English
顔写真
生命科学部  /
生命医科学科

 ニシザワ   ミキオ   (男)
 西澤    幹雄   教授
 Mikio   NISHIZAWA

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
立命館アジア・日本研究機構   /
アジア・日本研究所
■出身大学院・出身大学他
1983/03  富山医科薬科大学(現富山大学)  医学部  医学科  卒業
1987/09  東北大学大学院  医学研究科  生理学系  博士課程  修了
■取得学位
医師免許 (1983/05 厚生労働省)   医学博士 (1987/09 東北大学)  
■職歴
1987/04/01-1987/12/15  東北大学 医学部 医化学教室第一・助手
1987/12/16-1989/10/31  財団法人大阪バイオサイエンス研究所 第1部門・特別研究員
1989/11/01-1991/12/31  財団法人大阪バイオサイエンス研究所 第1部門・研究員
1992/01/01-1993/05/31  ドイツアレクサンダー・フォン・フンボルト財団・客員研究員(ハンブルク大学生理化学研究所) [国外]
1993/06/01-1995/04/30  スイス ジュネーブ大学 理学部分子生物学・生化学講座・特別研究員 [国外]
1995/05/01-1997/03/31  関西医科大学 医学部医化学教室・助手
1997/04/01-2007/03/31  関西医科大学 医学部医化学教室・講師
2007/04/01-2008/03/31  立命館大学理工学部化学生物工学科・教授
2008/04/01-  立命館大学生命科学部生命医科学科・教授(現在に至る)
■所属学会
日本生化学会(代議員、2017年10月〜)  
日本生化学会(評議員、2015年10月〜)  
日本生化学会近畿支部会 (副支部長、2015年10月〜2017年9月)  
日本生化学会近畿支部会 (第62回日本生化学会近畿支部会例会 例会長、2015年度)  
肝細胞研究会(世話人)  
International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM)(副会長、2016年6月〜)  
日本癌学会  
日本分子生物学会  
■研究テーマ
(1)内在性アンチセンス転写物によるサイトカイン遺伝子の発現調節メカニズムの解明と創薬への応用
■研究概要
内在性アンチセンス転写物によるサイトカイン遺伝子の発現調節メカニズムの解明と創薬への応用

 生物の設計図であるDNAから、情報を伝えるメッセンジャーRNA(mRNA)が作られ、タンパク質に翻訳されるのがセントラルドグマです。ところが最近、遺伝情報をタンパク質に翻訳されないRNAが数多く存在することがわかってきましたが、タンパク質にならないので、役に立たないと思われていました。その中の一つ、アンチセンスRNAがmRNAを安定化して、遺伝子の発現を調節することを世界に先がけて解明しました。この遺伝子は、ウィルスや細菌が感染したときに、これらを殺すために一酸化窒素(NO)を作る誘導型一酸化窒素合成酵素をコードしています。ところがNOは過剰になると、敗血症ショックを引き起こします。そこでアンチセンスRNAを働かなくすることで、mRNAを分解に導き、NOの合成を阻止することを試みています。

共同研究者:
学内:木村富紀(薬学部・教授)、伊坂忠夫(スポーツ健康科学部・教授)、藤田聡(スポーツ健康科学部・教授)、奥村忠芳(総合理工学研究機構・客員教授)
学外:池谷幸信(第一薬科大学・教授)、海堀昌樹(関西医科大学・准教授)、若命浩二(北海道薬科大学・准教授)、佐藤健司(京都大学・教授)
■研究キーワード
アンチセンス転写物、サイトカイン、ケモカイン、一酸化窒素、誘導型一酸化窒素合成酵素、遺伝子、発現調節、肝細胞、炎症、創薬 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
AHCC 臨床ガイドブック  伊藤壽記(監修)
Anil D. Kulkarni, Philip C. Calder, 伊藤 壽記(編集)
伊藤 壽記, 西澤 幹雄, 佐藤 健司 (監訳)
西澤 幹雄ら(著者)  ライフ・サイエンス  80-84,100-106  2017/07  978-4898015858
ぜったい成功する!はじめての学会発表:たしかな研究成果をわかりやすく伝えるために  株式会社 化学同人  2017/04  978-4759819304
Clinician's Guide to AHCC: Evidence-Based Nutritional Immunotherapy  A D Kulkarni, P C Calder, and T. Ito (Eds.)  International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM), Hokkaido, Japan  109-115,134-143  2016/10  978-4990926410
一覧表示...

