English
顔写真
生命科学部  /
生命医科学科

 シモヅマ   コウジロウ   (男)
 下妻    晃二郎   教授
 Kojiro   SHIMOZUMA

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
OIC総合研究機構   /
医療経営研究センター
■出身大学院・出身大学他
1981/03  山口大学  医学部  医学科  卒業
1985/03  大阪大学大学院  医学研究科  博士課程  修了
■取得学位
医学博士 (大阪大学)  
■職歴
1985/04-1987/03  大阪大学微生物病研究所附属病院臨床部門外科 医員
1987/04-1988/03  市立豊中病院外科 医師
1988/04-1991/03  東京都立駒込病院外科 医員
1991/04-1992/03  大阪大学微生物病研究所附属病院臨床部門外科 医員
1992/04-2001/03  川崎医科大学外科 講師
1997/05-1997/11  カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) Jonsson Comprehensive Cancer Center, Division of Cancer Prevention and Control Research, 訪問研究員
2001/04-2002/03  日本医師会総合政策研究機構 主任研究員
2002/04-2007/03  流通科学大学サービス産業学部医療福祉サービス学科 教授
2007/04-2008/03  立命館大学理工学部化学生物工学科 教授
2008/04/01-  立命館大学生命科学部生命医科学科 教授
■所属学会
American Society of Clinical Oncology (ASCO)  
International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research (ISPOR)  
International Society for Quality of Life Research (ISOQOL)  
日本外科学会  
日本癌治療学会  
日本臨床腫瘍学会  
日本乳癌学会  
日本緩和医療学会  
日本内分泌外科学会  
日本臨床外科学会  
日本乳癌検診学会  
日本医療・病院管理学会  
日本公衆衛生学会  
日本サイコオンコロジー学会  
医療経済学会  
日本生命倫理学会  
緩和医療研究会  
■免許・資格
医師  (1981)    日本乳癌学会 乳腺専門医  (2006)    日本外科学会 認定医  (1988)    日本消化器外科学会 認定医  (1990)    日本内分泌外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医(-2013.12)  (2009)   
■研究テーマ
社会における衡平・公正な医療資源配分方法の確立
健康アウトカムと医薬経済評価に関する基礎研究
健康アウトカムと医薬経済からみた治療的介入の効果・効用検証
適切な在宅緩和ケアシステムの確立
■研究概要
医療政策・管理学、医療の質の評価と応用

 医療の質に関連する3要素(structure[構造]、process[過程]、outcome[結果])のうち、主にprocessとoutcomeの適切な評価方法を確立し、評価の結果を臨床現場のshared decision makingや理想的な医療システムを確立するための政策立案に応用する。

【研究テーマ(1)概要】
1)健康アウトカム尺度の交差文化的妥当性
2)健康アウトカム測定値の臨床的最小重要差
3)健康アウトカムの応答変移
4)項目応答理論に基づく「コンピューター適応型テスト」を用いた新しい健康アウトカム
評価方法の確立
5)コストデータ収集方法の確立
6)支払い意思に関する研究

【研究テーマ(2)概要】
1)抗がん剤臨床試験における健康アウトカムおよび医療経済評価
2)加齢黄斑症におけるロービジョンケアの健康アウトカム評価
3)乳がん術後患者の心理社会的介入の健康アウトカムおよび医療経済評価
4)抗がん剤の評価に関する医療経済モデル研究

【研究テーマ(3)概要】
1)多職種関与によるチーム医療に関する質的研究
2)患者・家族満足度調査
3)在宅緩和ケアシステムを支える政策的基盤の確立
■研究キーワード
医療政策・管理学、健康アウトカム(QOL)評価、医薬経済評価、臨床腫瘍学、緩和医療学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
誰の健康が優先されるのか-医療資源の倫理学  グレッグ・ボグナー、イワオ・ヒロセ 監訳 児玉聡  岩波書店  97-143  2017/09  978-4-00-061220-3
これからの乳癌診療2017-2018 第6章 トピックス 2.高額薬剤と乳がん診療-医療経済の立場から  下妻 晃二郎  金原出版株式会社  103-108  2017/07  978-4-307-20368-5
保健医療の経済評価  監訳:久繁哲徳、橋本秀樹  篠原出版社  143-207  2017/07  978-4-88412-395-6
一覧表示...

論文
癌治療とQOL-乳癌  下妻晃二郎  癌と化学療法  46/ 6, 985-989  2019/06
Health utility and health‑related quality of life of Japanese prostate cancer patients according to progression status measured using EQ‑5D‑5L and FACT‑P  Murasawa H, Sugiyama T, Matsuoka Y, Okabe T, Hino A, Tanaka N, Sugimoto M, Oyama M, Fujimoto K, Horie S, Noto S, Shimozuma K  Qual Lif Res  published online  2019/04  10.1007/s11136-019-02184-y
A multicenter survey of temporal changes in chemotherapy-induced hair loss in breast cancer patients.  Watanabe T, Yagata H, Saito M, Okada H, Yajima T, Tamai N, Yoshida Y, Takayama T, Imai H, Nozawa K, Sangai T, Yoshimura A, Hasegawa Y, Yamaguchi T, Shimozuma K, Ohashi Y  PLoS One  14/ 1, e0208118  2019/01  10.1371/journal.pone.0208118. eCollection 2019.
一覧表示...

研究発表等
Subjective and objective assessment of efficacy of frozen gloves and socks to prevent nab-paclitaxel-induced peripheral neuropathy in patients with breast cancer  2018 San Antonio Breast Cancer Symposium  2018/12/07
Patient-reported outcomes with trastuzumab monotherapy versus trastuzumab plus standard chemotherapy as a postoperative adjuvant therapy in HER2-positive elderly breast cancer patients (RESPECT): A randomized, open-label, phase 3 clinical trial  2018 San Antonio Breast Cancer Symposium  2018/12/06
Analysis of cognitive function in elderly HER2-positive breast cancer patients receiving either trastuzumab monotherapy or trastuzumab plus chemotherapy as a postoperative adjuvant treatment: A cognitive function sub-study of a randomized, open-label, phase 3 clinical trial (RESPECT trial)  2018 San Antonio Breast Cancer Symposium  2018/12/05
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
医療経済評価を応用した医療給付制度のあり方に関する研究  厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)  2012  2012  分担
医療経済評価の政策応用とガイドライン開発に関する予備的研究  厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)  2011  2011  分担
診断群分類の精緻化とそれを用いた医療評価の方法論開発に関する研究  厚生労働科学研究費補助金 政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業)  2010  2010  分担
一覧表示...

受賞学術賞
関西医科大学同窓会  関西医科大学 丹家雛子賞  2015/05
 流通科学大学 研究奨励賞  2005
 流通科学大学 研究奨励賞  2004
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

教育活動
立命館慶祥高校「SSH立命館大学BKC研究室訪問」を担当した。  2015/10-2015/10
「医療社会論」にて、医薬業界や関連学問分野で活躍しているゲストスピーカーを複数招聘した。  2010/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
安心と納得の医療システム確立を目指して
 「医療の質」を個人的のみならず社会的な視点からも評価し、国民の誰もが安心・納得して受けることができる医療システムの確立を目指しています。
■電話番号
077-561-2769
■Eメールアドレス
  
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
医療系薬学
医療社会学
疫学・予防医学
衛生学・公衆衛生学
病院・医療管理学
外科学一般
消化器外科学