日本語
College of Gastronomy Management  /
Department of Gastronomy Management

 (Male)
 Michinori   OZAWA  Associate Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Sport and Health Science
Graduate School of Business Administration
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Research Center for Innovation Management
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Research Center for Medical and Long-Term Care Management
Research Organization of Science and Technology   /
Research Center for Biological Resources
Research Organization of Social Science (BKC)   /
Research Center For Gastronomic Arts and Sciences
■Graduate school/University/other
1997  Ritsumeikan University  Faculty of Management  Graduated
03/2001  Ritsumeikan University  "Graduate School, Division of Administration"  Doctoral course second term (Doctoral)  Withdrawal
■Academic degrees
Master of Science in Business Management (03/1999 Ritsumeikan University)  
■Career history
04/1999-03/2001  立命館大学経営学部助手
04/2001-  立命館大学経営学部専任講師
04/2003-03/2009  高知女子大学(現高知県立大学)非常勤講師
04/01/2006-03/31/2007  経営学部学生主事
04/2006-  立命館大学経営学部助教授(2008年4月より名称変更により准教授)2010年4月よりスポーツ健康科学部に移籍。2018年4月より食マネジメント学部に移籍。
07/2008-03/31/2010  スポーツ健康科学部設置準備委員会副事務局長
10/25/2008-11/22/2014  日本流通学会情報管理委員会委員長
10/25/2008-  日本流通学会理事(現在に至る)
04/01/2010-03/31/2012  スポーツ健康科学部学生主事
11/22/2014-10/07/2017  日本流通学会本部事務局 事務局長
04/01/2015-03/31/2017  立命館アカデミックセンター副センター長
11/2015-03/2018  食マネジメント学部設置委員会副事務局長
10/08/2017-  日本流通学会情報管理委員会委員長
04/01/2018-03/31/2019  食マネジメント学部学生主事
■Committee history
06/1999-  立命館生活協同組合  非常勤理事
06/2002-12/2002  全国大学生活協同組合連合会  「学びと成長」事業推進委員
10/2007-10/2008  日本流通学会  第22回全国大会実行委員会事務局
11/2007-11/2008  ドラッカー学会  第3回全国大会実行委員会開催校事務局
01/2009-11/2009  日本スポーツマネジメント学会  第2回全国大会実行委員会開催校事務局
06/2008-  立命館生活協同組合  非常勤副理事長
10/2008-09/2014  日本流通学会  理事(情報管理委員長)
10/2014-10/2017  日本流通学会  理事(事務局長)
02/2011-  滋賀県生活衛生同業組合  分野等調整委員(委員長)
04/2011-  (財)草津市コミュニティ事業団  評議員
04/2012-  草津市  未来研究所副所長
06/2013-03/2014  草津市  スクールランチ検討委員会副委員長
06/2013-03/2014  草津市  都市再生懇話会アドバイザー
06/2014-07/2014  滋賀県公衆浴場入浴料金審議会  滋賀県公衆浴場入浴料金審議会会長
12/2014-  草津市ブランド推進協議会  副会長
09/2015-09/2016  草津市  大学地域連携強化プラン懇話会委員
03/2016-  株式会社滋賀ユナイテッド  アドバイザー
04/2016-03/2019  滋賀県立草津東高等学校  学校評議員
05/2016-  大津市  HACCP導入推進チーム委員
06/2016-  草津市  健幸都市づくり推進委員会 委員
02/2017-  Mintomo株式会社  マーケティング顧問
06/2017-  草津市  シティーセールス推進懇話会アドバイザー
10/2018-03/2019  草津市  地域再生推進会議委員
■Academic society memberships
Japan Society for Distributive Sciences  
Japan Academy of Business Administration  
The Academic Association for Organizational Science  
Ducker Workshop  
Japan Institute of Tourism Research  
■Subject of research
Problem of Marketing in Service Industry
Influence of Change of Society and Globalization
Sustainabilty of Local Community
Tourism and Local Development
■Research summary
Issues Surrounding Services and Marketing