論文
Identification of antiinflammatory constituents in Phellodendri Cortex and Coptidis Rhizoma by monitoring the suppression of nitric oxide production  Fujii A, Okuyama T, Wakame K, Okumura T, Ikeya Y, Nishizawa M.  Journal of Natural Medicines  71, 745–756  2017
Genipin inhibits the induction of inducible nitric oxide synthase through the inhibition of NF-κB activation in rat hepatocytes  Nakatake R, Tsuda T, Matsuura T, Miki H, Hishikawa H, Matsushima H, Ishizaki M, Matsui K, Kaibori M, Nishizawa M, Okumura T, Kon M  Drug Metab Lett  10, 254–263  2017
Identification of PGC-1α activating constituents in Zingiberaceous crude drugs  Nishidono Y, Fujita T, Kawanami A, Nishizawa M, Tanaka K.  Fitoterapia  122, 40–44  2017/08  10.1016/j.fitote.2017.08.007
一覧表示...

研究発表等
Anti-inflammatory effects of the extracts from fruits of Golden Bells (Forsythia suspensa) in hepatocytes.  The 3rd International Symposium on Science, Sustainability, and Teaching  2018/03/24
Sense oligonucleotides to inducible nitric oxide synthase (iNOS) mRNA for the treatment of septic shock  The 3rd International Symposium on Science, Sustainability, and Teaching  2018/03/24
Comparison of Anti-Inflammatory Effects of The Extracts from Indonesian and Japanese Bitter Melons  Brawijaya大学-立命館大学アジア・日本研究所合同カンファレンス
The 9th International Conference On Global Resource Conservation (ICGRC) - AJI From Ritsumeikan University: A Joint Conference  2018/03/07
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
培養細胞における炎症関連遺伝子発現調節に関する評価手法の技術研修  2010/10-2011/10  技術指導
機能性食品の作用メカニズムの解析  2010/04-2011/03  受託研究
一覧表示...

研究高度化推進制度
アジア・日本研究推進プログラム   -     インドネシアと日本の薬用植物研究による健康寿命の増進   代表   国内   2017/04-2018/03   2017   5,000,000   
研究推進プログラム   基盤研究     次世代シークエンシング法をもちいたマクロファージのRNA発現の解析   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,000,000   
R-GIRO研究プログラム   特定領域型R-GIRO研究プログラム     アンチセンス転写物による発現調節機構を用いた創薬の研究   代表   国内   2012/04-2013/03   2012   10,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
アレキサンダー・フォン・フンボルト財団  アレキサンダー・フォン・フンボルト財団研究奨学金 (1992)-  1992/01
一覧表示...

知的財産権
化合物、医薬品、抗炎症剤、化粧品、飲食品及び化合物の製造方法  特願2013-181052  PCT/JP2014/055647
化合物、医薬品、抗炎症剤、化粧品、飲食品及び化合物の製造方法  特願2013-181052
インターフェロン-αモジュレーター  特願2011-536201  特許5794532号
一覧表示...

研究交流希望テーマ
PCR法による特定のcDNAまたは遺伝子の単離  RT-PCR法により特定のcDNAや遺伝子の増幅を行なう。GC-richな配列など、増幅するのが困難な配列でも増幅しうるknow-howを持っている。上記(B1)の論文として発表している。
参考文献
Nishizawa M, Nakajima T, Yasuda K, Kanzaki H, Sasaguri Y, Watanabe K, and Ito S. Close kinship of human 20α-hydroxysteroid dehydrogenase gene with three aldo-keto reductase genes. Genes Cells 5, 111-125 (2000).

Li M, Wang Y, Yu Y, Nishizawa M, Nakajima T, Ito S, and Kannan P. The human transcription factor activation protein-2γ (AP-2γ ): gene structure, promoter, and expression in mammary carcinoma cell lines. Gene 301, 43-51 (2002).

