English
産業社会学部  /
現代社会学科

 ハラジリ   ヒデキ   (男)
 原尻    英樹   教授
 Hideki   HARAJIRI

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
■研究テーマ
(1)東シナ海域研究
(2)中国朝鮮族を主の事例とした近代・現代(あるいはポスト近代)におけるネットワーク・コミュニティ
(3)武道的身体を中心とした前近代的身体研究
■研究概要
(1)東シナ海域研究、(2)中国朝鮮族を主の事例とした近代・現代(あるいはポスト近代)におけるネットワーク・コミュニティ、(3)武道的身体を中心とした前近代的身体研究

 学部・大学院時代からの研究対象は、日米のコリアンを中心としたマイノリティであった。
これに基づき、日米のエスニシティ研究を遂行してきたが、日本における済州島人の前近代から近代までのネットワーク・コミュニティについてのフィールドデータ、アメリカのコリアタウンにおける中国朝鮮族の活動、についてのフィールドデータを得ることによって、
(1)東シナ海域研究、(2)中国朝鮮族を主な事例とした近代・現代におけるネットワーク・コミュニティという着想を得ることができた。

【研究テーマ(1)概要】
(1)については、済州島、五島列島、壱岐、対馬の島々の宗教を中心とした文化の比較研究を継続して行っており、今後は、中国の山東半島でも同様の研究を遂行する予定である。これによって、東シナ海域における、前近代から近代の島々の関係についての文字化されない社会史が明らかにされると考えられる。

【研究テーマ(2)概要】
(2)については、ロサンジェルスのコリアタウン、日本の中国朝鮮族の起業家調査、韓国ソウルにおける中国朝鮮族労働者の生活状況等の調査を行ってきた。今後は、日本、韓国、中国、アメリカの国々の中国朝鮮族をつなぐネットワーク研究を展開する予定である。

【研究テーマ(3)概要】
(3)武道的身体を中心とした前近代的身体研究は、拙著2008年『心身一如の身体づくり』勉誠出版から本格化した研究活動であり、前近代的身体のあり方を、武道的身体を事例として探究している。
この研究は、(1)と(2)の研究に有機的に関連し、コミュニティづくりにおける身体の共有化等についての明らかにするための基礎研究に位置づけられる。済州島、五島列島、壱岐、対馬の島々の宗教を中心とした文化の比較研究を継続して行っており、今後は、中国の山東半島でも同様の研究を遂行する予定である。これによって、東シナ海域における、前近代から近代の島々の関係についての文字化されない社会史が明らかにされると考えられる。
■研究キーワード
信仰、仲間、海域、島嶼部、宗教観、ネットワーク、身体化、武道、前近代、 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
東シナ海域における朝鮮半島と日本列島:その基層文化と人々の生活(原文韓国語)  金明美  民俗苑(韓国語)  4-5, 34-170, 338-340  2017/03  978-89-285-1027-6
東シナ海域における朝鮮半島と日本列島:その基層文化と人々の生活  29-183, 369-371  2015/08  978-4-906902-44-6
済州島的堂和壱岐島的堂:東亜海域共有化的文化与”神”  金健人主編・安成浩副主編  浙江大学出版社  319-337  2014/10  978-7-308-13895-6
一覧表示...

論文
재일 조선인과 중국 조선족의 재 발달에 관한 비교 연구  原尻英樹  中国朝鮮民族史学会誌  2017年, 25-46  2017/07
薩摩塔からみる海域内の交流:蓬莱と常世の観点から  原尻英樹  石造物研究会  1/ 1, 29-32  2014/03
外国人登録法廃止と在留管理制度としての住民基本台帳:外国人管理の理念  立命館産業社会論集  48/ 4, 135-146  2013/03  0288-2205
一覧表示...

研究発表等
済州島の堂と壱岐島のお堂:東シナ海域で共有化される文化と「神」(原文は中国語と韓国語)  中韓修好20周年記念 中国江南と韓国、その交流と友好の歴史国際学術大会(原文 中国語と韓国語)  2012/06/22
済州島と壱岐島のお堂の比較研究:東シナ海域の共有化された文化  第3回鬱陵島フォーラム  2012/06/04
ディアスポラ・コリアンを統合する 「力」:中央アジア, 中国, 北朝鮮, そして韓国からロサンゼルスへの北朝鮮出身者  第42回アメリカ学会大会『部会A 越境する都市:ロサンゼルス』  2008/06/01
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     東シナ海域の基層文化とそれをもとに形成された各地域文化の比較研究   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
学外研究制度   -     中国朝鮮族の国内外移住実態調査・研究   -   国外   2014/09-2015/09   2014     中国 
研究の国際化推進プログラム   -     壱岐島(日本)と済州島(韓国)の文化比較分析にみる東シナ海域の基層文化   代表   -   2012/10-2013/03   2012   200,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  エスニシティ論  講義
2017  多文化コミュニケーション  講義
一覧表示...

教育活動
 担当講義科目(少人数クラスも含む)  2009/04-2011/03
少人数教育  2007/04-2010/12
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
身体教育学
文化人類学・民俗学