English
食マネジメント学部  /
食マネジメント学科

 オザワ   ミチノリ   (男)
 小沢    道紀   准教授
 Michinori   OZAWA

■兼務所属(本学内)
スポーツ健康科学研究科
経営学研究科
OIC総合研究機構   /
イノベーション・マネジメント研究センター
OIC総合研究機構   /
医療経営研究センター
総合科学技術研究機構   /
生物資源研究センター
BKC社系研究機構   /
食総合研究センター
■出身大学院・出身大学他
1997  立命館大学  経営学部  卒業
2001/03  立命館大学大学院  経営学研究科  博士課程後期課程  中退
■取得学位
修士(経営学) (1999/03 立命館大学)  
■職歴
1999/04-2001/03  立命館大学経営学部助手
2001/04-  立命館大学経営学部専任講師
2003/04-2009/03  高知女子大学(現高知県立大学)非常勤講師
2006/04/01-2007/03/31  経営学部学生主事
2006/04-  立命館大学経営学部助教授(2008年4月より名称変更により准教授)2010年4月よりスポーツ健康科学部に移籍。2018年4月より食マネジメント学部に移籍。
2008/07-2010/03/31  スポーツ健康科学部設置準備委員会副事務局長
2008/10/25-2014/11/22  日本流通学会情報管理委員会委員長
2008/10/25-  日本流通学会理事(現在に至る)
2010/04/01-2012/03/31  スポーツ健康科学部学生主事
2014/11/22-2017/10/07  日本流通学会本部事務局 事務局長
2015/04/01-2017/03/31  立命館アカデミックセンター副センター長
2015/11-2018/03  食マネジメント学部設置委員会副事務局長
2017/10/08-  日本流通学会情報管理委員会委員長
2018/04-  食マネジメント学部学生主事
■委員歴
1999/06-  立命館生活協同組合  非常勤理事
2002/06-2002/12  全国大学生活協同組合連合会  「学びと成長」事業推進委員
2007/10-2008/10  日本流通学会  第22回全国大会実行委員会事務局
2007/11-2008/11  ドラッカー学会  第3回全国大会実行委員会開催校事務局
2009/01-2009/11  日本スポーツマネジメント学会  第2回全国大会実行委員会開催校事務局
2008/06-  立命館生活協同組合  非常勤副理事長
2008/10-2014/09  日本流通学会  理事(情報管理委員長)
2014/10-2017/10  日本流通学会  理事(事務局長)
2011/02-  滋賀県生活衛生同業組合  分野等調整委員(委員長)
2011/04-  (財)草津市コミュニティ事業団  評議員
2012/04-  草津市  未来研究所副所長
2013/06-2014/03  草津市  スクールランチ検討委員会副委員長
2013/06-2014/03  草津市  都市再生懇話会アドバイザー
2014/06-2014/07  滋賀県公衆浴場入浴料金審議会  滋賀県公衆浴場入浴料金審議会会長
2014/12-  草津市ブランド推進協議会  副会長
2015/09-2016/09  草津市  大学地域連携強化プラン懇話会委員
2016/03-  株式会社滋賀ユナイテッド  アドバイザー
2016/04-  滋賀県立草津東高等学校  学校評議員
2016/05-  大津市  HACCP導入推進チーム委員
2016/05-  草津市  健幸都市づくり推進委員会委員
2016/06-  草津市  健幸都市づくり推進委員会 委員
2017/02-  Mintomo株式会社  マーケティング顧問
2017/06-  草津市  シティーセールス推進懇話会アドバイザー
2018/04-2019/03  草津市  地域再生推進会議委員
■所属学会
日本流通学会  
日本経営学会  
組織学会  
ドラッカー学会  
観光研究学会  
■研究テーマ
サービス産業におけるマーケティングの課題
社会の変化とグローバル化の与える影響
地域社会の持続可能性
観光と地域振興
■研究概要
サービスやマーケティングにおける諸問題