Unezaki S, Nishizawa M, Okuda-Ashitaka E, Masu Y, Mukai M, Kobayashi S, Sawamoto K, Okano H, and Ito S. Characterization of the isoforms of MOVO zinc finger protein, a mouse homologue of Drosophila Ovo, as transcription factors. Gene 336, 47-58 (2004).

Maruyama R, Nishizawa M, Itoi Y, Ito S, and Inoue M. The enzymes with benzil reductase activity conserved from bacteria to mammals. J. Biotechnology 94, 157-169 (2002).  技術相談,受託研究,共同研究
RT-PCR法によるメッセンジャーRNAの検出および定量  RT-PCR法では効率よく増幅するプライマーのデザインが必須であるが、市販のソフトウェアでは必ずしも良い結果が得られない。なぜなら、市販のソフトウェアでは、遺伝子構成をほとんど考慮していないためである。我々はさらに「ステップダウンPCR法」を開発して、多くの解析困難な遺伝子のmRNAの定量を行ない、論文を多数発表してきた。「リアルタイムPCR法」を用いて、正確な定量も行なっている。医学分野のみならず。薬学分野である検査試薬、食品、化粧品の開発や解析などにも応用が可能である。

参考文献
Nishizawa M, Nakajima T, Yasuda K, Kanzaki H, Sasaguri Y, Watanabe K, and Ito S. Close kinship of human 20α-hydroxysteroid dehydrogenase gene with three aldo-keto reductase genes. Genes Cells 5, 111-125 (2000).

Doi Y, Minami T, Nishizawa M, Mabuchi T, Mori H, and Ito S. Central nociceptive role of prostacyclin (IP) receptor induced by peripheral inflammation. NeuroReport 13, 93-96 (2002).

Li M, Wang Y, Yu Y, Nishizawa M, Nakajima T, Ito S, and Kannan P. The human transcription factor activation protein-2γ (AP-2γ ): gene structure, promoter, and expression in mammary carcinoma cell lines. Gene 301, 43-51 (2002).

Unezaki S, Nishizawa M, Okuda-Ashitaka E, Masu Y, Mukai M, Kobayashi S, Sawamoto K, Okano H, and Ito S. Characterization of the isoforms of MOVO zinc finger protein, a mouse homologue of Drosophila Ovo, as transcription factors. Gene 336, 47-58 (2004).

Teshima S, Nakanishi H, Kamata K, Kaibori M, Kwon AH, Kamiyama Y, Nishizawa M, Ito S, and Okumura T. Cycloprodigiosin up-regulates inducible nitric oxide synthase gene expression in hepatocytes stimulated by interleukin-1β. Nitric Oxide-Biol. Chem. 11, 9-16 (2004).

Nakanishi H, Kaibori M, Teshima S, Yoshida H, Kwon AH, Kamiyama Y, Nishizawa M, Ito S, and Okumura T. Pirfenidone inhibits the induction of iNOS stimulated by interleukin-1β at a step of NF-κB DNA binding in hepatocytes. J. Hepatol. 41, 730-736 (2004).  技術相談,受託研究,共同研究
哺乳類における遺伝子の発現調節メカニズムの解明と創薬への応用  哺乳類において、炎症時に誘導される遺伝子(iNOSなど)に焦点を絞り、遺伝子の発現調節メカニズムの解明と創薬、特に抗炎症薬への応用を探る。  受託研究,共同研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  生化学実験  実験・実習・実技
2017  微生物学実験  実験・実習・実技
2017  薬理学実験  実験・実習・実技
一覧表示...

教育活動
立命館慶祥高校「SSH立命館大学BKC研究室訪問」を担当した。  2015/10-2015/10
「レーニンジャーの新生化学 第6版」の翻訳にたずさわり、この教科書を用いて、生化学、分子生物学、分子細胞生物学などの講義に役立てている。  2015/04-
「はじめての研究生活マニュアル 解消します!理系大学生の疑問と不安」(化学同人)を執筆し、生命医科学基礎演習、卒業研究、大学院特殊研究などの教育指導に生かしている。  2015/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
最も必要なのは、生命を知ろうとする好奇心と情熱です。
 難しい実験であっても、へこたれずに頑張り、自ら考えて実験をし、生命の神秘を解き明かそう!
■関連URL
 立命館大学 生命科学部生命医科学科 医化学研究室(西澤研究室)
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
病態医化学