 Study picks up as the themes the hospitality sector and the sport sector in the service industry, ‎where organizations have various issues to address to ‎become successful, and examines ‎organizational systems that can satisfy customers, especially in relation to marketing.
In ‎addition, to revitalize regions, it ‎is necessary for municipalities to build networks of their own ‎activities. To achieve this, the study also includes research into practical frameworks ‎for ‎revitalizing and bringing vigor to regions.‎
■Research keywords
Hospitality Industry, Sustainable Community 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
ドラッカー思想と現代経営  宮内拓智、小沢道紀編著、著者14名  晃洋書房  67-78  01/2010
はじめの一歩経営学  守屋貴司・近藤宏一  ミネルヴァ書房  07/2007
現代流通事典  日本流通学会編、著者111名  白桃書房  134-135  11/2006
View details...

Papers
大津市におけるHACCP導入推進事業の取り組み状況  柿谷康仁・石田和久・山元麻祐子・今城敏・高澤秀行・林宏一・小沢道紀・田辺公一  食品衛生研究  68/ 1, 19-30  01/2018  0559-8974
「旬菜マルシェ」の今後の発展に向けた検討 ―大学生の農産物購入と消費の実態に関する分析―  藤原なつみ・小沢 道紀・吉川 直樹・楠奥 繁則・海崎 彩  社会システム研究  特集, 103-118  07/2017
Consideration of Role of Farmers Markets in Regional Revitalization: A Case of "Uchiko Fresh Park KARARI"  Keiji KAMURO, Michinori OZAWA, Hirofumi MIYAGI  The RITSUMEIKAN Business Review  56/ 1, 135-164  05/2017
View details...

Research presentations
The Challenge of Making Leaders in Rural Area  第28回日本観光研究学会全国大会  12/08/2013
デスティネーションにおける観光商品開発と地域の役割に関する一考察‐ヘルス・ツーリズムを中心に‐  第27回日本観光研究学会全国大会  12/02/2012
和歌山県におけるヘルス・ツーリズムの現状と課題―(特非)熊野で健康ラボによる観光商品開発の事例を中心に―  日本観光研究学会第26回全国大会  12/04/2011
View details...

Other research achievements
岐阜県生活衛生指導員研修会「生活衛生営業の経営課題~少子高齢時代の生衛業~」  ホテルパーク  08/19/2018-08/19/2018
『平成29年度大津市食の安全・安心シンポジウム』意見交換・コーディネーター  大津市保健所  02/02/2018-02/02/2018
『地域の魅力を向上させるために何ができるのか』  吹田市都市魅力創造部研修  11/09/2017-11/09/2017
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Achievements of joint / funded research
食の情報発信に関する実施研究  11/2018-03/2019  Commisioned research  Main representative
草津市の地域資源に関する調査研究  10/2018-03/2019  Commisioned research  Main representative
大津市リスクコミュニケ―ター養成講座  04/2018-03/2019  Commisioned research  Main representative
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Freshman Seminar 1  Seminar
2017  Freshman Seminar 2  Seminar
2017  Seminar in Scientific Research 1  Seminar
View details...

Teaching achievements
県立伊丹高校模擬講義「食について考える」  05/2019-05/2019
県立伊丹高校・生徒によるプレゼンテーションの審査員  01/2019-01/2019
県立伊丹高校模擬講義「食を考える」  05/2018-05/2018
View details...
■Message from researcher
サービス化・グローバル化の中での地域の持続可能性
 サービス化およびグローバル化が進展していく中で、様々な社会の変化が生じている。また、これとは別に、日本の少子高齢化に伴って、地域の持続可能性が問われてもいる。特に都市圏以外においては、若年層の流出が継続しており、地域の活力を減じている。
このような種種の課題について、今後の社会を見据えつつ、多様な視点から地域の継続性を検討している。
■Tel
077-561-4659
■E-mail
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Management
Commerce