282
2008-2009
9 作成した教科書、教材 : 守屋貴司、近藤宏一、小沢道紀共著『はじめの一歩 経営学』ミネルヴァ書房。担当部分「第3章」「第11章」「第12章」
2007/07-2007/07
10 作成した教科書、教材 : 総合基礎経営学委員会編『ベイシック経営学Q&A第3版』ミネルヴァ書房。担当部分「Q12グローバル化とは?」pp.24-25.
2007/04-2007/04
11 小集団演習向けに、経済の循環を理解するような資源の交換ゲームを開発。1回生・3回生の小集団共に実行しているが、両方共に好評で、特に振り返った際に交渉と初期の戦略の重要さに学生自らが気づく結果を得ている。
2005-2009
12 学生に講義内容を自ら考えさせる方法として、講義の中で自作の事例を取り上げている。事例には正答はなく、その課題を考えさせて他のものの意見や理論と合わせて考えることにより、物事の思考力を身につけさせている
2004-
13 試験講評のホームページへの掲載を行っている。平均点や合格者数、回答の特徴などを採点終了時点で講評を加えている。また本人より問い合わせがあれば、回答の特徴なども個別に教え、改善点なども併せて指導している
2004-2009
14 「特殊講義Ⅱ(マーケティング調査実習)」で、学生の正課外活動を促進する講義を行う。成果はホームページに掲載。アンケート調査結果の一つが、看護学校学生の学会報告・日経新聞夕刊のデータとして採用された。
2001-2009