 サービス産業において、組織が成果を上げるために様々な課題があるが、特にマーケティングと関わって、顧客に満足を与えるための組織的な仕組みについて、ホスピタリティ産業やスポーツ産業をテーマとしている。
また、併せて地域が活性化するために様々な主体が自主的な活動をネットワークを作り上げて行っていく必要があり、このような地域が元気になり、活性化していくような実践的な枠組みについて研究を行っている。
■研究キーワード
ホスピタリティ産業における経営課題・持続可能な地域づくり 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
ドラッカー思想と現代経営  宮内拓智、小沢道紀編著、著者14名  晃洋書房  67-78  2010/01
はじめの一歩経営学  守屋貴司・近藤宏一  ミネルヴァ書房  2007/07
現代流通事典  日本流通学会編、著者111名  白桃書房  134-135  2006/11
一覧表示...

論文
大津市におけるHACCP導入推進事業の取り組み状況  柿谷康仁・石田和久・山元麻祐子・今城敏・高澤秀行・林宏一・小沢道紀・田辺公一  食品衛生研究  68/ 1, 19-30  2018/01  0559-8974
「旬菜マルシェ」の今後の発展に向けた検討 ―大学生の農産物購入と消費の実態に関する分析―  藤原なつみ・小沢 道紀・吉川 直樹・楠奥 繁則・海崎 彩  社会システム研究  特集, 103-118  2017/07
農産物直売所による地域活性化についての考察:内子フレッシュパークからりを事例として  禿慧二・小沢道紀・宮城博文  立命館経営学  56/ 1, 135-164  2017/05
一覧表示...

研究発表等
「地域の担い手の育成とその可能性:‐「高知県」および「いなかパイプ」を事例として」  第28回日本観光研究学会全国大会  2013/12/08
デスティネーションにおける観光商品開発と地域の役割に関する一考察‐ヘルス・ツーリズムを中心に‐  第27回日本観光研究学会全国大会  2012/12/02
和歌山県におけるヘルス・ツーリズムの現状と課題―(特非)熊野で健康ラボによる観光商品開発の事例を中心に―  日本観光研究学会第26回全国大会  2011/12/04
一覧表示...

その他研究活動
『平成29年度大津市食の安全・安心シンポジウム』意見交換・コーディネーター  大津市保健所  2018/02/02-2018/02/02
『地域の魅力を向上させるために何ができるのか』  吹田市都市魅力創造部研修  2017/11/09-2017/11/09
『健幸都市くさつシンポジウム』コーディネーター  2017/09/24-2017/09/24
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
食の情報発信に関する実施研究  2018/11-2019/03  受託研究  代表
草津市の地域資源に関する調査研究  2018/10-2019/03  受託研究  代表
住みやすさに関するアンケート調査  2017/10-2018/03  受託研究  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     ホスピタリティ産業の現状、ならびに若年層のキャリアにおける課題   C   国内   2007/09-2008/03   2007     
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎演習Ⅰ  演習
2017  基礎演習Ⅱ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
学習ポートフォリオの活用。2010年度よりポートフォリオが導入され、その中で予復習のサイクルを身につけさせるため、マーケティング論において、コミュニケーションペーパーへの回答、復習課題、復習課題への講評と  2010/09-
作成した教科書、教材: 立命館大学経営学部基礎演習テキスト『経営学部で学ぶために』担当部分「外食産業の現在」pp.276-282  2008-
作成した教科書、教材 : 守屋貴司、近藤宏一、小沢道紀共著『はじめの一歩 経営学』ミネルヴァ書房。担当部分「第3章」「第11章」「第12章」  2007/07-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
サービス化・グローバル化の中での地域の持続可能性
 サービス化およびグローバル化が進展していく中で、様々な社会の変化が生じている。また、これとは別に、日本の少子高齢化に伴って、地域の持続可能性が問われてもいる。特に都市圏以外においては、若年層の流出が継続しており、地域の活力を減じている。
このような種種の課題について、今後の社会を見据えつつ、多様な視点から地域の継続性を検討している。
■電話番号
077-561-4659
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経営学
商学